チラシの裏の読書感想文

自分が読んだWEB小説とやる夫スレと艦これの感想を書いてる場所
作品紹介サイトRSS
やる夫まとめサイトRSS

親馬鹿な加賀さんが着任しちゃいました

親馬鹿な加賀さんが着任しちゃいました

長きに渡る深海棲艦との戦い、それでも人の営みは変わらない。
出会い、愛を育み、子を育てる。それは元艦娘であろうとも変わらない。
命―それは世代ごとに移り変わるもの、そして命を託された者は託した者の思いも受け継いでいく。
ここにもそんな親と娘が一組、親はかつて伝説とまで詠われた艦娘だった、
その娘はいつか皆を救うことを夢見る新人の艦娘。
親は艦娘であることを隠して娘を育てた、そして娘を夢に向かって笑顔で送りだす――はずだった。

さぁすっかり親バカになり娘にコッソリついて行った加賀さん、
それを知る由もない娘の瑞鶴!果たして加賀さんは娘にバレずに娘の夢を応援できるのか!?
笑いあり、シリアスありの鎮守府物語、始まり始まり~

とても懐かしい感じすら漂う作品。
古き良き個人サイト全盛期のような、分かる人にはわかってもらえると思う。
厳しくも優しい母親の愛に娘は答えることができるのか。
[ 2017/01/23 19:23 ] 二次作品 艦これ | TB(0) | CM(0)

長門型とただ駄弁るだけ。

長門型とただ駄弁るだけ。

【愉快な登場人物達】
・提督……常に真顔な男。大多数の艦娘から真面目な堅物だと思われているが、単にコミュニケーションが苦手なだけ。


・陸奥……ツッコミ役。周りからは落ち着いたお姉さんだと思われているが、そんな自分を捨てて火遊びをしたいと考えている。


・ナガト・ナガト……アンゴラ(カビンダ)、ジャポン(ヤマグチケン)、ウガンダ、ガボン、カメルーン南部、コンゴ共和国、コンゴ民主共和国東部、赤道ギニア、中央アフリカ共和国南部、ナイジェリア東部、ルワンダに主に生息する、霊長目ヒト科ナガト族の動物。

一日の終りの日課で長門型と提督が一緒におしゃべりする作品。
鎮守府内での日常風景や知りたくなかった艦むす裏話などがポロッと出てきたりする。
何も考えずにぼーーと読むのには最適。
[ 2017/01/19 21:00 ] 二次作品 艦これ | TB(0) | CM(0)

提督LOVE漫画劇場

提督LOVE漫画劇場

Twitterで掲載されたワンドロの漫画をまとめた作品。
基本的に一話完結。内容は題名の通り。
各話独立の別鎮守府だけど、ハーレム提督として見てもいいらしい。

見てるとほっこりする。心なしか大井っち多め。
クソレズじゃない彼女は情の深いいい女。
[ 2017/01/15 15:15 ] 二次作品 艦これ | TB(0) | CM(0)

艦これ妖精4コマ



ちっちゃな妖精さんたちがちょこまか動き回る4コマ漫画。
食いしん坊達がいたり、しっかりものがいたりと表情豊か。
のほほんのんびりと読めるので、何かの空き時間に最適かも。

100話以上あるけど4コマ漫画。
[ 2017/01/06 16:33 ] 二次作品 艦これ | TB(0) | CM(0)

深海生まれのバガボンド

深海生まれのバガボンド

戦うことなく放浪する深海棲艦のお話。

なぜ深海棲艦が艦むすに砲を向けるのか。
ヒトガタになってまで伝えたい思いは一体何か。
このネ級の願いはどこにたどり着くのか。

少ししんみりタイプの艦これ二次作品。
無駄な会話文もなく、艦むすと仲良しこよしもない。
短いながらも読み終わったら余韻に浸れるのが特徴。
[ 2016/09/15 21:00 ] 二次作品 艦これ | TB(0) | CM(0)

2287年の荒野から

2287年の荒野から

2287年に全ての使命を全うしたUSSコンスティチューション。
気が付けば彼は日本海に浮かんでいた。それも世界初の艦息として。

注意:現実のコンスティチューションでは無くFallout4のコンスティチューションに魔改造を施した物です。

主砲がリニアレールガン。メイン動力炉は核融合炉。
外付けタレットで対空防御もできるし、ロケットエンジンも備えて空も飛べるぞ。
そんな魔改造された未来の骨董品が何故か過去に戻っていた。

fallout4にて途方もない魔改造された彼。
数百年前の木造船なのに、鋼鉄製の近代艦と戦闘可能な性能に。
アメリカ帰還を目指して、深海棲艦を打倒するために彼は戦う。
[ 2016/08/29 21:00 ] 二次作品 艦これ | TB(0) | CM(0)

提督LOVEな艦娘たちの短編集

提督LOVEな艦娘たちの短編集

提督視点。それぞれ違う提督たちが主人公。1話読み切り。
短編で投稿した提督LOVE小説もまとめました。
Pixivとマルチ投稿をしています。

艦娘と彼女たちの提督とのイチャイチャ短編作品集。
告白の場面だったり、何気ない日常風景だったりとシチュエーションも豊富。

複数回登場数する艦むすもいるので、多分作者さんの好みの結果。
次はどの娘が登場するのかが楽しみ。
[ 2016/08/22 21:00 ] 二次作品 艦これ | TB(0) | CM(0)
プロフィール

縛種桃源郷

Author:縛種桃源郷
二日に一回更新中(゚∀。)y─┛~~
作品紹介と艦これ感想がメイン
相互リンクはお気軽にどうぞ

検索フォーム
カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
Twitter