チラシの裏の読書感想文

自分が読んだWEB小説とやる夫スレと艦これの感想を書いてる場所
作品紹介サイトRSS
やる夫まとめサイトRSS

狐の花嫁

狐の花嫁

姦臣か忠臣か評価の分かれる石田三成。
そんな彼の妻に、現代の知識を持って生まれ変わった一人の女性がなるお話。
けれど彼女は歴史がそんなに得意ではなかったため、年号を聞いても今がいつなのか、
父親の名前を聞いても自分が誰なのかよくわからないまま、マイペースに成長していきます。

父親に「お前の夫になる男だ」と紹介され、初めて今がいつで、自分が誰なのかを知り、
旦那となる男に一目惚れした彼女はへし折れ関ヶ原フラグ!とばかりに動き出す――

合戦に内政にと時代的に男の領分で活躍する作品は多いけど、この作品は違う。
内助の功の延長線上という形で手を出していき、本人の想像以上の効果を発揮したり。
女性主人公だが恋愛要素なドロドロは一切ない。

結構さくさく話が進んでいくし、登場人物も多くないので読みやすい。
表にはそれほど出ず、豊臣政権の奥を通してフラグを折りにかかる。
関連記事
[ 2016/06/09 21:00 ] 歴史 | TB(0) | CM(0)

  • ページランキング
    ブログパーツ
    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL

  • プロフィール

    縛種桃源郷

    Author:縛種桃源郷
    二日に一回更新中(゚∀。)y─┛~~
    作品紹介と艦これ感想がメイン
    相互リンクはお気軽にどうぞ

    検索フォーム
    カレンダー(月別)
    04 ≪│2017/05│≫ 06
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -
    カテゴリ
    Twitter