FC2ブログ

チラシの裏の読書感想文@ネット小説紹介

自分が読んだWEB小説とやる夫スレと艦これの感想とレビューを書いてる場所

幻想を奏づ~元魔王、学園にて『イルジオン』に乗り、空にて無双する~

幻想を奏づ~元魔王、学園にて『イルジオン』に乗り、空にて無双する~

戦い、敗れた魔王は、だが満足して死を迎え――次に気が付いた時、何故か人間の貴族の子供に転生していた。
 意外と図太い彼は、これはこれで楽しいもんだと、幼馴染と妹と共に日々遊び、ふざけ、のんびりし、二度目の生を謳歌していたある日、ヒトと同じサイズのソレ――歩兵空戦ユニット『イルジオン』が、編隊を組んで空を飛んでいるのを目撃する。
 その姿に、確かな高揚が湧き上がるのを感じながら。

 それから七年後、とある学園へと入学した彼は、生徒として生活しながらも、前世にて培った圧倒的な魔王の力を発揮することで、周囲の全てを巻き込んでいき――。



男も乗れるようになったストパンとかISをまとって近代ファンタジー世界で大暴れ。
前世のライバルもくっついてきたので相棒感もいい感じ。
書籍化作家さんなので文章は安定してて読みやすい。
[ 2020/10/29 21:00 ] 異世界 | TB(0) | CM(0)

懐かしいロボアニメの世界に転生したら、俺のCVがあの人だった件

懐かしいロボアニメの世界に転生したら、俺のCVがあの人だった件

 今は遠い1980年代。俺、諏訪原光雄はさほどコアでもないアニメファンとして青春を過ごした。そして50代に差し掛かったある日、高校時代に楽しんだロボットアニメ「重戦甲ガルムザイン」の劇場版製作発表を知る。喜び興奮したのもつかの間、俺は交差点を横断中に暴走トラックに激突してあえなく死んでしまった。
 気が付けば俺の意識は地球ではないどこか、第一次大戦をほうふつとさせる文明レベルをもつ世界の、大陸辺境で小さな村を治める騎士の家に、一人息子「ロンド・ロランド」として目覚めていた。
 だが、その名こそ――ガルムザインの劇中、中盤過ぎたところで悲惨な最期を遂げて退場するライバルキャラその人であったのだ。

 家は地方の貧乏領主、どうあっても軍務について出世しなければ人生は開けない。といって、アニメの通りの最期を迎えるのは願い下げだ。
 かくして、原作知識を頼りにロンドこと俺の、危険な綱渡りが始まった。だが――俺の住んでいた地域ではテレビ局が少なく、いくつかのエピソードは野球中継などでつぶれて放映されずじまいになっていた。
 ゆえに――肝心のターニングポイントが、分からない。



昭和末期の異世界のロボット物の雰囲気たっぷりな作品。
世界設定もわかりやすくてロボットの絵もかっこいい感じで好き。
ある程度まとめて一気読みしたほうが読みやすいかもしれない。
[ 2020/10/21 21:00 ] 異世界 | TB(0) | CM(5)

たかが子爵嫡男に高貴な人たちがグイグイきて困る

たかが子爵嫡男に高貴な人たちがグイグイきて困る

レイは子爵家の嫡男である。

この春に王都にあるワシントス王立学院に入学する為、故郷であるクロイツェル領を離れる事になっている。領地持ちに子爵家嫡男とはいえ、その領地は王国でも辺境であり、所詮は子爵家。上級貴族やましてや王族などには縁がない家格である。領地も辺境の為、王都で権勢を誇ろう、家格を上げようなどとは全く考えていない。むしろ興味がない。自領の運営だけで十分なのだ。

なのにどうした事だろう。入学前には公爵令嬢、伯爵令嬢、入学してからは王子にまで話かけられる。おかしい、たかだか子爵嫡男である。みんな気安く話かけ過ぎではないだろうか?話かけられる身分の低い側は正直困ってしまう。それはそうだろう、だってうちは子爵家である。

だからレイは本当に思う。「勘弁して欲しい」と。

出世欲のない、ただの子爵嫡男が、気が付けば、注目される存在になり、気が付けば、英雄と呼ばれる存在にまで、本人の意図とは別にのぼり詰める話。

舞台はゲーム類似世界で異世界転生要素あり。ただし主人公は転生者ではありません。



ゲームに良く似た世界の現地人主人公。
転生者3人が勝手に動いてシナリオからずれていき、主人公の動きで決定的に違っていく。
全体的に面白いんだけど転生者が若干カマセ臭いのが少し残念。
[ 2020/10/20 21:00 ] 異世界 | TB(0) | CM(2)

