チラシの裏の読書感想文@ネット小説紹介

自分が読んだWEB小説とやる夫スレと艦これの感想とレビューを書いてる場所

ハリー・ポッターは邪悪に嗤う

ハリー・ポッターは邪悪に嗤う

ハリーの性格改変物です。


ダーズリー一家に預けられて性格が歪んだハリー・ポッター。
やがて絶対に復讐してやると黒い決意を持って計画をねっていたらホグワーツの入学許可書。
敵の惨めな姿に萎えて入学するがそこで彼は新たな敵に出会う。

ところどころで見られるJOJO成分がいいアクセントに。

ハリー・ポッターと賢者の石になったニコラス・フラメル

ハリー・ポッターと賢者の石になったニコラス・フラメル

ニコラス・フラメル「賢者の石を守る最適の方法を教えてやろう。それは――私自身が賢者の石になることだ」

これは狂気的な発想を得たニコラス・フラメルが賢者の石と一体化し、身体の最適化という名のご都合主義によって十一歳の少女(ここ重要)に生まれ変わる話である。

妻ペレネレに見送られながらホグワーツに新入生として入学した彼(あるいは彼女)はハリー・ポッターの闇の帝王打倒パーティにおいて回復役を務めたり、変身術で何でもかんでも純金製にしたり、学生生活を楽しむために全力を尽くす、そんな爺世代の極みの新たな挑戦がここに始まる!


なおダンブルドアの胃は死ぬ。



賢者の石というなんでもありな代物のおかげでだいたいギャグになってるのが楽しい。
コメントで紹介された作品、おもしろかった。

魔法のお城で幸せを

魔法のお城で幸せを

ハーマイオニーには二歳年上の兄がいる。ハッフルパフに所属しており、
成績が優秀で友達も多く、いろいろな人々から好かれている。

前世は日本人で楽しく騒がしく過ごしていたがある日、目を覚ますとイギリス人の2歳児だった。
妹は世界的に有名映画の主要キャラかも?めっちゃ美人になるやん?!いや幼少期から可愛い!!天使!!
明るいがどこか仄暗い魔法世界でシスコン魔法使いはどう過ごす?

独自の展開を進みながら魔法学校の面白そうなところを上手に描いてる作品。
秘密の部屋編で少し変化したかなと思うけど、続編ではもとに戻るのかな。

私は誰でしょう?

私は誰でしょう?

ハリーポッターのある登場人物に憑依した男が、本物になる話。

ハリポタの使えない大人筆頭のロックハートになった主人公。
原作では記憶操作の魔法で功績を奪って書いてたけど、この作品では全て経験したこと。
結果ものすごく得難い経験をしている魔法使いが誕生することに。

親世代の後輩など原作になかった設定もちょこちょこと。
かなり正統派な作品なのでおすすめ。

私の世界は硬く冷たい

私の世界は硬く冷たい

20世紀末、イギリスにそびえ立つ紅魔館に一通の手紙が届いた。
ホグワーツに入学することになった十六夜咲夜(メイド長見習い齢11歳)は愉快な仲間たちとどのような生活を送るのか。

咲夜「え?ここの人って箒使わないと空飛べないの?」

パチュリー「杖がないと魔法すら使えないのよ。」

レミリア「料理も不味いしね。」

美鈴「それは関係ないです。」

紅魔館がまだ幻想郷に来る前のお話。
色んな意味で未熟な従者は自分達と違う魔法族との交流で何を学ぶか。
きっちりと完結した良作。咲夜の時間停止能力も上手く使って、スキッリと終わった。

一番最後に書いてあるあとがきを読むか読まないかは自由。でも台本形式だ。

ハリー・ポッターと病魔の逆さ磔

ハリー・ポッターと病魔の逆さ磔

「お前は、私の為に生かされている。お前の価値なんて、それだけなんだから」

これは、逆十字の血を受け継ぐ少女の物語。
ただ、少女が生きようとする。それだけの物語。

逆十字が好きすぎて、やらかしました。
ハリーポッターシリーズに逆十字系女子を入れただけの小説。

強すぎるセージの血が幾人の人の人生を歪める。
パンドラの箱の最後の災厄は希望。少女にもそれが存在する。
だが、もし、それが目の前で砕かれたら?

色んな意味で逆十字とかするおは2年生から。
ダンブルドアはやっぱり肝心な所を読み間違える。

ダドリー・ダーズリーと世界逆行

ダドリー・ダーズリーと世界逆行

魔法界の英雄、ハリー・ポッター。
彼を従弟に持つ少年、ダドリー・ダーズリーは、
従弟との和解の後警護されて安全な場所へ向かうはずが、闇の陣営の襲撃を受けてしまう。
魔法に対してあまりにも無力なマグルの彼は、
抵抗することもできずに再び吸魂鬼のキスを―――受けたと思い込んだ。

その瀬戸際また救われたとは知る由もなく、分離した魂の一部が世界を越え、時代を逆行する!

ダドリー・ダーズリーが世界逆行して一味違う人生をやり直すお話。

原作で読者のヘイトを稼ぎまくるダーズリー一家。
その息子が過去の赤ん坊時代に逆行したら?
ある程度成長した坊ちゃまが片手間にハリーにかまっていくお話。
プロフィール

縛種桃源郷

Author:縛種桃源郷
不定期更新中(゚∀。)y─┛~~
作品紹介と艦これ感想がメイン
相互リンクはお気軽にどうぞ

検索フォーム
記事のランダム表示
(たまに404になるのはご愛嬌)
カテゴリ
リンク