チラシの裏の読書感想文@ネット小説紹介

自分が読んだWEB小説とやる夫スレと艦これの感想とレビューを書いてる場所

SLAYER'S CREED

SLAYER'S CREED

古い時代から、敵対する二つの組織があった。

人々の自由と平和を実現しようとする『アサシン教団』。

自らの統治のもと、平和を実現しようとする『テンプル騎士団』。

七年戦争の裏で起こった、アメリカを中心とした戦いは、『最凶のアサシンハンター』の手によって騎士団の勝利が確定的となった。

任務のためアメリカを離れた『アサシンハンター』の後を継いだ青年は、何の因果か『教団』も『騎士団』も存在しない世界へと転がりこむ。

己の信条と師との誓いのため、『闇に生き、光に奉仕する者』を殺す者から『祈らぬ者』を殺す者へ。


目の前にいる弱き人々を守るために━━。




「だが、デーモンやオーガは勘弁だ」

「ゴブリンだ」

「それなら行こう」


未知の世界を進む青年と、小鬼を殺す青年に、英知の父の導きがあらんことを━━━。



アサシングリードとゴブリンスレイヤーのクロスオーバー。
アサシングリードを知らなかったので回避してたけど、問題なかった。
前半は原作に沿って、後半になってくるとオリジナル系の展開も混じってくる。

ヒロインはイヤーワンに出てくる銀髪武闘家。
ゴブスレさんと同期なので、少しづつ信頼と実績を稼いでいく。
紹介してもらった作品の一つ。さじ加減がいい感じ。

一寸の小鬼にも魂あり

一寸の小鬼にも魂あり

ゴブリン縛りの不運な転生者の話



前世でなにか大罪でも犯したのか、転生先がゴブリン縛りになった主人公。
同胞の浅ましさを横目に死に覚えで技能を習得していく。
やがて笑いながらゴブリンを殺戮する危険なゴブリンが誕生する。

だんだんと狂っていく主人公が見れる。
どうやっても秩序の陣営にはならなそうな邪悪な感じが素敵。

ゴブリンスレイヤー THE ROGUE ONE 

ゴブリンスレイヤー THE ROGUE ONE 

親愛なる母よ


吾輩は呪う。己の生まれ落ちた日を。

吾輩は呪う。この残酷な世界を。

吾輩は呪う。我が醜悪なる魂を。

吾輩は呪う。なによりあなたを愛したことを。



ゴブリンでありながら比較的まともな思考を持ってしまった悲劇。
嘲笑う同胞が憎くて仕方がなく、ゴブリンの悪性の対象が同族に向けられた。
ゴブリンでありながらゴブリンを殺すもの。屍を積み上げいつか天上へと至らん。

ゴブスレさんとのナイスコンビで女神官が振り回されてるのが見てて楽しい。

秩序を犯す者

秩序を犯す者

盤上世界のゴブリンに転生した男が、思考までゴブリン並になってエンジョイする話。



なまじ知恵のあるゴブリンに元人間の悪知恵がついた。
奪って犯して殺して燃やす。ゴブリンであることそのままに好き勝手生きる。
人とゴブリンの種族差を考慮しつつも立ち回っていく。

ゴブスレのダークファンタジーの部分を濃縮したような作品。
続くかどうかわからないけど面白かっった。

女魔術師と解毒剤の水薬

女魔術師と解毒剤の水薬

たった1つの解毒剤。

それで変わる、未来もあった。



女魔術師がダイス判定に成功して解毒剤を購入。
処置が間に合ってなんとか生き延びたその後のお話。
ゴブスレさんに感化して効率のいい無駄のない装備や戦術を学び始める。

ゴブスレさんPTに術者が一人加入したので、本編と冒険の過程がちょこっと変化。
わりかし違和感なく馴染んでるのがいいかんじ。
変わってないところはすっ飛ばしてるので、原作読んでないと描写不足。

ゴブリンスレイヤー~もしも女神官より先に転生オリ主が入ったら~

ゴブリンスレイヤー~もしも女神官より先に転生オリ主が入ったら~

総合的には新米冒険者パーティーがキャーキャー言いながらゴブリン退治する話です。……と思ったら続いたのでゴブリン以外も退治します。

彼ら彼女らには実力が無く、金も経験も無く、何よりあまりに運が無かった。

その悪運が、奇妙な男を呼んだらしい。(ランダムイベント表を見ながらダイスを振って)

原作描写が少ない連中がメインにつき、アンチ、ヘイトタグは念のため。オリキャラ増えるかも、よ!

お楽しみ頂けたら幸いです。



女神官が入る前に斥候がパーティに加入しました。
その影響で判定は成功し彼らは生き延び冒険者生活を続けます。

原作で壊滅した初心者PTのその後を描いた作品。
テンポ良く進んでいくので読んでて楽しい。

女神官逆行

女神官逆行

ゴブリンスレイヤーは、ゴブリンの凶刃に倒れた。
その後を生き、そして死んだ女神官の、二周目のおはなし。

それはそれとして、ゴブリンは駆逐すべきである。
半生をゴブリン駆逐に費やした女神官が彼に出会ったときまで逆行。
経験を活かしてサポートしつつも、同じ時を歩めることを楽しんでいく。

非常に珍しいゴブリンスレイヤーの二次創作。
原作にはないTRPGネタやオリジナルエピソードもあるよ。
原作の空気感も見事に再現。原作が好きならこっちも気にいるはず。
プロフィール

縛種桃源郷

Author:縛種桃源郷
不定期更新中(゚∀。)y─┛~~
作品紹介と艦これ感想がメイン
相互リンクはお気軽にどうぞ

検索フォーム
記事のランダム表示
(たまに404になるのはご愛嬌)
カテゴリ
リンク