チラシの裏の読書感想文

自分が読んだWEB小説とやる夫スレと艦これの感想を書いてる場所
作品紹介サイトRSS
やる夫まとめサイトRSS

異邦人、ダンジョンに潜る。

異邦人、ダンジョンに潜る。

1946年七月。異世界の存在が確認される。
そこは、人類の新天地になるはずだった。
しかし、莫大なコスト面と、先遣隊の全滅、世論の反対により不可侵条約が結ばれる。
人類の目は宇宙に向けられた。

それから半世紀。
異世界のダンジョンに潜る為、ある企業が部隊を編成する。
五人のプロフェッショナルと三機の人工知能。それに予備の人員一名。
現代火器と技術により、冒険は簡単に行く予定だった。

だが異世界にたどり着けたのは、ポンコツの人工知能とノンプロフェッショナルな一名。
試行錯誤を繰り返して、彼らは生きる、食べる、戦う。そして、ダンジョンに潜る。

簡単かと思われたがいきなり難易度が跳ね上がって生きるのにも精一杯。
時に現地人と友好を深めたり、略奪されたりしながら目当ての物を求めて迷宮に潜る。
最近になって読み始めた作品の一つ。一筋縄ではいかないのがおもしろい。
[ 2017/03/05 21:00 ] オリジナル | TB(0) | CM(0)

蝿の女王

蝿の女王

安アパートのゴミ部屋で育ち不幸な一生を終えた少女は、
大好きだった深夜帯の少女向けアニメ『燃える髪のメロディ』の世界に、
悪役の女ボス『クィーン』という裏の顔を持つ貴族令嬢アリス・レニエに生まれ変わる。

ある目的を胸に悪の組織で順調に出世していったアリスは16歳になったある日、
美貌の後見人に連れられ、アニメの第一話の舞台となる夜会に『脇役』のつもりで参加する
が――なぜかヒーローである王太子が最初のダンスに誘ったのは、ヒロインではなくアリスだった……!? 

悪役令嬢+悪の組織の女幹部という結構珍しい構成の作品。
序盤を読んだだけだけど、大分シリアスよりの作風。
今まで読んできた悪役令嬢物てコメディ色が強かったのが多いので結構新鮮。
[ 2017/03/02 21:00 ] オリジナル | TB(0) | CM(1)

朝起きたら俺の部屋がダンジョンの最下層になってた件

朝起きたら俺の部屋がダンジョンの最下層になってた件

朝起きたら俺の部屋がダンジョンの最下層になっていた!
そこにいた美少女は、なんと悪魔で、しかもダンジョンマスターなのだという。
ダンジョンを作っていたら、俺の部屋と繋がってしまったらしい。

元に戻すにはダンジョンを大きくする必要があって、俺にそれを手伝えと悪魔は言った。
メチャクチャだ。

「一緒に頑張ろうね、ジュンイチ!」
「あぁ、頑張るよ。だって俺の部屋だし、ここ」

俺は自分の部屋を取り戻すことができるのだろうか。
こうして俺のダンジョンライフが始まるのだった。

最近に見つけて読み始めた作品。
ダンジョンの入口になるのは見たことあるけど、ゴールになってるのは初めてかも。
完結してるみたいだし、文字数もそれほど多くないので楽しみ。
[ 2017/03/01 21:00 ] オリジナル | TB(0) | CM(0)

魔王軍の幹部になったけど事務仕事しかできません

魔王軍の幹部になったけど事務仕事しかできません

人類との終わりのない戦争を続けている魔王軍。だが戦線は次第に押し込まれていた。
起死回生の救世主召喚。だが、現れたのは事務能力が多少優れた只の人間。
任されたのは兵站。魔王軍は前近代型。補給の基本は現地調達。さあ、どうする。

第一次大戦程度の軍を持つ人類と種族差で力押しの魔王軍。
魔法という独自技術もあるが、組織として圧倒的に遅れていた。
時間は敵の味方。少しづつの積み重ねで補給事情を改善してく。

