FC2ブログ

チラシの裏の読書感想文@ネット小説紹介

自分が読んだWEB小説とやる夫スレと艦これの感想とレビューを書いてる場所

源平妖恋譚

源平妖恋譚

時は源平が激しく争う世の中。  
木曽義仲討伐の為に東北に出陣する平知章は、その途中で祭られていた狐の姫に出会う。  
その姫との宴にて平家の勝利を祈祷したが、士気の低い平家の兵達によって、その狐は射殺されてしまう。  
まるでその狐の祟りのように平家軍は倶利伽羅峠にて大敗。  
その敗走に巻き込まれた知章を助けたのは、射殺された狐の姫だった。

大友の姫巫女でおなじみの北部九州在住さんの作品。
姫巫女と比較してネタ成分ゼロ。

シリアスな作品となっております。
[ 2012/05/13 21:00 ] 歴史 | TB(0) | CM(0)

東方史萃譚

東方史萃譚

人から鬼になった男。彼が生きる日本の歴史。

お前は忌み子だ。そう言われて村ぐるみで虐待されてた主人公。
希望であった妹が死んだその時に人としてのタガが外れた。
初めて食べた肉は美味しく、気づけば頭から角が2本生えていた。

日本の歴史をなぞる形で物語は進行。
過去の英雄なども登場。仏教伝来などの妖怪への影響が大きそうな事柄が中心。

人から鬼になった男の物語。
[ 2012/05/12 21:00 ] 二次作品 東方 | TB(0) | CM(0)

もうすぐだね。



楽しみだね。
[ 2012/05/11 22:07 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)

ネギま!~The Cyberslayer~

ネギま!~The Cyberslayer~

千雨魔改造ものの一つ。

千雨が鬼哭街の敵役,劉 豪軍と出会い,内家拳戴天流を学ぶ。
彼の剣技を見た時、素直に思った。綺麗だと。
彼女は剣を取り学ぶ。彼との接点を持ちたいから。彼は孤独だったから。

最初の最初に少しだけクロス要素があるが、後はネギま!だけで進んでいく。
ある程度の剣を修めているが、気も魔法もまったく修めていない。
学んでいるのはあくまで表の剣。その理で人外魔境に抗っていく。

作品の背景がしっかり書かれており、説得力がある。
戦闘がまた素晴らしく、王道ながらも奇抜な面もある。

気も魔力もまったく使えない一般人。
最初は誰でもそう思うだろう、だけど彼女は違う。
剣士長谷川千雨。彼女はその剣でどう生きるか。

[ 2012/05/11 21:00 ] 二次作品 ネギま! | TB(0) | CM(0)

この世界がゲームだと俺だけが知っている

この世界がゲームだと俺だけが知っている

バグ満載のため、ある意味人気のVRゲーム『New Communicate Online』
(通称『猫耳猫オフライン』)をプレイしていた相良操麻は、なんやかんやでゲームの世界に転移させられてしまう。
突然の事態に驚く操麻だが、そこは勝手知ったるゲームの世界。
ゲーム世界の仕様を逆手に取る彼は、いつしか『奇剣使いソーマ』と呼ばれていた。

あらゆる仕様やバグにイベントをフル活用して生きる。
ゲームとリアルの狭間にある世界でゲーム知識をフル活用。

よくここまで考えたというクソゲー要素。
初見殺しは当たり前、補正バグやらBOT殺し。
ゲームではあるが現実でもある。めんどくさいお使いイベントを金の力でスキップする場面も。

ちょっとした勘違い要素もある。自力とテクニックが合っていないから。

[ 2012/05/10 21:00 ] 異世界 | TB(0) | CM(0)

修羅へ捧ぐ激痛の炎

修羅へ捧ぐ激痛の炎

神咒神威神楽の二次創作。ガリア先生の作品。

最近とんと見なくなった原作の隙間を埋める二次創作。
こういう物語もあったかもしれないと思わせてくれる作品。

故に原作やってないと意味不明。
しかしながら、原作をやっていると溢れ出る愛に心躍る。

御門龍明、彼女が主人公。
物語全体の導き手だった彼女に視点を当ている。
本編の合間にこういう事があったんじゃないだろうか。

砕け得ぬ闇と一緒にナニカも復活したようです

砕け得ぬ闇と一緒にナニカも復活したようです

リリカルなのは風に再構成された神咒神威神楽。

夜天の魔導書の防衛プログラム。
本来自我などを持たぬそれに、異物が紛れ込んだ。
ノイズとエラー。バグが生まれたその果てに、最悪の存在が誕生する。

ゲーム版リリカルなのはの設定と神咒神威神楽との奇跡の融合。
波旬の生まれた理由。その後の経緯。その結末。
起承転結をきっちり4話でまとめているのでさくっと読める。

活動、形成、創造、流出。特に創造はスーパー波旬タイム。

プロフィール

縛種桃源郷

Author:縛種桃源郷
不定期更新中(゚∀。)y─┛~~
作品紹介と艦これ感想がメイン
相互リンクはお気軽にどうぞ

検索フォーム
記事のランダム表示
(たまに404になるのはご愛嬌)
カテゴリ
リンク