チラシの裏の読書感想文

自分が読んだWEB小説とやる夫スレと艦これの感想を書いてる場所
作品紹介サイトRSS
やる夫まとめサイトRSS

予言の経済学 ~巫女姫と転生商人の異世界災害対策~

予言の経済学 ~巫女姫と転生商人の異世界災害対策~

「どうか聞いてください。今年、西方より大いなる災いがこの国を襲います」
平和を謳歌する王国に王女アルフィーナの不吉な予言が告げられる。
だが、反逆者の血筋を疎まれる姫の言葉は無視される。

経済学部院生から行商人の子に転生した主人公リカルドは身分社会で大商人の妨害に苦戦
情報を求めて入った学院でも早々に反感を買っていた。
そんなリカルドを庇ったのはアルフィーナだった。

「王女なんてボラティリティーの高い人間には近づかない」と保身に走ろうとするリカルド。
だが「策士を気取ってる割にチョロい」と幼馴染に嘆かれる彼は、姫の予言に巻き込まれていく。
「もっともらしさは問題じゃない。仮説の成否を検証できるデータをどう取るかが重要だ」

災厄の本体ではなく被害後しか映さない予言に対し、リカルドは現代知識の概念を魔力災害に応用することで解明していく。

地球の考え方で起きた問題をいろいろと解決していくお話。
立てた功績で話の規模が段々と大きくなるのはお約束。
主人公の知識が経済学のみならず科学実験の手法とかまで飛ぶのが難点といえば難点。

話の規模の拡大の仕方が上手。
ちょっと話の展開に無理があるかなと思う部分もあるけど、そういうのを含めても面白かった。
結構典型的ななろう小説だけど、やっぱりこういうのは好きだなと思う。

休日が丸一日潰れたよ。
関連記事
[ 2017/10/05 00:00 ] 異世界 | TB(0) | CM(5)

  • ページランキング
    ブログパーツ
    いつも参考にさせてもらってます
    黎明期の現代知識無双を現実的な範疇までブッシュアップしつつ、
    社会制度の硬直、政治面で縛りを入れてバランス取った良作でした
    若干、発想を得る過程とタイミングが良すぎる感じはありましたが

    設定、文章、構成と文句無しなのに知名度が低い不思議
    やっぱコミカライズやアニメ向きの作品じゃないからでしょうかね
    [ 2017/10/05 11:55 ] [ 編集 ]
    この作品をこのタイミングで読めるのは正直言って何より幸運だ
    [ 2017/10/06 02:33 ] [ 編集 ]
    元スパロボ世界の地球人かと思うぐらい、技術の兵器への転用が上手すぎて主人公にびびる
    まあ大賢者達のような周囲の力でもあるんだけど(そこが良いところかな)
    [ 2017/10/06 04:48 ] [ 編集 ]
    上で言われてるように設定、文章、構成とほぼ文句無し
    経営学が専門っぽいのに途中から無菌操作とかしだして主人公万能すぎて笑うけど
    主人公の謙虚アピールが最初はともかく明らかに無理になってきてからそれに耐えられるかが分かれ目と思う
    知識や目の付け所が大事と自分でわかってるくせに無頓着にすぎる。実践したのは自分ではないと言ってもその世界では考えられたことも無い方法を指示して結果出させてる自分の異常さを周りがどれだけ言っても認識しないのは少し鼻につく
    俺、また何かやっちゃいました?並の学習能力の無さはギャグとして書いてるつもりでも続けば少し鼻につくでは収まらなくなってくる
    [ 2017/10/07 22:47 ] [ 編集 ]
    ヒロインに対する接し方を見てても自己認識が非常に拙いのは明らか
    自分を凡人だと思い込みたがってるのだと読めば楽しく読めるよ
    いやしかし面白かった…久しぶりに読み終わるのがもったいない良作だったな
    [ 2017/10/08 12:05 ] [ 編集 ]
    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL

  • プロフィール

    縛種桃源郷

    Author:縛種桃源郷
    不定期更新中(゚∀。)y─┛~~
    作品紹介と艦これ感想がメイン
    相互リンクはお気軽にどうぞ

    検索フォーム
    カレンダー(月別)
    09 ≪│2017/10│≫ 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    カテゴリ
    Twitter