大陸英雄戦記の作者様の作品。
兵站についてわかりやすく書かれているのと、たまに入る社会ネタが楽しい。
読んだ話数の割に話が進んでいなかったり、読み応えがなかったりするのが悲しい。
[ 2017/02/28 21:00 ] オリジナル | TB(0) | CM(0)

フロンティアダイアリー ~元貴族の異世界辺境生活日記

フロンティアダイアリー ~元貴族の異世界辺境生活日記

貴族・グリード家の次男だったサファテ。
彼は、金使いが荒く、その金の捻出のために支配地から金を搾り取っている一族のやり方に反発し、
諫言しつづけていたのだが、それを疎まれて勘当されてしまい、家を追い出されてしまった。

魔法学園の職も失いあてどもなく放浪する羽目になってしまったものの、
元同僚のエルフや元お屋敷の召使だった猫人らとともに、どうにか日々を暮らしていたのだが……

このお話は、そんな彼の毎日を綴る物語である。

作った薬などを売っていたら次第に地域の信任を得て開拓村の村長に。
初期のスタートダッシュに捨て値同然で拾える最高級品の確保に成功。
次第に大きくなっていく開拓地に集まってくる開拓民。
第一章でいきなりハーレムメンバーが複数登場するのがちょっとつらい。
[ 2017/02/24 21:00 ] オリジナル | TB(0) | CM(0)

狂気を纏うアルケミスト

狂気を纏うアルケミスト

VRMMORPG【ミリアド・ワールド・オンライン】通称"MWO"の世界に一人の研究者が居た。
その者の名は森脇広大《もりわきこうだい》、ハンドルネーム"コーディー"。
一見クールだが怪しい雰囲気を感じる研究者、というのを演じているプレイヤーの彼は、
他プレイヤー、NPCからこう呼ばれている。

死を振りまくマッドサイエンティスト。

彼はただ、戦う生産職を目指す為、錬金術師の職業を選び、
憧れていた研究者然とした格好で己《おの》が探究心を満たしていただけだったのだが、
如何せんプレイスタイルが悪かった。
コーディーの戦闘スタイルは自らが作り出したアイテムを惜しげもなく使うという物。

これだけだと普通に思えるのだが、惜しげもなく使うアイテムは危険物のオンパレード。
毒物を振りまく戦闘スタイルが確立してからの彼は、他者から一種の災害として認識されていた。
コーディーが赴く所では地が爆ぜ、木が枯れ、毒の雨が降る。
しかし、命あるNPCに一切危険は無く、プレイヤーには一部熱狂的なファンが居る。

これは、そんな災害を振りまく研究者ロールをした彼の、面白おかしい物語。

システムに保護されるゲームゆえの利点を存分に活用し、好き勝手やる錬金術師の話。
アトリエシリーズの主人公を邪悪な感じにしたら、多分こんなのになるんだろう。
[ 2017/02/22 22:22 ] オリジナル | TB(0) | CM(0)

役に立たない歴史雑学 作者 うみ

役に立たない歴史雑学 作者 うみ

実生活には役に立たない歴史雑学をあなたに。

世界史は面白い!
男性陣には下ネタと戦いを、女性陣には恋愛やグルメを。

全て一話完結ですので、お好きなところから読んでください。
五分の暇つぶしにぜひ。

本記事はブログで掲載していたもののを改稿しています。
元ネタの文章がかなり稚拙なため、きついものがありますがあえて当時の熱狂のままになるべく記載するようにしてます。

カクヨムに掲載されてる歴史ジャンルの作品。
日常生活には役に立たないが知的好奇心を満たしてくれるトリビアを紹介している。
題名で気になるところから読んでいい。
触りだけなので気になった人はじ文で詳しく調べてみよう。
[ 2017/02/20 21:00 ] オリジナル | TB(0) | CM(0)
プロフィール

縛種桃源郷

Author:縛種桃源郷
少し本気だす(゚∀。)y─┛~~
作品紹介と艦これ感想がメイン
相互リンクはお気軽にどうぞ

検索フォーム
カレンダー(月別)
02 ≪│2017/03│≫ 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
Twitter