チラシの裏の読書感想文@ネット小説紹介

自分が読んだWEB小説とやる夫スレと艦これの感想とレビューを書いてる場所

修羅に生きる

修羅に生きる

刹那に全てを賭けるその姿こそ原初の輝きであり、また闘争の本質である。
修羅、とはそういうものである。

SAOの外伝続編をアインクラッドに全部ぶち込みました。
だから、シノンもいるしユウキもいます。
安全マージンなにそれ美味いの?そんなキチガイが元気に戦闘するお話。

てんぞーさんが書くソードアート・オンライン二次作品。
あいも変わらず頭のネジが外れた主人公が魅力的。

ソードアート・キリトライン

ソードアート・キリトライン

茅場晶彦のデスゲーム宣言に激怒したキリトが空中に浮かぶ巨大アバターに斬りかかった。
アバター撃破の報酬なのか、気づけば見知らぬスキルが出現していることに頭を抱えるキリト。
そんなIfから始まる物語。

最初の行動のおかげなのか、原作とはちょっと違った印象を持たれる。
大筋では原作と同じ道筋をなぞっていくが、細部がかなり違った展開に。
死んだはずの人間が生きていたり、その差異は物語にどう影響するのか。

しっかりした文章でかなり読ませる作品。
作風は正統派の本編IF。しかも王道の真ん中を行く。
現行連載中のソードアート・オンライン二次の中でも、屈指の面白さ。

もし一人のオリキャラが増えることで、ユウキが生きるルートが生まれるなら

もし一人のオリキャラが増えることで、ユウキが生きるルートが生まれるなら

タイトルまんまです。SAOのマザーズ・ロザリオを読み、
ユウキが生きる可能性を考えずにはいられませんでした……。

そんなわけで、一人のオリキャラを加えて少しの変化をば。
ただし作中に出てくる事柄は私のつたない知識が元ですので、
実際との差異や間違いがあるかもしれませんが、決して他意はありません。

また、この作品内の事実が現実の事実とは異なるかもしれないことは念頭に置いておいてください。
マザーズ・ロザリオのネタバレあります。あと、自サイトでも公開しております。

本屋の店主がエース・オブ・エースに恋をしたら
遊戯王GXへ、現実より
上記の作品の作者様の短編を連載化した物。
アニメでも放送が開始され、今がきっと読み頃。

ソードアート・オンライン この現実世界にて

ソードアート・オンライン この現実世界にて

この物語は、人の愛情をどこか信じれずに頑なに自身の現実を恐れていた少年──桐ヶ谷和人と、
両親から優等生と決められた道を言われるがまま歩むも、
心のどこかでは自身の自立と暖かい愛情を求めていた少女──結城明日奈との、
二人の少年と少女の恋からはじまる。

死の舞台となった仮想の世界・浮遊城アインクラッドで二人は出会い、
時に喧嘩をするも、常に互いの為に戦い、やがて身の想い知り、恋に落ち、二人は強く結ばれた。

闘いの果て、仮想の浮遊城が失われていく中、互いは本当の名を告げ、
二人は現実での出会いを堅く誓い、溶けゆく意識の果てに少年は現実世界へ帰還するも、
少女は邪な悪意によって、巨大なる世界樹が存在する妖精の世界・アルヴヘイムに囚われてしまう。

目覚めぬ愛した少女を救うために、少年は痛み傷つくことも、死ぬことすら省みずに、
愛した少女を簒奪の王から救い出し、雪の降る現実世界でようやくに再会を果す。
多くの苦難の先に、恋人としての日々をようやく手にし、歩み始める二人。

この物語は現実世界で高校生となった、
かつて黒の剣士キリトと閃光のアスナと呼ばれた少年と少女の、
ごく普通な、平穏な日々を描いた物語である。

現実世界でのキリトとアスナ。彼ら二人がイチャラブしつつ日常を満喫する短編連載作品。

俺の余生は時間が短い

俺の余生は時間が短い

死んだと思ったら何時の間にか桐ヶ谷和人の兄になっていた俺。
つまりはソードアート・オンラインの世界に来てしまった。
別にゲームをしなければ死亡フラグは立たない。
そう思っていたらあの事故にあって痛覚と味覚と嗅覚を殆どオシャカにして、
頭に傷を負ったからかアドレナリンが時折ドバドバ出る某狼を司る者みたいな体質へ。

寿命も縮まったので、結局プレイする事にしました。もう投げやりでいいや。
どうせ早死するし。

常時脳みそがフル回転状態。
早死確定で人生投げっぱなしジャーマン。
好きに生きるぜとデスゲームに参加した。

主人公がdiesの遊佐司狼リスペクト。
展開は結構駆け足気味。寿命も当然マッハ。
インポだと世界が終わるが、どうやら違う模様。

SALO(ソードアート・ルナティックオンライン)

SALO(ソードアート・ルナティックオンライン)

 これはログアウト不可のデスゲームと化した世界の物語。
 これはゲーム大好き茅場晶彦がやらかしてしまった平行世界の物語。
 これは理不尽極まりない世界での主人公の物語。
 ――これは少年キリトの奮闘を記した物語。

ただでさえ要所要所で鬼畜なアイングラッド。
序盤のスライム相当の雑魚が超絶強化。カモから一転してテスター殺しに。
それはもちろん他のモンスターにも適用されて…

ゲームの難易度がLunaticになりました。
それに伴い遅れに遅れるゲーム攻略。
無事にゲームをクリアして、現実に帰還することができるのか。

クラディールに憑依しました

クラディールに憑依しました

血盟騎士団副団長――の護衛になる筈の男に憑依しました。

他人のためにほぼ即決でデスゲーム参加するくらいに良い人な主人公。
良い人なんだけど、なんかその方向性があさっての方向。
論理コードの存在を教えるために、かなりギリギリのことをしたり。

嫌われるのが妥当なところだが、人柄が知られるに連れて徐々に好転。
素直じゃない人という印象に。かなり珍しい。

ツンデレでかなりいい人なクラディールが頑張る話。
噛ませの脇役憑依で、若干の勘違い要素あり。
プロフィール

縛種桃源郷

Author:縛種桃源郷
不定期更新中(゚∀。)y─┛~~
作品紹介と艦これ感想がメイン
相互リンクはお気軽にどうぞ

検索フォーム
記事のランダム表示
(たまに404になるのはご愛嬌)
カテゴリ
リンク