チラシの裏の読書感想文@ネット小説紹介

自分が読んだWEB小説とやる夫スレと艦これの感想とレビューを書いてる場所
作品紹介サイトRSS
やる夫まとめサイトRSS

異世界王朝物語 ~転生したらネクロマンサー扱いされているわけだがそれも悪くないかと思い始めた~

異世界王朝物語 ~転生したらネクロマンサー扱いされているわけだがそれも悪くないかと思い始めた~

 第五章からは、「平安もの」を意識した異世界転生です(主人公は男性、朝廷の官僚です)。

 異世界の「王国」に転生した日本の大学生、ヒロ。
 いまの立場は「従五位下・男爵・近衛小隊長」、ヒロ・ド・カレワラ。

 どことなく平安朝に似たところもある「王都」で、歌に生き、恋に生き、宮廷の陰謀をかいくぐる日々。
 「……だけのわけがないじゃない。貴族ってのは、一面では官僚なんだから」と、「祖父」の幽霊。

 貴族仲間に役所の同僚、王侯将相・街場の人々、そして幽霊。
 さまざまな人との交流の日々を綴ります。

 本章・第五章に入るにあたり、「転生したらネクロマンサー扱いされているわけだがそれも悪くないかと思い始めた」から、題を改めました。

 これまでのあらすじは、以下のようになっております。
 転生の際、臨死体験をしたせいで、「幽霊が見える、会話ができる」ようになってしまった、「俺」こと「ヒロ」。
 あちこちで幽霊と契約しては仲間にし、「死霊術師」と呼ばれる日々。仲間になった幽霊から「断絶した家の再興」を頼まれて、貴族の家の跡継ぎに。
 人の縁と転生ボーナスのおかげで生き残り、王都で「公達」デビューを果たしたけれど……?

 第一章は、転生した田舎の村から新都までの旅の記録です。
 第二章は、新都で入学した「学園」での生活。
 第三章は、「北賊」との戦争の話です。
 第四章は、王都で貴族デビューすべく、西へ向かう旅の話。
 第五章は、若手貴族・官僚としての生活の日々。
 第五章の先は、とりあえず秘密とさせてください。

 週4更新を目標としております。

 (R15・残酷描写をつけていますが、「一応つけておいた」程度です。苦手ですので、そのようなシーンは多くありません。過激な表現も控えております。)

 ツギクル、カクヨムとアルファポリスに転載と重複投稿しております。



最近読み始めたばかりの異世界転生物。
まだ第一章だけどこの時点ではオーソドックな異世界物といった感じ。
温かい雰囲気が特徴的。対話を重視するネクロマンサーっていうのはかなり意外。
このあとにまだまだ続いていく。話数が凄いので圧倒される。
関連記事
[ 2018/01/30 21:00 ] 異世界 | TB(0) | CM(5)

  • ページランキング
    ブログパーツ
    >対話を重視するネクロマンサーっていうのはかなり意外。

    ネクロマンサーは元々対話重視…
    キョンシーなんかもそうですが、
    本来死者への対話、奉仕や鎮魂が目的なのに誤解や悪用されてる技能ですよねえ。
    [ 2018/01/30 22:59 ] [ 編集 ]
    前半部と第四章以降の後半部で雰囲気が変わるんだよね
    一気読みした感じ作者が書きたかったのは後半部の方なんじゃろなっていうのは伝わってくるが
    面白かったのは前半部だったという感じ
    後半部になるにしたがって主人公が毎回持ち直しては周りにフルボッコされてるだけの印象が強い
    [ 2018/01/31 08:58 ] [ 編集 ]
    一話が短いなぁ
    それでも文字総数にするとすごいけど
    でもまあ面白そうだから読んでみる
    [ 2018/02/01 10:22 ] [ 編集 ]
    地名とかはヨーロッパ風で、王朝の制度、役職なんかが、古代中国と平安あたりのごちゃ混ぜで読んでいてやや疲れる……。
    また微妙に説明がわかりにくいところが多々ある。

    後半部になると、戦場での活躍より、官僚機構内での立ち回り・政治が増え、それにともなって横文字と縦文字のごちゃ混ぜ比率が上がる。
    転生した事による意識(現地との常識)の差が全体を通じて描かれているが、地位が上がることによって、その負の側面が出る。
    主人公も成長(現地の常識への順応)しているのだが、前半との対比や読み難さも相まって前半部分のほうが面白く感じるのかもしれない。

    筆者が古代中国や平安の都市、官僚機構について深い知識をもっていることは伝わってきたが、知識量がそのまま面白さにつながるかと言われると微妙なところではある。
    [ 2018/02/07 21:45 ] [ 編集 ]
    何とも評価し辛い。

    個人的にこういうジャンルは好きなはずなのに、読んでいて出来事が頭に入ってこないというか文章が上滑りする。
    はっきり言って読みにくい。
    一人称なのだが、感情描写と実際に起きていることの混ぜ方が下手なんだろう。
    主人公は有能な方で周りからの扱いも悪くないのだが、やたら窮屈で殺伐とした貴族社会に成り行きで入り現代日本との感覚のずれに苦労するという流れが続くのでカタルシスがほとんどない。
    本領を発揮しても上司がもっと有能なので「良くやったな」ぐらいであっさりと流されるし、敵に一度やられてからやりかえすパターンが大半というのも印象がよろしくない。
    死霊術師という設定を生かす為か登場人物を準レギュラーまで簡単に殺し過ぎるのも読んでいて辛い。
    そのくせ、ドラえもんのパロディみたいなふざけた設定をさらっと混ぜてくるからどう捉えていいのかますます混乱する。
    他の方の感想で書かれているように知識量は感じられるのだが、社会制度が日本や中国がベース、ガワは西洋人が中心、価値観はごった煮状態なので違和感が半端ない。
    マイナス面ばかり挙げたがつまらないと切って捨てるにはしっかり作られている。
    まるで鶏肋のような作品。

    オリジナル戦記の本来の魅力は一言で表すと『英雄譚』だと思っている。
    動乱の時代に生きる人々や国々が主人公を中心とした英雄たちの行動によって影響されていくことこそが王道だろう。
    批判されがちなテンプレ『なろう戦記』も稚拙なりにそういった意味でのツボは抑えていて周りがみんな馬鹿になる病にはかかっても主人公の超人的能力によって閉塞感・陰鬱感を吹き飛ばす娯楽作品としては成立している。
    本作がそれから外れているからといってそれだけで否定できるものではないが、書きたいテーマと知識だけでは面白い作品が出来るとは限らないという難しさを感じる。
    [ 2018/02/24 14:33 ] [ 編集 ]
    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL

  • プロフィール

    縛種桃源郷

    Author:縛種桃源郷
    不定期更新中(゚∀。)y─┛~~
    作品紹介と艦これ感想がメイン
    相互リンクはお気軽にどうぞ

    検索フォーム
    カレンダー(月別)
    06 ≪│2018/07│≫ 08
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    カテゴリ
    Twitter