チラシの裏の読書感想文

自分が読んだWEB小説とやる夫スレと艦これの感想を書いてる場所
作品紹介サイトRSS
やる夫まとめサイトRSS

阿礼狂いに生まれた少年のお話

阿礼狂いに生まれた少年のお話

御阿礼の子――幻想郷縁起の編纂を義務付けられた一族であり、代々転生を繰り返し記憶を継承する。
編纂のために出歩く彼女らに付き従い、護るものたちがいた。
御阿礼の子のためなら喜んで死地に赴き、自害することも厭わない守護の一族。

彼らは――阿礼狂いの一族と呼ばれていた。

一人の男の一生を綴ったお話。
人妖がいがみ合う牢獄から共生する楽園へ過程期を駆け抜けた。
全ては御阿礼の子のために。結果的に幻想郷を救った英雄の一生。

100話以上を掛けて男の生き様を描ききった。
積み重ねられた時間と思い。最後にそれらを伝える場面はグッとくる。
[ 2017/07/02 21:00 ] 二次作品 東方 | TB(0) | CM(0)

齢5000年の草食ドラゴンだけどいつの間にか邪竜認定されてたらしく、いきなり生贄少女がやって来た ~やだこの生贄、人の話を聞いてくれない~

齢5000年の草食ドラゴンだけどいつの間にか邪竜認定されてたらしく、いきなり生贄少女がやって来た ~やだこの生贄、人の話を聞いてくれない~

5000年生きたドラゴンといえば大層な響きだが、そのドラゴンはいたって人畜無害な草食のそれだった。
しかし無駄にでかい図体と風格のせいで魔王軍の幹部と誤解され、近くの村から生贄の少女が捧げられる。

基本的に臆病かつ気弱なドラゴンは少女を追い返そうとするが、やけに気合いの入った生贄少女はなかなか引いてくれない。
やむをえず「じゃあお主の魂ちょっとだけ食ったから、それでもう帰って」と方便で告げたところ、
思い込みの激しい少女はそれでドラゴンの眷属になったと誤解してしまう。

そしてあろうことか、彼女は誤解のままに妙な力を発揮し始め
――無力なドラゴンは何の間違いか、魔王軍に反旗を翻すことになる。

 反旗も何も、最初から部下でも何でもなかったのだけれど。

非常に思い込みの激しい少女とその対象になった長生きでおっきい草食竜。
主人公のセリフを曲解し凄まじい出来事を引き起こし、ソレに主人公ドン引きがお約束。
主人公の独白のキレが良いのでたまにクスッと笑ってしまうかもね。
[ 2017/07/02 19:39 ] 異世界 | TB(0) | CM(0)

敵の姫様が綺麗だったので、略奪婚してしまった巨人の俺

敵の姫様が綺麗だったので、略奪婚してしまった巨人の俺

日本人の記憶を持ちながら、蛮族である巨人に生まれてしまった主人公のタロス。
文化的、文明的な暮らしにあこがれながら、巨人の王として振る舞っていた。
そんな彼が戦争の包囲網を脱する際に、一人の姫に一目ぼれして……

蛮族の王様が蛮族らしかぬ思考で色々とびっくりされるのがおもしろい。
世界観もしっかり作り込まれてるし、登場人物も個性的。
けじめをしっかりと付ける主人公なので、もしかしたら受け付けない人がいるかも。

序盤は文句なしに面白かったが5章以降辺りから怪しくなってくるのが残念。
成功者の立場からの上から目線の説教がどうにも無理だった。
[ 2017/07/02 09:00 ] 異世界 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

縛種桃源郷

Author:縛種桃源郷
不定期更新中(゚∀。)y─┛~~
作品紹介と艦これ感想がメイン
相互リンクはお気軽にどうぞ

検索フォーム
カレンダー(月別)
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
Twitter