チラシの裏の読書感想文

自分が読んだWEB小説とやる夫スレと艦これの感想を書いてる場所
作品紹介サイトRSS
やる夫まとめサイトRSS

この作品がおすすめ リリカルなのは傑作選その3

高町なのはの受難
次元世界全体が下ネタに汚染されている中で、ごく少数の常識派。
その一人のなのはがツッコミを入れつつ、世界を変えようと頑張るお話。
スカさんや脳みそたちにとても同情できる。完結作品。

転生者の魔都『海鳴市』
海鳴市を舞台にした転生者たちの宴。
魔女鍋や闇鍋並みのごった煮。群像劇的な何か。早速原作は影も形もない。
それでも完結している点で非常にすさまじい。

台本どおりリリカルなのは The MOVIE 1st
劇場版が劇中劇という設定を利用した役者さん達が主役のお話。
本編シーンを演じているときはこんなふうに思っていたりと、正に発想の勝利。
起承転結がしっかりしていて、完結しているので非常に読みやすい。

(略)のはAce -或る名無しの風-
闇の書の中に多数の名無しの風が。要は掲示板方式で進んでいく作品。
展開的にはシリアスのはずだが、スレのせいでノリはギャグ。
たまにはいる三人称視点とエピローグのおかげで、最後の締めは完璧。

第97管理外世界は恐ろしい所一度はおいで
スパロボ屈指の魔境のα世界に地球に闇の書が。
スパロボ時空が如何に狂っているかというのが管理局視点で語られる。
残念ながら更新停止中だが完結一歩手前。

じゃぷにか闇の日記帳
何も描かれていない分厚い本。はやてはそれを日記を書くことにした。返信があった。
表と裏があり、表がコミカルに進んでいき散りばめられる伏線。裏できっちりと回収。
全12話の中編作品。読んで損はさせない。

社長少女と聖幼女、のち覇王(仮)
旧題は社長少女キャロ・ル・ルシエ。彼女の物語は完結済み。
不屈の決闘者の社長少女が己のロードを貫き通す。相棒龍はもちろん青目白龍。
現在はVivid編の聖幼女ヴィヴィオをハーメルンで連載中。

車椅子の部隊長
リインフォースが生存しはやての足は完治しなかった。
この物語はリインフォースと生きるはやての物語ではない。彼女と去るはやての物語。
静かな作風で読み終わったあと余韻にひたれる。感動の出来る作品。

憑依奮闘記
クロノの父親らしいクラウドになってしまった。このままいけば闇の書と融合。冗談じゃない。
少ない魔力量で効率的な魔法を追求。デバイス方面まで手を出し、それがのちのち生きてくる。
4年の歳月を乗り切り完結した作品。外伝含めて76話、一話の文量もかなり多め。

その日、機動六課(IFの世界)
なぜStrikerS本編でユーノやクロノ、ザフィーラとシャマルなどの面々が脇役なのか。
その理由がこの作品で明らかに。結論、新人たちの出番がほとんど無くなる。
短編連載作品の一角。6話の中編作品で完結済み。

聖句
なぜ少女の体に憑依したのか、なぜデバイスを持っていたのか。歴史はつながっている。
文量はそれほど多くないのに、かなりの読み応えを感じる作品。
本編は完結しているが外伝が更新停止中。デバイスの起動ワードがかっこいい。

雷落し
前世にはなかった魔法の魅力に取りつかれ、気がつけば無限書庫の司書に。
劣悪過ぎる労働環境にストを起こしたり、ユーノとなのはを焚き付けたり。
題名通りに雷を落とす魔法を編み出し、雷を落とすことに成功した。

マテリアルズRebirth
ベルカ原産で嘱託魔導師な主人公がことごとく厄ネタにあたっていく。
家族を守るために危ない橋を渡ったり、その結果腕がもげたり。
ほぼ毎日更新できっちり完結。安心のてんぞーさんの作品だよ。

I,Sniper
女性魔導師のバリアジャケットをひん剥くのに生涯をかけたバカのお話。
目指せ、機動6課の魔導師女性陣のコンプリート。最後まで諦めない男の鑑。

噛ませ転生者のかまさない日々
転生特典山盛りで転生した彼が目にしたものは、欲望の対象外の3次元の住人だった。
題名通り噛ませ転生者のテンプレを逆手に取った作品。原作とは全く関わらない。
懐いた”メガネ”に段々ほだされながら日常を送る完結作品。

ブレイク・トリガー
リリカルおもちゃ箱までの知識しかない人がリリカルなのはに転生しました。
間違った知識を前提に行動するので原作フラグがバキバキ折れる。
最後に明かされる事実は割りとどうでもいい。全41話の完結作品。

すずかお嬢様の下半身事情
題名に反して内容は至ってまともな恋愛物。
甘い作品が読みたければぜひ読もう。ギャグが滑っているのが玉に瑕。
3話完結の中編作品なのでさっくり読める。
関連記事
[ 2015/08/04 21:00 ] この作品がおすすめ | TB(0) | CM(0)

  • ページランキング
    ブログパーツ
    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL

  • プロフィール

    縛種桃源郷

    Author:縛種桃源郷
    二日に一回更新中(゚∀。)y─┛~~
    作品紹介と艦これ感想がメイン
    相互リンクはお気軽にどうぞ

    検索フォーム
    カレンダー(月別)
    05 ≪│2017/06│≫ 07
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -
    カテゴリ
    Twitter