チラシの裏の読書感想文

自分が読んだWEB小説とやる夫スレと艦これの感想を書いてる場所
作品紹介サイトRSS
やる夫まとめサイトRSS

壁越しの二人 

壁越しの二人 

神無月町にある、とあるアパートにて知り合った大島高校2年生の野嶋(のじま)志(し)継(のぶ)と原高校2年生の水原(みずはら)由(よし)雄(お)。
二人は、お互いに陸上部ということ以外は素性を詳しく知らなかったはずが、壁越しに聞こえてくる声でお互いの深い事情を知ることになる。
二人のそんな不思議な関係が日常になる頃、志継の身の回りに不幸が起こる。それについて深く傷ついた志継は、自分の殻に閉じ込もうとする。
そんな時、志継の様子を見かねて友人である華(か)菜(な)と由(ゆ)梨(り)が由雄の元へ現れ、志継を助けてほしいと懇願する。

 由雄の説得により、何とか立ち直ることが出来た志継だが、心の奥底は未だ悲しみで埋もれていた。
そんな折、彼女の前に現れたのが由雄の事をひたすらに想う日向(ひなた)志穂(しほ)だった。

 志穂は、由雄のもう一人の友人である神楽坂(かぐらざか)茂(しげる)と共に、駅伝出場を懸けた記録会へと顔を出す。
しかし、そこで由雄が転倒するという事態に。その現場を見た志継の様子が急変し、会場から姿を消してしまう。
訝しげに感じた志穂は、志継の口から洩れた「沙緒里先輩」について教えてほしい、と華菜たちに頼む。
二人の口から語られた真実は、志継の想い人である伊達(だて)望(のぞむ)、
その恋人である二階堂沙(にかいどうさ)緒里(おり)の両名の死から始まっていると告げられ、
志継の心の闇が浮き彫りになる。真実を知った志穂は走り出す。想い人の笑顔を守るために。

 二人の少女の葛藤の周りで、多くの人が迷い苦しみながらも前に進もうとした。
恋だと素直に言えない。諦めたいと素直に言えない。相手の気持ちに、素直に「ありがとう」と言えない。
そんな彼と彼女らの想いを繋げたのは、心の中にある「襷(たすき)」と「壁」だった。
 当たり前の日常を手に入れるために、ただひたすらに前へ進んだ。
ちっぽけかもしれないけど、みんなが最後に気付いたのは「ひとりじゃない」という大切なことだった



読む予定リストの奥底から出てきた作品。
あらすじが具体的すぎるので参照に。完結済みの作品。
[ 2018/02/15 21:00 ] 現実 | TB(0) | CM(0)

冒険家になろう! ~スキルボードでダンジョン攻略~

冒険家になろう! ~スキルボードでダンジョン攻略~

★ネット小説大賞六・期間中受賞いたしました★
   ☆双葉社様から書籍化されます☆

 存在感の薄い冒険家、空星晴輝が札幌の『ちかほ』に出来たダンジョンから帰宅すると、家の車庫がダンジョンに変化していた。

 ダンジョンの入り口に、石版のようなものを発見。
 もしかしてこれは、スキルボードか?

 晴輝はスキルボードを用いてダンジョンへ。

 ボードを駆使し、いずれランカーになって目立つ存在になる!
 ――はずが、何故か仮面を被りジャガイモを背負った不審者に?!

 果たして彼は『マトモ』な人物としてダンジョンを攻略出来るのか?



ステータス画面の成長を主人公だけ使える系のダンジョン物。
存在感が薄すぎるので冒険者ランカー上位になって目立とうというのが目標。
装備品が少しづつ奇天烈に変化していくのはもはやお約束。

過去に迷宮から大進行があって世界が大きな被害を受けたとういう設定。
そのせいか主人公の性格もどこか歪。スリルジャンキーな面もあり。

冒険者が迷宮を攻略していくという至極まっとうな迷宮物。
この路線からなるべく離れないでほしい。求めていたのはこれなんだ。
[ 2018/02/11 21:00 ] 現実 | TB(0) | CM(2)

Open Mind, Open Legs

Open Mind, Open Legs

(今年こそ彼女ができてエロいことができますように。無理なら彼女じゃなくても構いませんからエロいことができますように)
 気まぐれから、とある寂れた神社で初詣の願い事をした小羽浩二という大学生。そのしょうもない願いに神様は応えてくれた? のかもしれない。
「これ貸してあげるから満足したら返しなさい」
 誰もいないはずの神社で聞こえた姿なき声の主から、浩二は鍵束を貸し出された。
 それは他人には見ることのできない鍵束。大量に鍵が付いているのにとてもコンパクトにまとめられ、鍵には一本一本に女の名前が書かれている。
 人間は誰もが心の中に自分の部屋を作るもの。心の中。それは本来最も強固なプライベート空間。その部屋には日々の記憶や目標、願望がしまわれている。
 浩二が手に入れたのは相手の心の中へ自由に侵入できる鍵だった。



催眠とかマジカルちんぽで一気にガッツリ行く感じではないのが珍しい。
相手に少しづつ影響を与えて、自分好みにしていく感じがたまらない。
ヒロインの数が多いのと同時進行してるので少し戸惑うけど、それぞれシチュエーションは別。

お子様禁止の作品だけどエロシーンはさほど、むしろ攻略過程がメイン。
[ 2018/02/08 21:00 ] 現実 | TB(-) | CM(3)

異世界帰りの俺が現代最強すぎて現代異能バトル系美少女をビシバシ調教することになっちゃいました!?

