チラシの裏の読書感想文

自分が読んだWEB小説とやる夫スレと艦これの感想を書いてる場所
作品紹介サイトRSS
やる夫まとめサイトRSS

愛の言葉

愛の言葉

紗希が携帯を操作し、ぐい、と画面を見せつける。

九月 大洗学園文化祭開催予定

言葉が出ない――
もしかして、もしかして、
「文化祭の、ライブに出ろって……?」
紗希は頷く。

ガルパンの恋愛小説。ヒロインは丸山沙希。かなり意外。
黒森峰学園艦で躍りましょうの作者さんの新作。前後編の2話完結。
ガルパンはいいぞー。

Revolution(科学の力で日本を変革、そして宇宙へ)

Revolution(科学の力で日本を変革、そして宇宙へ)

ある少年の触発で、核融合発電、超高性能バッテリー・モータが開発され、
燃料が必要のない世の中がもたらされる。

さらに、その少年は人の開発能力を引き出す触媒としての才能を発揮し、ある地方大学から日本を変えていく。
地震予知・予防、がんの克服、重力エンジンの開発、先進兵器体系の開発等のなかで、
産業構造の大変革が起き、高度経済成長の再開に伴い財政問題の解決、
中国・韓国との紛争解決、領土問題の解決等が起き、我が国は宇宙へと飛び出し、宇宙時代を迎える。

その後、スペースオペラも描いてみるつもりです。

ご都合主義の一言。そこさえ我慢できれば楽しめるのか?
こんな日本に住んでみたいな~という願望溢れる作品。
小説家になろうでは比較的珍しいジャンル。

[ 2016/09/27 21:00 ] オリジナル | TB(0) | CM(2)

やる夫は傭兵国家をつくりあげるようです 他

やる夫は傭兵国家をつくりあげるようです
いきなり異世界に転移して、魔物に襲われ傭兵に助けられ、身ぐるみを剥がれた。
強くならなきゃ。その思いがスキルとして発現し頭角を現していく。
剣と魔法のファンタジーにマスケット銃がログインしました。当然進化していきます。

やる夫提督と艦娘のドロっとした艦これ
http://yaruoshelter.com/test/read.cgi/yaruo001/1472999385/
ダイスの結果、軍制畑の前世が海軍将校な現役復帰提督が爆誕。
無茶振りばかりしてくる政府を交わしつつ、提督増産を急げ。
なお配下の艦むすは大体が孫娘。設定が割とドロドロなのが特徴。
[ 2016/09/26 21:00 ] やる夫作品 紹介 最新 | TB(0) | CM(0)

Break That Time

Break That Time

時を超えても変わらない物がある。

ロストロギアの暴走で古代ベルカ諸王時代に飛ばされた主人公。
魔法が使えないハンデをいろいろなもので補って戦っていくスタイル。
世界が滅び歴史に刻まれる戦乱が始まるが、生き残れるのか。

のんびりとした日常の後にはぐちゃぐちゃで救いがない戦乱が待ち受けていた。
希望の後には絶望が、過去が変われば未来も変わる。
てんぞーさんの作品。この人いっつも古代ベルカ書いてんな。

東方今昔鬼物語

東方今昔鬼物語

前世を全うし死を望んだ男は、前世の記憶を持って時代を遡り、奈良の時代に生まれ変わる。
そんな男の第二の生を描いた、妖怪奇譚。

稗田の家系と関り合いになった主人公。
そこの娘に一目惚れ、だけど時代の身分差はかなり強固で。
互いに慕い合いながらも、けっして手が結ばれることはない。

主人公とヒロインの距離感が絶妙。
今のところの作品雰囲気は恋愛モノっぽい。
だけどこれからどういう変化をしていくのか。
[ 2016/09/24 21:00 ] 二次作品 東方 | TB(0) | CM(0)

ねこねこがラムネの新作発表か

懐かしいなあ、ねこねこソフト。ラムネとかみずいろとか好きでしたよ。
バルドフォースとコラボしたり色々とやったのが印象的。
ゴトゥーザ様も多分ここで初めて知ったはず。

DMMのお子様禁止の方でラムネが期間限定で無料配信中。
ゲームディスクあるけど、懐かしくてDLしてしまった。
スカーレットよりあとの作品は遊んだことないから、ちょっと探してみるかな。

そらいろ、ゆきいろ、すみれあたりが面白そう。
ねこねこのシリアスは何か手が伸びないけど、ふんわり路線の作品は大好き。
[ 2016/09/24 20:36 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)

詫びチートと異世界を生きる

詫びチートと異世界を生きる

明らかな手違いでトラックに轢かれ、
天使(自称)からお詫びのチートをもらって異世界転生……したはいいものの、
いきなり孤児院前に放置プレイ、おまけに詫びチートは便利だけど訳アリの模様。

それでも、メイルと名付けられた少年は今日も元気に生きていく。

人間以外が排除される風潮の中で、使えば使うほど人から離れていく力。
生きるためには使わないといけないが、使いすぎると生きては行けない。
いろんな描写が上手なのが特徴。王道は王道だからこそおもしろい。
[ 2016/09/23 21:00 ] オリジナル | TB(0) | CM(0)
プロフィール

縛種桃源郷

Author:縛種桃源郷
少し本気だす(゚∀。)y─┛~~
作品紹介と艦これ感想がメイン
相互リンクはお気軽にどうぞ

検索フォーム
カレンダー(月別)
08 ≪│2016/09│≫ 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
Twitter