fc2ブログ

チラシの裏の読書感想文@ネット小説紹介

自分が読んだWEB小説とやる夫スレと艦これの感想とレビューを書いてる場所

これが私のポケモンマスター様600スレまで読破

しかし、第二部終了まで後EX板で6スレ…
後の大きなイベントはリーグ戦を残すまでだけど、やっぱし長い。
MMスレもそうだけど一体どんな投下ペースしてんだ。

立志伝EVOLVEも更新再開したし、うつけの章もクライマックス。
王道スレと恋人ごっこやダンジョン運営記とかやる夫板Ⅱでいい作品いっぱいあるし。
お盆過ぎてからエンジンかかったところが多いなって印象です。

ポケマス読み終わったらホライゾンを読もうと思ってます。
実はⅢ巻から積んでまして、そろそろ崩して行かないと時間が無くなりそうなので。
地味に転勤の気配が出てきてます。地元から離れたくはないんですが…
[ 2012/08/24 06:07 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)

マブラヴ ウロボロスの子共達

マブラヴ ウロボロスの子共達

このお話は異世界から転生してきた兄弟(姉妹も含む)の物語です。
チートだったりナチュラルに頭おかしかったりします。
オリジナルの設定とか、歴史とか、戦術機とか、もう色々と出てきます。

そこには規格外の子供たちが多数いた。
親が戦争で死んだり、捨てられたりした社会的弱者。
ソ連という国の性質上、どうにかしなければ非常にまずい状況だ。

まず主人公の子供たちがNaturalにおかしい。
神童からシリアルキラーまでいろんな種類の子がいます。

その存在が軍にしれ、ある人物に耳に入り、ある命令がくだされた時。
歴史にないハイブ奪還作戦が発令される。
[ 2012/08/23 21:00 ] 二次作品 Muv-Luv | TB(0) | CM(0)

オススメ動画の紹介


敵モンスターを戦わせ、どれが一番強いのかを観戦する動画。
各モンスターごとの調整が非常に緻密で、毎回手に汗握る大乱闘が観られる。


実況者セピアさんによるゼル伝風のタクトの縛り実況サクサク解説動画。
ボスと中ボスのR注目禁止、ハートのかけらなどのコレクトアイテムコンプリート。
以上の縛りをしながらも、丁寧に解説するので既プレイ未プレイ問わずに楽しめる。
他にも、神々のトライフォースや時のオカリナ、ムジュラの仮面も同じ縛りで解説しているおすすめ。


第8回MMD杯に提出された作品とその系譜。
圧倒的な厨二設定とそれに負けないキャラたちの動きが魅力的。
特にMMDドラマフェスティバルに出された作品は圧巻の一言。


一時期ランキングを占拠した幻想入りシリーズの中でも特にクオリティの高い作品。
フタキワのネタではなく、志々雄真が幻想入りして地獄で国盗りを始めようとする作品。
しかし、作者が幻想入りしたために続編は絶望的。

[ 2012/08/23 15:00 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)

錬金術士っ!

錬金術士っ!

メルルのアトリエのトトリ視点の作品。

アーランドに暮らす錬金術士の少女トトリには前世の記憶があった。
錬金術士としては少し役に立つくらいだけど、その影響は実は周りに有ったりして!?
厨二なあの人は斬艦刀を振り回し、幼馴染みの彼は必殺剣の会得にリアルに没頭。お姫様は魔物狩り大好きっ娘に。
メイドはハルバードをブン回す。先生はオバーキルしかしない天然鬼畜ロリへと進化。そして私は錬金術の先生!?
これは原作よりちょっと冒険者寄りなトトリと何か目覚めた仲間達が贈るアールズ併合への物語である。

おてんばを絵に書いたお姫様のメルル。
お供のケイナを連れて森で遊んでいたら、狼の群れに襲われた。
それをさっそうと登場して、不思議な道具でやっつけたのはあこがれの人。
私は運命に出会ったんだ。

一応TS転生だけど、今のところ設定だけ。
基本的にトトリの一人称視点で話は進む。
アトリエらしい雰囲気で、特に起伏なく物語がすすむのが特徴。

物語としては序盤も序盤。
まだ1年経過していない。まだまだこれからの作品。

ボジョレーヌーボーのコピペに関する問題

95年「ここ数年で一番出来が良い」
96年「10年に1度の逸品」
97年「1976年以来の品質」
98年「10年に1度の当たり年」
99年「品質は昨年より良い」
00年「出来は上々で申し分の無い仕上がり」
01年「ここ10年で最高」
02年「過去10年で最高と言われた01年を上回る出来栄え」
03年「100年に1度の出来」「近年にない良い出来」
04年「香りが強く中々の出来栄え」
05年「ここ数年で最高」
06年「昨年同様良い出来栄え」
07年「柔らかく果実味が豊かで上質な味わい」
08年「豊かな果実味と程よい酸味が調和した味」
09年「50年に1度の出来栄え」
10年「2009年と同等の出来」
以上の条件から一番出来のいい年を答えよ。