異世界帰りの俺が現代最強すぎて現代異能バトル系美少女をビシバシ調教することになっちゃいました!?

異世界に転移して勇者になった森下大樹は魔王を打倒して日本に戻ってきた。
しかし、実は日本の闇社会では(今時珍しい)学園異能バトルっぽい世界が広がっていたのだ。
これは現代日本でステータスやスキルを使い、
異世界帰りの勇者が無双したりクラスメイトの異能者にパワーレベリングを施したりする物語である。



圧倒的な力でいじめっ子に復讐したり、強力な異形をワンパンしたり。
ヒロイン達の設定をラノベラノベ言ってるけど、自分自身が一番ラノベ設定だったり。
頑張って独創的な設定や展開を描こうとしてるけど滑ってる印象が強い。

色々とクセが強いので、好き嫌いは結構はっきりとわかれる。
[ 2018/02/05 21:00 ] 現実 | TB(0) | CM(0)

日本にダンジョンが現われた!

日本にダンジョンが現われた!

2042年5月、南海トラフを震源とする西日本大震災が発災してから2年半。
日本全国の僻地では、不自然な地割れが次々と見つかっていた。
だが調査名目で封鎖されるため、地主ですら内部を窺い知る事は出来ない。

そんな折、全国数十カ所目となる新たな地割れが、杉林の中で発見される。
発見者の少年は自分で調べようと、地割れの中に潜り込んでいった。
※日本中がパニックに陥るのは14話からです。



日本にダンジョンが出現して主人公たちがスタートダッシュに成功。
手を拱いてた政府のせいで民間に膨大な犠牲が。
改革勢力に手を貸しつつ、普段は学生として過ごしている。

冒険者らしいダンジョン攻略は本当に序盤だけ。
中盤からはもっぱら政治の話ばっかりで、視点が個人から国へと写っていく。
冒険者物としても政治物としてどっち付かずな感じが否めない。
[ 2018/02/01 21:00 ] 現実 | TB(0) | CM(0)

5人の姉をもつ僕は独り身が運命づけられているんだ

5人の姉をもつ僕は独り身が運命づけられているんだ

台湾で暮らす普通の高校生・李狂龍には2つの悩みがあった。
一つは父親からつけられた狂龍というDQNネーム、
そしてもう一つは“病的なまでのブラコン”を発症している5人の姉の存在である。

過保護の五女・香玲と中二病患者の四女・金玲、引きこもりの三女・玄玲、
日本に留学しているはずの神出鬼没の次女・亞玲、
一家を支えるキャリアウーマンながら酒癖のひどい長女・皇玲。

「30を越えるまで家の外の女は早い」とはばからない李家の姉たちだが、
ある日、李狂龍が“クラスの女子と楽しく会話してしまった”ことから五人の姉による「妨害工作」が始まり、
それは学校を巻き込んだ事件へと発展していくのだった─

挿絵:迷子燒 出版社:尖端



台湾で出版されてるラノベを知ってもらおうと翻訳して掲載されてる作品。
似てるようで少し違うのがなかなか面白い。
徴兵制の国防軍の存在とかこっちではないから。

ゴブスレが翻訳して販売されてたりするから、似たような部分はやっぱり多いね。

[ 2018/01/22 21:00 ] 現実 | TB(0) | CM(2)

紅い秋、相い傘濡らす、惑い雨

紅い秋、相い傘濡らす、惑い雨

青春の中にある、よくある純愛物。



主人公をめぐる幼馴染の姉妹の恋の鞘当てを描いた短編作品。
前に紹介した作品の続き。先にこちから読もう。

青い春、行き先いずこ、迷い道
恋の鞘当てをする姉妹。こっちを意識させようとする姉とその隙を突こうとする妹。
その一コマ、姉の行動に対する妹の感想。

夏夜空、弾けて消える、恋花火
花火大会を見ていた姉妹と幼なじみ。
彼女たちを女として意識し始めた幼なじみは花火に照らされた姉妹を見る。
上の続きでえっ、その種って……おいしいの?の作者様の作品

[ 2018/01/21 21:00 ] 現実 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

縛種桃源郷

Author:縛種桃源郷
不定期更新中(゚∀。)y─┛~~
作品紹介と艦これ感想がメイン
相互リンクはお気軽にどうぞ

検索フォーム
カレンダー(月別)
01 ≪│2018/02│≫ 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
カテゴリ
Twitter