チラシの裏の読書感想文

自分が読んだWEB小説とやる夫スレと艦これの感想を書いてる場所
作品紹介サイトRSS
やる夫まとめサイトRSS

落第騎士の英雄譚  兇刃の抱く野望

落第騎士の英雄譚  兇刃の抱く野望

この物語は、メジャー武器である刀剣や銃の存在を逆恨みし、
その使い手たちが気付かないところで勝手に下剋上の執念を燃やす一人の伐刀者の物語である。

大鎌を愛してやまない主人公がその普及のために手段を選ばない。
まずは名声と実績だ。強さを魅せつれば憧れる人も出てくるだろう。
人間関係を切り捨て修羅道へ。そのあり方はあまりにも眩しい。

自己を高めて大鎌普及にのみ興味を示す求道を突き進む主人公がとても異質。
原作を読んだことはないけれど、面白そうなので読んでみようかな。

初音島物語

初音島物語

D.C.IIに転生した男の物語。
死を覚悟しつつも、精一杯生きる青年と、その周りの人達の日常を描きます。

難病を患い余命があまりない少年が枯れない桜に願い事をかけた。
「この優しい世界で生きたいです」
何時かは枯れるとわかっているからこそこの瞬間を大事にしたいと思い、一つの行動を起こす。

原作愛に溢れているのが読んでいると伝わってくる。
転生要素などもあるけど、それすらも優しい世界観の構築の一つを担ってる。
読んでいて久しぶりに原作を遊びたくなって遊んだ。やっぱりダ・カーポの世界観は素晴らしい。

戦場の死神

戦場の死神

皆様ご機嫌如何でありましょうか。私、エマ・ドラグノフであります。
昔は皆様方と同じく、日本において快適な暮らしを嗜んでおりましたが、気づけば転生を果たしておりました。
しかも幼女。

どうも私が生まれた国は帝国で拡張主義国家でおまけに軍事主義のようです。
ついでに国民皆兵制で男女平等主義。健康診断で優れた魔導適正が確認され、
あれよあれよと将来は帝国航空魔導士になることと相成りました。

……さて、本日も愉快な殺し合いであります!

原作の空気を色濃く残した幼女戦記二次創作。
主人公視点のデグレチャフ少佐がなんとも可愛らしい。でも内面知ってるから底知れなさも漂う。
戦争狂と効率主義の化身が合わさって地獄の世界大戦をどう引っ掻き回すのか。

ロウきゅーぶで貞操観念とか逆転もの

ロウきゅーぶで貞操観念とか逆転もの

他の人に触発されて、他の動画サイトでロリコン四天王の動画を見ていてなんとなく思いついたやつ。
貞操逆転ものでロウきゅーぶとか加減難しいだろうなと思いながら
ロリコンじゃないけどロリコンになりきってみようと見切り発車。
普通よりも性欲過多な女の子が多い世界で、中身オリ主な昴が光源氏計画をしようとするてきなやつです。

下半身で建てた計画を遂行しようとするも、相手側も下半身で行動するために思いもよらぬ方向へ。
お下品と表現規制すれすれが合わさって最強に見える。
いつか18禁エリアに移動になるかも。

とにかく、あのロウきゅーぶで逆転物やるその勇気がすごい。

君と、ずっと

君と、ずっと

記憶がなくても互いを求めていた立花 瀧と宮水 三葉。
最後、君の名は。そう二人が紡いだ言葉はきっと、明るい未来を――

本編後のアフターストーリー。
瀧と三ツ葉がイチャイチャして関係を深めていくのが主な内容。
日常風景とかデートとか、そういうイベントを経てやがて糸森町へとたどり着く。

丁寧に描写されてて、ひたすらに糖度が高い。
きっちり綺麗に完結したので、映画を見た人ならかなりおすすめ。
映画のあの結末のあとは、こういう風になってるといいね。

バイオハザード インクリボンがゴミと化した世界で

バイオハザード インクリボンがゴミと化した世界で

セーブが出来るタイプライターなんてありません。ハーブを食べても回復はしません。
銃弾なんて落ちてません。拾えません。作れません。巨大ワニとか洒落になりません。

バイオの世界が現実となった。ラクーンシティーで目覚めたジョー・ナガトは、
生前に遊んだゲームの記憶を取り戻し、地獄と化した街から生き残る為に奔走する。
要するにバイオをプレイした記憶持ちのオリ主が、ラクーンシティで頑張る話です。

謎解き要素を廃して、現実的な設定を中心に据えたリアルなバイオハザードの作品。
原作の知識はおぼろげで、迫り来るゾンビの大群に豹変したモンスター達。
ゲーム版なのか映画版なのかもわからない。生き残ることが先決だ。

魔甲少女戦記

魔甲少女戦記

これは『空を飛ぶことよりも、陸で戦車に乗ること』が好きな変人魔導将校の物語である。
そして彼女は次第に戦争の狂気に取り付かれいく……

「帝國」のモデルはドイツである。すなわち、電撃戦をやってのけた国である。
技術水準は第二次大戦開戦程度。戦車もあるし、航空機もある。
うっかり士官学校で論文なんか出しちゃったものだから、実証のために最前線へ。

幼女戦記の二次作品。
戦争末期は悲惨そのものだったけど、こっちではどうなるのか。
帝國が敗戦することは確定してるけれども。
プロフィール

縛種桃源郷

Author:縛種桃源郷
二日に一回更新中(゚∀。)y─┛~~
作品紹介と艦これ感想がメイン
相互リンクはお気軽にどうぞ

検索フォーム
カレンダー(月別)
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
Twitter