チラシの裏の読書感想文

自分が読んだWEB小説とやる夫スレと艦これの感想を書いてる場所
作品紹介サイトRSS
やる夫まとめサイトRSS

夏休みだよ!超長編作品を読もう やる夫スレ二次作品編

やらない夫はMMとして召喚されたようです
精霊であるミクにいきなり拉致られ、大会優勝して元の世界に戻るのが目的。
ヒロインとの出会い、ライバルとの切磋琢磨、モンスターたちとの絆。
全ての縁を書ききって1000スレという膨大な物語になった伝説の安価作品。

これが私のポケモンマスター様
オールハイル・パンツァー!!ポケモンとモンハンのシステムを組み合わした安価作品。
地方リーグの優勝を狙う第一章。善と悪、どちらがふさわしいか第二章。
受けた呪怨の解除を目指す第三章。世界の頂点を争う最終章。
各章共に100話を余裕で超える大ボリューム。新シリーズも連載中。

やる夫はDQ3の世界で生きていくようです
勇者が重圧に負けてヒッキーに。ルビスは異世界から手当たり次第に勇者を召喚し始める。
やる夫はドラクエヲタの本領を発揮。商隊から商会をへて、貴族にまで成り上がる。
今現在はジパングを開拓する傍らにオーブ探索中。

だるくえ
職業訓練学校での適正審査。そこでやる夫は見事に精霊の勇者と出てしまった。
その職業の御役目はひとつ。大地の力の集まる場所で巫女さんとにゃんにゃんする事。
世界を巡り、その土地の巫女を見つけて、御役目を果たせ。

やる夫のサクラ大戦
童帝氏の連載中(実質エター)の作品。セガのサクラ大戦シリーズの1から4までが舞台。
過去編を含めて大神一郎の物語を全て書ききった。御大将の存在感が異常。
本編は完結しているが、外伝である各キャラ別エンディングが未完なのが残念。

やるラヴ
マブラヴシリーズのEXTRA、Unlimited、alternative、ALTERED FABLE。
シリーズ本編を武ちゃんをやる夫、純夏を翠星石で全部やる夫スレ化。
少し古いので最新の設定には対応していない場面もあるけど、そんなの関係なしに面白い。

やる夫が田舎でカブを作るそうです
牧場物語の派生作品。ファンタジー世界でスローライフなルーンファクトリーのやる夫スレ。
イベント事のヒロインを安価で決定し、最終イベントで意外なあの子に。
パラレルワールドなやる夫が田舎でくじら島の危機を救うそうです
別の地方が舞台の現行作品、やらない夫が離島で古い伝説に挑むそうですもおすすめ。

やる夫は帝都の守護者のようです
時は大正。文明開化の鐘が鳴り響く時代。
帝都を秘密裏に守護する組織ヤタガラス。そのサマナーである葛葉やる夫の物語。
過去に未来。そして平行世界までからむ壮大なお話。完結済み。

できる夫の相棒は全知全能なようです
爆弾岩さんのメガテン作品。主人公の属性が非常に珍しいLaw-Light。
変な召喚のされ方でばらばらになり、それぞれの属性が強くでた神聖四文字。
あるべき姿に戻すべく、できる夫のバベルの塔の攻略が始まる。

彼らは月の聖杯を求めるようです
エイワスさんの聖杯戦争シリーズの集大成作品。原作はEXTRAとCCC。
前日談に爆弾岩さんとの合同作品彼らは月の聖杯を奪い合ったようですを。
色んな意味でメアリ・クラリッサ・クリスティがとても印象に残る。
[ 2015/08/08 21:00 ] この作品がおすすめ | TB(0) | CM(1)

この作品がおすすめ リリカルなのは傑作選その3

高町なのはの受難
次元世界全体が下ネタに汚染されている中で、ごく少数の常識派。
その一人のなのはがツッコミを入れつつ、世界を変えようと頑張るお話。
スカさんや脳みそたちにとても同情できる。完結作品。

転生者の魔都『海鳴市』
海鳴市を舞台にした転生者たちの宴。
魔女鍋や闇鍋並みのごった煮。群像劇的な何か。早速原作は影も形もない。
それでも完結している点で非常にすさまじい。

