FC2ブログ

チラシの裏の読書感想文@ネット小説紹介

自分が読んだWEB小説とやる夫スレと艦これの感想とレビューを書いてる場所

転生してハイエルフになりましたが、スローライフは120年で飽きました

転生してハイエルフになりましたが、スローライフは120年で飽きました

人間から架空の存在だと思っていたハイエルフに転生して百五十年
 物心付くのに三十年掛かり、ここが異世界だと理解して、それから百二十年の果実を齧ってはのんびりするだけの生活にも流石に飽きたエイサーは、遂に外の世界に旅立つ事を決意した
 一千年以上と言う寿命を持て余す、ハイエルフとしてはせっかちで、人間としてはのんびり過ぎる、曖昧な存在の物語


 更新は、一章分が書き上がるごとに毎日更新しようかなと思ってます
 適度に区切りの良い所で終わりになるかも知れませんが、お気が向かれましたらよろしくお願いします



主人公が5年くらいをサクッと鍛錬したりのんびりしたりするけど、周囲の時間は流れていく。
街に再び立ち寄ってみたら看板娘に子供いたとか、わりと容赦なくある。
人とエルフの時間の流れが違うのをいい感じに落とし込めてるなと感じる作品。
[ 2021/01/12 21:00 ] 異世界 | TB(0) | CM(1)

転生したら皇帝でした~生まれながらの皇帝はこの先生き残れるか~

転生したら皇帝でした~生まれながらの皇帝はこの先生き残れるか~

生まれながらの皇帝……それは一見すると、成功が約束された人生なのかもしれない。ここ『東方大陸』において、『皇帝』を名乗れるのはたった一人。生まれながらその至高の座にいる彼は、順風満帆の人生が送れる……はずが、無い。
先代皇帝である祖父、そして本来皇帝を継ぐはずだった父は、貴族によって暗殺されていた。その貴族らにとって都合の良い傀儡、不要になればいつでも消せる御輿。それがブングダルト帝国8代皇帝、カーマインである。

皇帝は満足な教育すら受けられず、帝国は貴族らの政争により崩壊しつつあった。財政は破綻し、周辺国の介入に対応できず、辺境の独立を許した帝国。この大国が風前の灯火であることは、誰の目にも明らかだった。

……人々はまだ知らない。この傀儡が後に、『帝国中興の祖』『大帝』『最も偉大なる皇帝』と呼ばれることを。
――そして彼が、転生者であることも。

これはよくある異世界転生の、絶対に成り上がれない物語。



末期状態の帝国皇帝で傀儡状態。このままじゃ殺される。
伏魔殿な宮廷で味方を作ったり派閥抗争を激化させたりして実権を取り戻せ。
ファンタジー戦記物語。これから内乱パートで更に楽しみ。
[ 2020/12/19 21:00 ] 異世界 | TB(0) | CM(0)

娘が悲劇の悪役令嬢だったので現代知識で斜め上に頑張るしかない


娘が悲劇の悪役令嬢だったので現代知識で斜め上に頑張るしかない

 ある日。
 大学生だった男が目覚めると。
 とある鬱乙女ゲーの被害者と呼べる悪役令嬢の、
父になっていた。

 まだ赤ん坊の娘が何より可愛く思えた彼は。
 その幸せの為に色々頑張ることにした。
 斜め上な方法で。

「せや。科学と魔法使って、未来都市作ろうぜ」

 彼、公爵ジルクリフの果てしない挑戦が今始まる。



黒髪の娘をひと目見たときから守らねばと覚醒し、なりふり構わず世界を変え始めた。
内面は子煩悩パパで外面はナイスミドルの理想の紳士像。モテまくる。
[ 2020/12/17 21:46 ] 異世界 | TB(0) | CM(5)

殺戮の魔猫 ~くはははは、知らんのか! チーズは空気に触れると鮮度がおちる~

殺戮の魔猫 ~くはははは、知らんのか! チーズは空気に触れると鮮度がおちる~

『あれ……あのネコやばくね?』
剣と魔法の世界への猫転生。かつて日本人だった野良猫は虐げられていた所を魔王に拾われ、魔族となった。恩に報いるため、なにより人間に復讐するため力をつける。
今の彼は最強の魔猫。魔王軍最高幹部、大魔帝の地位まで持つ人類最恐の敵となった。
もはや人間に未練などない。
人の心など既になくなっていた!

『くはははは! 人類よ、我においしいごはんを差し出すのにゃ!』

知性も理性も残されていたが猫の器じゃ小さすぎる!
ちょっと世界を滅ぼしかねない悪戯をするけど、しょうがないじゃない。
だって猫だもの!



