FC2ブログ

チラシの裏の読書感想文@ネット小説紹介

自分が読んだWEB小説とやる夫スレと艦これの感想とレビューを書いてる場所

スタービート、跳びます!

スタービート、跳びます!

ウマ娘にハマり競馬にハマった結果いつのまにか馬になっていた。
何を言ってるかわからねぇと思うが(ry


流行りに乗って衝動書きです。
注)個人的な意見としてウマ娘は史実があってこそ魅力が出る派なので、前世馬パートめっちゃ書きます。ウマ娘要素は馬生終わった後なんで多分めっちゃ先です。
注2)作中の主人公(馬)の名前と同じ競走馬が実在しますが、関連性は一切ありません
※書いてる人は受験生です。遅かったり更新が止まったら察してください。



ウマ娘の元ネタのお馬さん時代からきっちり描いていくらしい。
この手のタイプのエター率めちゃくちゃ高いけど頑張って続いてくれると嬉しいな。

メジロマックイーンの甘え方

メジロマックイーンの甘え方
アプリ版ウマ娘のメインストーリー2章クリア後に「何かこのマックイーン、シリウスのトレーナーの膝に乗ってそう」という妄想が止まらなくなり、衝動に任せて書きました。
そのため、メインストーリー2章を見ていることが前提となります。

なお、作者のトレセン学園にはマックイーンは不在のため解釈違いが発生している恐れがあります、ご了承ください。



外堀を埋めつつトレーナーとの距離を縮めていくマックイーンとちょっと鈍感なトレーナーのお話。
アプリのメインストーリーがメインなので、アニメ版とは少し違う感じなのかな。
とにかくむず痒くてニヤニヤできるラブコメものなのでとってもいい感じ。

ロバ娘:ファンディングストライプ

ロバ娘:ファンディングストライプ

この世界にJAPAN WORLD CUPというレースは存在しない。なら作っちまえばいいじゃん。レースを。
二度目の出走が叶わなかったその舞台に再び立つため、そのシマウマ娘はバ場を駆け金を稼ぐ。名を、サバンナストライプ。
――しかしシマウマはウマではなくロバでは?



ノリと勢いだけかと思いきや設定が案外しっかりとしていてびっくり。
憑依の理由もわりかし納得できる感じだし、レース展開もくすっとできてとても良い。


JWCでもネタ枠だったサンコンが鞍上をしてただけあってこいつもネタ臭強いぞ。

目指せ!ハリボテ一等賞!

目指せ!ハリボテ一等賞!

これはとある手作りウマ娘手作りサラブレッドと無名のトレーナーの短い三年間の話である。

クロスオーバー元はCINEMA KEIBA/JAPAN WORLD CUPのハリボテエレジーである。



前世の影響でコーナーを曲がれぬ宿命を背負っているハリボテエレジー。
被り物を工夫するなど工夫して弱点を克服し、強みの直線の速さを活かすのだ。
だんだんとJWCの世界観が侵食してギャグ時空になってるのがいい感じ。

ライスシャワーに魔の手が掛かる

ライスシャワーに魔の手が掛かる

 トレセン学園からほど近い場所にある商店街、その一角にライスシャワーとそのトレーナーは来ていた…



ウマ娘から指名を受けるくらいに凄腕を持つ整体師さん。
彼にコネを持つトレーナーは受け持つウマ娘のために施術を頼む。
効果は抜群だが欠点が一つだけあった。

黄金船の長い旅路 或いは悲劇の先を幸せにしたい少女の頑張り

黄金船の長い旅路 或いは悲劇の先を幸せにしたい少女の頑張り

ゴールドシップはメジロマックイーンの孫である。
没落したメジロ家の血を引くものとして、幾多の成績を上げてきた。
彼女はトレセン学園過去の悲劇を、祖母の悲劇を知る。
その悲劇を変えたい。そんな彼女の祈りは女神に届き、過去へと飛ばされる。

悲劇を乗り越えた先にみんなで幸せになるために、彼女の孤独な努力は続いていく。

アニメ版に近い世界観ですが、各所異なります。
未来人ゴルシちゃん概念もっと流行れ

毎日12時 20時投稿予定



ゴルシが悲劇を変えるために奮闘する逆行物。メインヒロインはマックイーン。
あやふやな部分は神様パワーのおかげだけど、ふとしたきっかけで消えてしまいそうな儚さもある。
こういうシリアスなゴールドシップもありだなって。

転生したら米国二冠ウマ娘だったけどコーチの依頼が無くて極東に行ったら名コーチになって教え子に囲まれてます(仮)

転生したら米国二冠ウマ娘だったけどコーチの依頼が無くて極東に行ったら名コーチになって教え子に囲まれてます(仮)

 競馬初心者でアニメからウマ娘にはまった少女がウマ娘になって追放系する話……基本は一族のウマ娘との交流を史実に沿って描いてく予定。なおアニメよりは史実より世界の模様。



時代に沿って活躍するウマ娘たちが変わっていく作品。
海外ウマ娘もでてくるので名前に多少混乱したけど問題く読めた。
時系列的にアニメ版よりも前だけど、どれくらいで追いつくのかは不明。
プロフィール

縛種桃源郷

Author:縛種桃源郷
不定期更新中(゚∀。)y─┛~~
作品紹介と艦これ感想がメイン
相互リンクはお気軽にどうぞ

検索フォーム
記事のランダム表示
(たまに404になるのはご愛嬌)
カテゴリ
リンク