台本どおりリリカルなのは The MOVIE 1st
劇場版が劇中劇という設定を利用した役者さん達が主役のお話。
本編シーンを演じているときはこんなふうに思っていたりと、正に発想の勝利。
起承転結がしっかりしていて、完結しているので非常に読みやすい。

(略)のはAce -或る名無しの風-
闇の書の中に多数の名無しの風が。要は掲示板方式で進んでいく作品。
展開的にはシリアスのはずだが、スレのせいでノリはギャグ。
たまにはいる三人称視点とエピローグのおかげで、最後の締めは完璧。

第97管理外世界は恐ろしい所一度はおいで
スパロボ屈指の魔境のα世界に地球に闇の書が。
スパロボ時空が如何に狂っているかというのが管理局視点で語られる。
残念ながら更新停止中だが完結一歩手前。

じゃぷにか闇の日記帳
何も描かれていない分厚い本。はやてはそれを日記を書くことにした。返信があった。
表と裏があり、表がコミカルに進んでいき散りばめられる伏線。裏できっちりと回収。
全12話の中編作品。読んで損はさせない。

社長少女と聖幼女、のち覇王(仮)
旧題は社長少女キャロ・ル・ルシエ。彼女の物語は完結済み。
不屈の決闘者の社長少女が己のロードを貫き通す。相棒龍はもちろん青目白龍。
現在はVivid編の聖幼女ヴィヴィオをハーメルンで連載中。

車椅子の部隊長
リインフォースが生存しはやての足は完治しなかった。
この物語はリインフォースと生きるはやての物語ではない。彼女と去るはやての物語。
静かな作風で読み終わったあと余韻にひたれる。感動の出来る作品。

憑依奮闘記
クロノの父親らしいクラウドになってしまった。このままいけば闇の書と融合。冗談じゃない。
少ない魔力量で効率的な魔法を追求。デバイス方面まで手を出し、それがのちのち生きてくる。
4年の歳月を乗り切り完結した作品。外伝含めて76話、一話の文量もかなり多め。

その日、機動六課(IFの世界)
なぜStrikerS本編でユーノやクロノ、ザフィーラとシャマルなどの面々が脇役なのか。
その理由がこの作品で明らかに。結論、新人たちの出番がほとんど無くなる。
短編連載作品の一角。6話の中編作品で完結済み。

聖句
なぜ少女の体に憑依したのか、なぜデバイスを持っていたのか。歴史はつながっている。
文量はそれほど多くないのに、かなりの読み応えを感じる作品。
本編は完結しているが外伝が更新停止中。デバイスの起動ワードがかっこいい。

雷落し
前世にはなかった魔法の魅力に取りつかれ、気がつけば無限書庫の司書に。
劣悪過ぎる労働環境にストを起こしたり、ユーノとなのはを焚き付けたり。
題名通りに雷を落とす魔法を編み出し、雷を落とすことに成功した。

マテリアルズRebirth
ベルカ原産で嘱託魔導師な主人公がことごとく厄ネタにあたっていく。
家族を守るために危ない橋を渡ったり、その結果腕がもげたり。
ほぼ毎日更新できっちり完結。安心のてんぞーさんの作品だよ。

I,Sniper
女性魔導師のバリアジャケットをひん剥くのに生涯をかけたバカのお話。
目指せ、機動6課の魔導師女性陣のコンプリート。最後まで諦めない男の鑑。

噛ませ転生者のかまさない日々
転生特典山盛りで転生した彼が目にしたものは、欲望の対象外の3次元の住人だった。
題名通り噛ませ転生者のテンプレを逆手に取った作品。原作とは全く関わらない。
懐いた”メガネ”に段々ほだされながら日常を送る完結作品。

ブレイク・トリガー
リリカルおもちゃ箱までの知識しかない人がリリカルなのはに転生しました。
間違った知識を前提に行動するので原作フラグがバキバキ折れる。
最後に明かされる事実は割りとどうでもいい。全41話の完結作品。

すずかお嬢様の下半身事情
題名に反して内容は至ってまともな恋愛物。
甘い作品が読みたければぜひ読もう。ギャグが滑っているのが玉に瑕。
3話完結の中編作品なのでさっくり読める。
[ 2015/08/04 21:00 ] この作品がおすすめ | TB(0) | CM(0)

