チラシの裏の読書感想文

自分が読んだWEB小説とやる夫スレと艦これの感想を書いてる場所
作品紹介サイトRSS
やる夫まとめサイトRSS

「我が名はむきむき。紅魔族随一の筋肉を持つ者!」

「我が名はむきむき。紅魔族随一の筋肉を持つ者!」

その少年は恵まれた肉体を持って生まれてきた。
が、生まれた場所が悪かった。
誰もが魔法を使えて当然の場所。アークウィザードとなって当然の種族。彼は、自然と仲間外れになっていた。

その少女は、貧乏だった。
小学校の帰りに花の蜜を吸ってる小学生のような生き方をしていた。
だが、そんな個性でさえ目立たないほどに、その少女は爆裂だった。

その少女は、ぼっちだった。
基本的にぼっちだった。
「絶交だ!」と言った翌日には絶交したことを忘れている小学生を少し見習ったほうがいいくらい、友情の観念がズレていた。

これは、そんな紅魔族達が世界を旅して仲間達と出会い、
美しき女神アクアに導かれ、偉大なる勇者サトウと共に恐るべき大魔王を倒す王道ファンタジーである。

うそです。

※この作品は書籍設定、WEB版設定、オリジナル設定で作られたカフェオレみたいな作品です。

とてもキャッチーな題名に思わず読んでしまった作品。
続くかどうかはわからないけど、続けばいいなっと思う。
ラオウ風ショタとか、言葉の破壊力がすごすぎる。

この黄昏の出会いに祝福を!

この黄昏の出会いに祝福を!

魔王を倒してアクアを返してからというもの、しばらくダラダラしていたカズマたちの元に謎の襲撃者が現れた。
しかし、仮面の下の素顔はどうみてもめぐみんにそっくりで……?
このすばアフター(仮)の世界に、めぐみんを「オリジナル」と呼称するオリキャラをぶっ込んだ二次創作です。

カズマの一人称視点の原作アフター物。
まだあまり読み進めていないものの、原作の雰囲気の再現度は高い。
めぐみんがメインヒロインっぽいので彼女のファンの人は読んでみるといいかも。

カクヨムに連載されているこのすばの二次作品。
あそこの二次作品はほとんど読んでないけど、掘り出し物を見つけたのかもしれない。

幸福の女神様と共に(このすばifルート)

幸福の女神様と共に(このすばifルート)

不慮の事故で命を落とした佐藤和真。
後に『鬼畜のカズマ』と呼ばれる少年が死後の世界で出会ったのは、知力が低い水のチンピラ女神では無かった。

題名で分かる通りにアクアの地位にエリスが収まっているのが特徴。
PTメンバーを始めとした主要登場人物が入れ替わっている。
とくにウィズの枠に入りこんだのは綺麗になった首無し騎士。

カズマは鬼畜。いろいろ変わってもこの人だけはぶれない。

この素晴らしい世界に爆焔を! カズマのターン

この素晴らしい世界に爆焔を! カズマのターン

カズマが異世界に送られる際に不具合が起きて、
16年前に紅魔族として生まれることになったら……というお話。
アクアとダクネスはほとんど出ません。

ゆんゆんの義理の妹にして、好魔族屈指の商売人。
カズマのキャラを好魔族の特徴にうまく合わせているのが特徴。
原作のカズマのやりそうな、いいそうなことをうまく表現できている。

原作の空気の再現がとても上手。
とにかくめぐみんとゆんゆんが可愛いので、それだけでも読む価値あり。

このすば*ELONA

このすば*ELONA

あなたはノースティリスの冒険者だ

elonaのプレイヤーキャラクターである”あなた”がアクセルの街に降り立った。
手段を尽くしても帰れそうにないので、ここで冒険者としてやっていくことに。
極貧リッチーの手を借りながら時に常識はずれのことをしでかしながら生活していく。

想像以上に両者の親和性が高いことに驚いた。
二人称で淡々と語られる物語はこれ以上ないくらいに作風と合ってる。
このすばのキャラも濃ゆいけど、”あなた”も負けず劣らずに濃い。

この首無し騎士に救いの手を!

この首無し騎士に救いの手を!

勤めていた会社に首を切られ、列車事故で物理的にも首を斬られて死んだ男は、
女神アクアの導きのもと、魔剣を特典に異世界へと羽ばたいた。

首と胴体、別々の状態で……。

そして数年後、魔王軍幹部の一人、デュラハンのベルディアとして過ごしていた彼のもとに、
魔王から付近の古城を拠点として、アクセルの街で調査をして来いと伝令が下る……!

アニメでの常識人っぷりと逝った後でのブレイクを華麗にかましたデュラハン。
そんな彼がもし転生者だったら?しかもアクアのミスでこんな状態になっていたら??
悪魔が女神に再開した時、どういった出来事が起こるのか。
プロフィール

縛種桃源郷

Author:縛種桃源郷
少し本気だす(゚∀。)y─┛~~
作品紹介と艦これ感想がメイン
相互リンクはお気軽にどうぞ

検索フォーム
カレンダー(月別)
02 ≪│2017/03│≫ 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
Twitter