チラシの裏の読書感想文

自分が読んだWEB小説とやる夫スレと艦これの感想を書いてる場所
作品紹介サイトRSS
やる夫まとめサイトRSS

たとえ全てを忘れても

たとえ全てを忘れても

ある日、一柱の女神が一人の男を拾った。
色が消えた髪と、浅黒い肌の一人の男を。
男には記憶がなかった。
何処から来たのか、自分が何者なのかも分からず途方に暮れる男に、女神は言った。

「ボクの【ファミリア】に入らないかい?」

これは、全てを忘れてしまった男の物語。
記憶を、願いを、理想を、全てを忘れてしまった男の新たな物語。
記される筈がなかった、異端の英雄神話。
全てが白紙となった男の物語を、女神が新たに記す―――これは、

【眷族の物語】

ダンまちとFATEのクロスオーバー。
桜ルートの士郎がエミヤみたいになって、記憶を失ってなぜか世界を超えていた。
一昔まえの雰囲気が漂う二次作品。なんか懐かしい。
関連記事

  • ページランキング
    ブログパーツ
    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL

  • プロフィール

    縛種桃源郷

    Author:縛種桃源郷
    二日に一回更新中(゚∀。)y─┛~~
    作品紹介と艦これ感想がメイン
    相互リンクはお気軽にどうぞ

    検索フォーム
    カレンダー(月別)
    05 ≪│2017/06│≫ 07
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -
    カテゴリ
    Twitter