この作品がおすすめ リリカルなのは傑作選 その2

リリカルなのはAnother~Fucking Great!~
ぅゎょぅι゛ょっょぃ系の元祖。幼女戦記のインスパイア元。
エースコンバットチックな世界観で隣国との戦争を描く。
幼女が海兵隊式戦意高揚や鬼神もびっくりの戦果を上げたりする。
リリカルなのはの勘違い系で一番面白い作品。残念ながら更新は期待できない。

キャロが千年リングを見つけたそうです
村を離れる準備をしていたキャロが千年リングを見つけました。もちろん中身付きで。
双方が影響を与えていった結果、キャロが逞しくなり、バクラが少しだけ優しくなった。
遺跡を盗掘したり、金髪執務官と知り合ったり。彼と彼女の珍道中。
更新はもうない。同じページに有るキャロがモンハンの竜を召喚したようですもおすすめ。

砕け得ぬ闇と一緒にナニカも復活したようです
リリカルなのは風に再構成された神咒神威神楽。
夜天の書に見境なしにどんどん追加され、機能不全に陥れた追加データ。
エラーとバグが融合して救いようもない邪悪が生まれてしまった。
全4話の中編作品。特に3話の敵再現度はかなりのもの。

魔法少女リリカルなのは ~ちょっとだけ、やさぐれフェイトさん~
フェイトが傷ついた時に出現する仮想人格。それは実にやさぐれていた。
本来のスペックを修復に回しているため、肉体的にはポンコツそのもの。
その代わりむちゃくちゃ幸運。本人とヤサグレさんの差が物語を違った方向に進ませていく。
続編に魔法少女リリカルなのは A's ~ちょっとだけ、やさぐれフェイトさん~もあるよ。

フェイトちゃんがんばる
フェイトの性格変更の更再構成。
天然度+不思議度+その他が天元突破。その結果、巻き起こるキテレツな出来事。
テスタロッサ家は揃いも揃って天然揃い。善意から周囲を全力で振り回す。

俺の名は高町なのは。職業、魔王。
なのはに転生した陰陽師が紆余曲折を経て管理局に入局、最後には次元世界を改革する。
独自年表まで造り、世界観の細部まできっちり設定した世界観がすごい。
よくあるアンチと思うなかれ。ぎっちり敷き詰められた理論はよくここまで作ったなと思わせる量。
更に凄いのがこの作品が完結しているということ。

魔法少女リリカルなのはStylish
兄の葬式でダンテと出会ったティアナ。影響を受けた彼女はスタイリッシュなツンデレになった。
ティアナがすごく格好いいのが最大の特徴。彼の影響に気がついて真っ赤になる場面は可愛い。
戦闘描写も凄いが、一本筋の通った言動や立ち振舞はダンテの影響なんだろうなと感じさせる。
クロスwikiの作品なので、更新はもう見込めない模様。
[ 2015/06/15 21:00 ] この作品がおすすめ | TB(0) | CM(1)

この作品がおすすめ リリカルなのは傑作選 その1

デバイス物語シリーズ
He is a liar device
プレシア・テスタロッサのインテリジェンス・デバイスが主人公。
AIという特性を最大限に引き出すストーリー展開が最大の特徴。
表では道化を裏では主人の命令を実現するための演算を永遠とこなす。
人と機械の時間の流れの違いがスゴく切ない。

Die Geschichte von Seelen der Wolken
デバイス物語第二章、A's編。
古代ベルカ時代。夜天の書という巨大ストレージとそれを管制する融合騎。
更に広がった時と世界で機械達はそれぞれの主人のために動き続ける。
夜天の書と主人公の似て非なるコンセプトの対比が根幹。

夜天の物語 ~雲は果てなき夜天の魂~
デバイス物語シリーズの外伝。夜天の騎士たちが生きた時代のお話。
いったいなぜ夜天の書は旅を始めることになったのか。
古代ベルカが滅んだ原因とは。Diesireaの影響を随所に感じる。
アホみたいに強大なラスボスに挑む騎士たちがかっこいい。

My Grandmother's Clock
デバイス物語シリーズの空白期のお話。
自分たちの夢に向かって歩み始める少女達。それに従う機械達。
しかし、主を失った機械は次第にエラーを出し始める。
残念ながら更新停止中。非常に残念だが、続きは期待できない。