貧乏国家の黒字改革〜金儲けのためなら手段を選ばない俺が、なぜか絶賛されている件について〜

貧乏国家の黒字改革〜金儲けのためなら手段を選ばない俺が、なぜか絶賛されている件について〜

帝国に人質として出されていた第一王子アルフは病気の父に代わり、国政を任されることになり帰国した。そこで見たのは貧しい弱小国家の姿だった。

多額の無駄な支出や使途不明金で国の財政は最悪な上、悪徳貴族は庶民から金を巻き上げ私腹を肥やしていた。

このままでは自分の代で国が滅んでしまう。
そんなことさせてたまるか! 俺はもっと金を稼いで気ままに豪遊してやるんだ!
金儲けのためには有能な人材を引き立てていこう。魔族であっても構うものか。

それに不正を正せば支払われる税が増えるはず。

これで俺の未来は贅沢三昧だな。
……なぜ大絶賛されている?
歴代最高の王子? 王国の救世主? 俺のためならばなんでもしてくれる? 
俺はただ、自分のために金を稼いでいるだけなんだが――。



書籍化の一報で読み始めた作品。
よくあるなろうファンタジーで更新速度が早いうちは良かったと思う。
一旦連続で読むのが止まるとそのままの人が多いだろうなという感じ。
[ 2020/10/17 21:00 ] 異世界 | TB(0) | CM(1)

魔王になったので、ダンジョン造って人外娘とほのぼのする

魔王になったので、ダンジョン造って人外娘とほのぼのする

 なんか気が付いたら、ダンジョンの防衛機構である『魔王』になっていた。周囲には強大な魔物が徘徊し、生存競争を戦い抜く割と物騒な世界らしいので、死なないようにダンジョンを発展させて身を守るはずが、何故か思っていた以上にほのぼのしている。……どうしてこうなった。
 そんな世界を生きることになった主人公ユキは、その図太い神経を発揮して、ダンジョンに住み着いた自堕落な覇龍の少女や吸血鬼幼女らと共に、時に笑い、時に怒り、時にロマンを求め、時に頰をにやけさせながら、日々を好きに生きて行く……。



書籍化作品だから読んでみたやつの一つ。
だいたい題名の通りで良くも悪くも小説家になろうによくある感じ。
一話の文量も短めで70話くらい読んでもういいかなって。
[ 2020/10/10 10:10 ] 異世界 | TB(0) | CM(0)

錬金術師の過ごす日々

錬金術師の過ごす日々

前世の記憶を薄っすらと持つルービット・キューチェは、運命に導かれるかの様に錬金術師となった
そんな彼の過ごす日々


更新はゆっくり目に、多分日曜日に数話纏めてになるかと思います
お気が向かれましたら、どうぞ



優しい雰囲気の錬金術士が主役の優しい雰囲気のゲームに魅了された主人公。
そのことがとても印象に残っていたからか、転生したら錬金術にのめり込む。
お家騒動回避のために人類の前線の街に住居を構え、夢に向かって進む。

街などで起きたトラブルを錬金術で解決していく。
ハマったアトリエシリーズはアーランドかな。
[ 2020/10/06 21:00 ] 異世界 | TB(0) | CM(0)

勇者の剣の〈贋作〉をつかまされた男の話

勇者の剣の〈贋作〉をつかまされた男の話

はじまりは、嘘だった。青年は馬鹿正直な馬鹿であり、嘘を信じて戦った。
その嘘が誰かを傷つけることもあった。けれど、彼は戦い続けた。そのくだらない嘘が、真実に変わるように。


「人が心に絶望を抱いた時、その者は人に仇なす怪物に変貌する」
異形の怪物に母を殺された青年・ジュールは、詐欺師に騙されて購入した「贋作の勇者の剣」で怪物を打倒する。
怪物が元はただの人であることを知った彼は、その元凶を探るため旅に出ることに。

剣は偽りであっても、その胸には紛うことない勇者の心を持つジュール。
邪神の奸計により、仲間には裏切られ、無二の友を亡くすもしかし、彼は決して絶望に屈しなかった。なぜならば――
「人よ希望を抱け。俺は勇者のジュール。絶望を晴らす勇者なのだから!」

贋作の剣から始まる、本物の勇者の物語。それを今、語ろう。



全3話の中編。なのに書籍化までされてる。
短いけど、しっかりと物語を読んだって感じがしてすごく良かった。
[ 2020/10/04 21:00 ] 異世界 | TB(0) | CM(3)
プロフィール

縛種桃源郷

Author:縛種桃源郷
不定期更新中(゚∀。)y─┛~~
作品紹介と艦これ感想がメイン
相互リンクはお気軽にどうぞ

検索フォーム
記事のランダム表示
(たまに404になるのはご愛嬌)
カテゴリ
リンク