チラシの裏の読書感想文

自分が読んだWEB小説とやる夫スレと艦これの感想を書いてる場所
作品紹介サイトRSS
やる夫まとめサイトRSS

真に愛するなら壊していいと聞いて

真に愛するなら壊していいと聞いて

さぁ――愛/殺し合おうじゃあないか

カンピオーネ+神坐シリーズ+カワカミン+その他
そんな主成分で送るカンピオーネ二次作品。
育ての親が龍名(ザビエル)なのが、かなり新鮮。

プロローグの時点ですでに熱い。
頭のネジが飛んでるキチガイ(褒め言葉)がかっこいい。カワカミン過多。
神坐な場面からの切り替わりは腹筋に来る。
[ 2016/07/06 21:00 ] 二次作品 カンピオーネ | TB(0) | CM(0)

断頭颶風の神殺し

断頭颶風の神殺し

神殺しの魔王、女神を弑し転生す。
壬生宗次郎を指針として武を鍛え、黄金と刹那の虜となり、黄昏を信奉する石上鉄也。
愛する女神を贄に王となった彼の求道の行き着く果ては――

※ネタとして「PARADISE LOST」「Dies irae」「神咒神威神楽」が登場します。おそらく他にも多数。
ですが、原則として上記三作を知らないと理解できない描写が出てくると思われます。ご留意ください。

のめり込んだ作品を現実のものにしてしまえる力を手に入れてしまった。
憧れは渇望となり、祈りの深度は深まっていく。
再び彼女と出会うために、技を鍛えまつろわぬ神を屠っていく。

カンピオーネと神坐シリーズとのクロスオーバー。
ゲームとして神坐シリーズは登場。それを再現する形で話に関わっていく。
[ 2015/10/10 21:00 ] 二次作品 カンピオーネ | TB(0) | CM(0)

【習作】一般人×転生×転生=魔王

【習作】一般人×転生×転生=魔王

ただの一般人だった男が転生して術士に、さらに転生して魔王になってしまった。
決して許されることのない罪を背負いし魔王は、何をなすのか?
絶望から始まる咎人の魔王の物語。

転生し気味悪がられて養子に出され、そこで結婚し子をなした。
幸せの絶頂。しかし、人の欲望がそれをぶち壊しにした。

ほとんどのカンピオーネ作品だと端折られる神殺しになる経緯。
それがとても丁寧に書かれているのが特徴的。
丁寧で現実的で切実な理由。愛ゆえの悲しい理由。

転生モノだけど結構シリアス路線。
絶頂からの急転落。断崖を転げ落ちる絶望。
それが上手くかけていると思う。

数が増えてきているカンピオーネの二次作品でキラっと光る作品。
[ 2013/03/26 21:00 ] 二次作品 カンピオーネ | TB(0) | CM(0)

カンピオーネ~生まれ変わって主人公~

カンピオーネ~生まれ変わって主人公~

草薙護堂に転生した男。
まつろわぬ神という猛威を存在を知っている彼は原作に関わらないと決める。小学校の頃の夢は国家公務員!
しかし、非情な現実は、無理矢理に新生護堂を神様の下へ。
オリ護堂がオリジナル権能をもって戦うお話。

だいたい作品紹介通りのお話。
アテナに関することに関わっていなかったり、勢力争いに巻き込まれたり。

この手の傾向にありがちに主人公は受け身。
グイグイ引っ張っていくタイプではない。

更新も安定しているのでゆっくり見ていきたい作品。
[ 2012/10/09 21:00 ] 二次作品 カンピオーネ | TB(0) | CM(0)

カンピオーネ!~赤き蛇の魔王~

カンピオーネ!~赤き蛇の魔王~

つまる所、なり変わりでも憑依でも転生でもトリップでもない「Another7人目(護堂は8人目)」タイプで王のキャリアも学生としても一年先輩です。

本編に関わるんじゃなくて、オリ主がカンピオーネをする話。
世界各地にいる魔王、彼らと関わって行ったり、末路わぬ神をぶっちぎったり。

時間軸はおそらく原作より前。自分は原作読んでないからおそらく。
日本人の魔王のはずなのに、いつの間にか英国に取られてたり。
保有する権能のせいで日本で活動しにくかったり。

原作を読んでいないので、原作と比べてあれこれは言えない。
でも、作品の雰囲気は非常に良い。非常に厨二がくすぐられ、妄想が止まらない。
いい意味で妄想を具現化した作品。

理想郷に転移予定。
[ 2012/06/13 21:00 ] 二次作品 カンピオーネ | TB(0) | CM(0)
プロフィール

縛種桃源郷

Author:縛種桃源郷
二日に一回更新中(゚∀。)y─┛~~
作品紹介と艦これ感想がメイン
相互リンクはお気軽にどうぞ

検索フォーム
カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
Twitter