ミッドチルダUCAT
地上本部が過去にUCATと接触し、その影響を受けていたらというIF。
終わりのクロニクルとリリカルなのはのクロス物。カワカミン成分過多。
名無しのモブこそ主人公。原作キャラは脇役なのです。
後半になるにつれて変態達がかっこよくなる。それはピンチの証。

本屋の店主がエース・オブ・エースに恋をしたら
ッドチルダで小さな本屋を営む店主が、店に訪れたエース・オブ・エースに恋をする。
それだけのお話です。
本編に関わることもなく、ひっそり、緩やかに過ぎていく。
起承転結もしっかりしていて読みやすいし、短編故に長さもちょうどいい。

リリカルなのはSUMMON NIGHT~Girl meets Soldier of tinplate~
サモンナイト3に登場したポンコツ機械兵士とヴィヴィオの短編作品。
管理世界では禁断の質量兵器の塊と聖王のクローン。
どこからどう見てもやばい組み合わせは、見続けていればお似合いだった。
外伝もあるのでそっちも絶対に読むべし。

生まれたての風
自分勝手な利己主義の主人公が海鳴市の住民との交流で成長していく物語。
とらハ3の二次作品としてスタートし、リリカルなのはの設定を組み込んで今に至る。
人外魔境の海鳴住民と比較して才能はないが、泥にまみれながらも困難に立ち向かっていく。
多数の外伝と同人誌版など幅広く展開している。

今日もどこかでクラッシャー
個人情報の備考欄、そこにかかれる※ただし、シャチを持っている。
本人たちは大真面目、外から見るとすさまじいギャグ。
神様転生のチート要素もギャグ要素になっており、掲示板ネタなど完備。
本編外伝共に完結させた力作。読んでないのは損だよ。

気になる彼女は高町なのは
高町なのはに特別な感情を抱いている主人公。
自分の死ぬ場面を何度も夢見る特異な彼は、何故か彼女がとても気になっていた。
とある原作キャラを前世に持つ主人公がモブとして機動六課に配属。
全8話の中編作品。この作者さんの作品は面白い作品が多いが、特におすすめ出来る。
[ 2015/06/02 21:00 ] この作品がおすすめ | TB(0) | CM(4)

この作品がおすすめ 殿堂入り

銀河連合日本
ほとんど同じ歴史をたどった現代日本に異星人が訪れる作品。
それによって崩れた国際関係の政治劇と異星人との異文化コミュニケーションが見どころ。
引き込まれる文章力と読み応えのあるテキスト量を両立させた名作。完結したよ。

火刑戦旗を掲げよ!
異世界の大陸を舞台にしたファンタジー少なめの戦記物。
徹底的に他者から見た主人公という描写が特徴。主人公の謎が深まるばかり。
ずっしりとした物語を完結させ、書籍化までされた名作。

ハルジオン~口だけ野郎一代記~
やる夫スレ作者が描く現代迷宮学園作品。
ダンジョンが出現した未来で育成学校を舞台に、外面完璧なゲスい主人公が口八丁で成り上がる。
しっかりと描き切って完結。下衆はどこまで行っても下衆だった。

腕白関白
もはや説明不要のこのジャンルの金字塔。
軽い文体と毎日更新という更新速で多くのファンを獲得し、歴史作品ブームを創りだした。
書籍化までされ、Arcadiaと小説家になろうの2パターンがある。
個人的にはArcadiaに投稿されている原点の方が好きかな。

謙虚、堅実をモットーに生きております!
自分が将来家ごと没落する悪役令嬢キャラだと気がついた主人公。
そうならないように努力するが、中の人がポンコツだった。
小説家になろうに悪役令嬢系の作品を量産させた原因元凶。だが、面白い。

銀凡伝
銀河英雄伝説の金字塔。勘違い系の代名詞。
カンニングの結果を周囲は実力と勘違い。折れば折るほど立つは死亡フラグ。
本編も完結させ、外伝も完結させ、きっちり綺麗に終わった。