ただの猫が恨みによって魔獣化。死んで復活を繰り返した果にそこらの神属より強くなった猫が主人公。
輪廻に介入したり世界属性捻じ曲げたりとやりたい放題。物語最初から最強状態。

精神状態が飼い猫と魔獣との2面性があるのが特徴的。
シリアスシーンかと思えばギャグになったりとか結構する。

個人的には非常に楽しく読めた作品。
文章量もあるし更新速度も早いしで、今年始まった作品の中では結構いい感じかも。
[ 2020/12/16 21:00 ] 異世界 | TB(0) | CM(2)

【連載版】もう獣将姫さまの戦利品~身代金さえ惜しいんだろ? たとえ奴隷でも高く『買って』くれる相手を選ぶ権利はある。知る人ぞ知る王家の奴隷、知らぬは当の王家のやつばかり。

【連載版】もう獣将姫さまの戦利品~身代金さえ惜しいんだろ? たとえ奴隷でも高く『買って』くれる相手を選ぶ権利はある。知る人ぞ知る王家の奴隷、知らぬは当の王家のやつばかり。

「王室の所有奴隷イスハル解放のための身代金の支払いを、王国の次期王位継承者、ヴァカデスの名において拒否する!」
 
 王家に仕える奴隷、イスハルは無能な王子の代わりに負け戦のしんがりを務め、全軍を撤退させる大功を立てた代わりに敵対する獣氏族の捕虜となる。
 金を惜しんだ無能な王子に見捨てられたイスハルだが、彼の身柄を欲したのは敵の獣将姫ことレオノーラだった。

「これであなたはわたくしのものですのよ、イスハル」

 一方王子は身代金を支払わずに済んだと自画自賛していたが……帰国した彼を待っていたのはイスハル帰国を待ち侘びる王だった。
 そしてたった一人の奴隷によって支えられてきた国家は、次第に崩壊していき……。



最近流行りのもう遅い系を結構面白くした感じの作品。
対応を誤った王家が次第に崩れていく様がなかなかいい感じ。
短編版もあるので、サクッと読みたいならそちらがいいかも。

[ 2020/12/10 21:00 ] 異世界 | TB(0) | CM(0)

水属性の魔法使い

水属性の魔法使い

《書籍化決定!》

「第一部 中央諸国編」完結しました(2020年11月3日)
「第二部 西方諸国編」開始まで、しばらくお待ちください。
(時々SSを投稿しますので、ブックマークはそのままで!)

【秀逸なレビューをいただいております】
【本作を読もうかどうか迷っているあなた!】
【↑のレビュー欄から読んでみてはいかがでしょうか】
【それから決断しても、決して遅くはないと思いますよ?】

剣と魔法の世界に転生することになった、涼の物語です。
水属性の魔法を使い、生き抜いていく王道の物語です。

魔法とは何か? 剣術とは何か?
我々が知っている物理法則との関連性はどうか?

あるいは、政治とは何か? 国家とは何か?
なぜ異世界転生ものは『王国』が多いのか? 共和国ではだめなのか?

そんなことも書かれていく…?

水属性の魔法使いですからね、まず最初は『水素結合』から!


・内政チートものではありません
・ハーレム展開はありません
・理系小説ではありません
・この物語はフィクションです
・この物語はご都合主義です



安全地帯付きの人外魔境で魔法を鍛えながら狩猟ライフ。
不老なのでたっぷりの時間を鍛錬に回して常識知らずの魔法使いが誕生した。

科学と魔法の組み合わせを少しずつ試して着実に強くなっていくのが特徴。
話数も膨大で第一部完結な状態なので区切りもいい。

紹介してもらった作品の一つ。
第一部第二章あたりがかなりきつかったけど、街についたら面白くなってきた。
[ 2020/11/30 21:00 ] 異世界 | TB(0) | CM(1)

【賛美歌13番】もしも悪役令嬢に○○○○○が転生したら【超短編】

【賛美歌13番】もしも悪役令嬢に○○○○○が転生したら【超短編】

“彼”に仕事を依頼する時は、賛美歌13番をラジオでリクエストすればいい。



ゴルゴ13が異世界の公爵令嬢に転生したらという一発ネタ。
特に考える必要はなくゴルゴはすごいなーという感じで読むのが理想。
一番最初は短編ネタであとは蛇足と行った感じ。
[ 2020/11/29 21:00 ] 異世界 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

縛種桃源郷

Author:縛種桃源郷
不定期更新中(゚∀。)y─┛~~
作品紹介と艦これ感想がメイン
相互リンクはお気軽にどうぞ

検索フォーム
記事のランダム表示
(たまに404になるのはご愛嬌)
カテゴリ
リンク