流離う翼たち
個人サイトで掲載されているガンダムSEEDの二次作品。
独自視点でSEEDを再設計し、MS一強じゃない戦車や航空機、MAも活躍出来る作品に。
途中までは原作沿いだが、少しつづ物語は違った方向へと進んでいく。
全207話の超大作。若干ながら誤字脱字が多いのが玉に瑕。

然もないと
理想郷で連載されていたサモンナイト3の二次作品。
奇天烈な軌跡を経て物語を完結させたレックスが、なぜか並行世界のウィルに憑依してしまう。
非常に魅力的なヒロインたちとシリアスとギャグの圧倒劇な切り替えが特徴。
残念極まりないが未完。それでも自信を持っておすすめできる。
[ 2015/05/01 21:00 ] この作品がおすすめ | TB(0) | CM(2)

秋の夜長セレクション 小説家になろうおすすめ

いよいよ晩秋、日の入りが相当に早くなってきました。
長い夜のお供に今まで紹介した作品の中から、特に今が旬の作品をまとめます。

銀河連合日本
ほとんど同じ歴史をたどった現代日本に異星人が訪れる作品。
それによって崩れた国際関係の政治劇と異星人との異文化コミュニケーションが見どころ。
基本的に週一回の更新がずっと続いているので安定感抜群。一話の文量も多め。

火刑戦旗を掲げよ!
異世界の大陸を舞台にしたファンタジー少なめの戦記物。
徹底的に他者から見た主人公という描写が特徴。主人公の謎が深まるばかり。
4日に一話の更新ペースで質と量を両立させた今年開始の作品の中ではNo.1。

ハルジオン~口だけ野郎一代記~
やる夫スレ作者が描く現代ファンタジー作品。
ダンジョンが出現した未来で育成学校を舞台に、外面完璧なゲスい主人公が口八丁で成り上がる。
ブラジャー短編でピンときたら読んでみよう。

俺がユンボで日本を救う?
重機ヲタが愛機と一緒に大正時代の日本へトリップ。
未来知識に利用価値を見出され、否応無く関わっていくことに。
直接関わるのが重機関係のみで後は知識だけというのが珍しかった。完結済み。

帝国士官冒険者となりて異世界を歩く
大友の姫巫女の作者様の作品、帝国の竜神様の外伝。
この作品だけでも読めるように再構成されている。
経済関係の描写が読みやすくておもしろい。完結済み。
[ 2014/10/31 21:00 ] この作品がおすすめ | TB(0) | CM(0)

とにかく美味そうな飯が出てくる作品まとめ

異世界食堂
このお題を掲げてこの作品を逃すわけにはいかない。
美味しそうな描写はもちろんのこと、登場人物の魅力にも妥協がない。
登場する料理のレシピや調理法は掲載してないが、その分描写で食欲を掻き立てる。

異世界居酒屋「のぶ」
異世界食堂が料理メインなのに対して、こちらは人間関係がメインの話。
料理の美味そうな描写はもちろんながら、異世界で進行するストーリーが面白い。
日本の魔改造料理が異世界に与える影響に注目。

鎮守府の片隅で
艦これ二次創作で居酒屋鳳翔ネタの作品。
艦これをしていない人にはとっつきにくいのが難点だが、あとがきに出てくるレシピと調理法は必見。
各艦娘の特徴をしっかり掴んでいるし、レシピの文量なども記載してある。

赤城のグルメ
この作品は作者が食べた料理を赤城というキャラクターを通して紹介していく作品。
外食ながら食べた店の詳細は掲載されていないが、頑張れば見つかるはず。
作者が男性なので必然的に赤城が食べた料理も男臭さ満点である。

辺境の老騎士
自分はまだ読み終わっていないが、書籍化までされるほどに評価されている作品。
質・両共に文句なしの傑作。完結しているのも安心して読める。
異国情緒豊かな、旅行している気分なれるので非常におすすめ。

この作品が何故無いとか言うのはコメントで募集中。
自分一人では読み切れていないので、どしどしお願いします。
[ 2014/10/18 21:00 ] この作品がおすすめ | TB(0) | CM(3)
プロフィール

縛種桃源郷

Author:縛種桃源郷
少し本気だす(゚∀。)y─┛~~
作品紹介と艦これ感想がメイン
相互リンクはお気軽にどうぞ

検索フォーム
カレンダー(月別)
02 ≪│2017/03│≫ 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
Twitter