一体いつなのよ。
[ 2012/08/21 14:10 ] 雑記 | TB(0) | CM(3)

皇国の聖女

皇国の聖女

TS転生モノ。

ロマリア男爵家の娘で鶏の骨の姪。
父親が死んだのを契機にトリスティンへ。
そこで男装したり、一目惚れされる話。

主人公がロマリア出身という珍しい作品。
しかもマザリーニと血縁というから倍プッシュ。
さらに教皇様の使い魔と幼い頃のケンカ友達。

そんなフラグの塊がトリスティンへ行き、一体どうなるのか。

更新がないと思ってたら、更新したので。
早く奇行師の方も書かれないかな。
[ 2012/08/20 21:00 ] 二次作品 ゼロの使い魔 | TB(0) | CM(0)

マヴラブ短篇集

武ちゃんの出身世界はちーとだったようです



これを見てインスピレーションを受けた作品。

マブラヴ 始まらないTE
TEはじめの場面でユウヤを乗せた輸送機が損傷。
それによって遅れに遅れたXFJ計画。
次期主力機をどうするか、暗礁に乗り上げたと思った時に奇跡のOSが。
[ 2012/08/19 21:00 ] 二次作品 Muv-Luv | TB(0) | CM(0)

ログ・ホライズン

ログ・ホライズン

書籍版も出版された橙乃ままれ氏の作品。

 巨大オンラインゲーム〈エルダー・テイル〉をプレイ中の日本人ゲーマー約三万人が、どうやらその世界に召喚されてしまった。
ゲームの世界の常識と中世世界のテクノロジー、魔法と科学、プレイヤーとノンプレイヤー。  
混沌としてすべてが無秩序になりかける世界の中で、内面的引きこもり体質の主人公シロエ(腹ぐろ眼鏡)がサバイバルを開始。  
そこがゲームの世界なのか? 異世界なのか? 謎は深まっても「毎日」は待ってくれない。  
旧友直継、無口な美少女暗殺者のアカツキ、友好ギルドのマリエールやヘンリエッタも加わって「アキバの街」の生活が始まる。  
異世界系冒険日常物語。

あまりに有名すぎて、紹介するのをすっかりと忘れてしまっていた作品。
そのせいで、外伝をさきに紹介してしまった。

本編は大きく別れて3つの物語で構成されている。
異世界転移の大災害を知恵と人脈で何とかする第一章。
この世界で生きる大地人との関わりが主の第二章。
落ち着いてきたからイベントやるべ、な外伝。

一幕の落ち着きは見せている。早く続きが読みたいよ。
[ 2012/08/18 21:00 ] 異世界 | TB(0) | CM(2)

HELLSING一括視聴 第8巻まで

お盆休みを利用して、サマーウォーズとHELLSING第8巻まで一気に見てました。
サマーウォーズは何日か前に書いたので、HELLSINGの感想を書きたいと思います。

大きく分けてミレミアムのロンドン侵攻の前と後で区切れます。
4巻であの有名な少佐の演説シーンがラストに入るので、そこが目安。
前半のアーカート無双と後半の殺し殺されが実に印象的でした。

拘束制御術式の0号開放の死の川は、アーカートの化物具合と不死身っぷりがよく分かる。
あれは津波です。3.11の津波の映像を思い出した。
ウォルターとの対決シーンの非常にいいところで終了。次回に続く。

ああ、早くみたいですね。
[ 2012/08/17 12:16 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)

ヤマトの国の大地人

ヤマトの国の大地人

ログ・ホライズンの二次創作。
エルダー・テイル日本サーバ、通称ヤマト。
あの〈大災害〉以降、3万もの〈冒険者〉を抱えるに至った、混沌の地の一つ。
彼ら〈冒険者〉は時にその圧倒的な戦闘能力で、時にその知恵で、
そして時に〈冒険者〉同士のつながりで奇跡を起こす。

その奇跡は様々な形で世界を変えていく。そしてそれは今もなお、続いている。
しかし、この物語の主役は〈冒険者〉ではない。 この物語の主役は…〈大地人〉
〈大災害〉以降、様々な形で〈冒険者〉達と関わることになった、〈大地人〉たちの物語である。

異世界に投げ出されたプレイヤーたる冒険者。
その世界の元の住人NPCである大地人。
根本的に異なる存在ながら、ともに生きる存在として共存する彼らの物語。

短編連載のオムニバス。
話の内容はあまり関連性はないが、登場人物たちの横のつながるが強い。
ある話の最後にでてきたあの子が、実はあの人の妹だったとか。

ログ・ホライズン本編を読み終えて、読むと楽しさ倍増。
地味にアニメでネタを拾われていたりする。
[ 2012/08/16 21:00 ] 異世界 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

縛種桃源郷

Author:縛種桃源郷
不定期更新中(゚∀。)y─┛~~
作品紹介がメイン
相互リンクはお気軽にどうぞ

検索フォーム
記事のランダム表示
(たまに404になるのはご愛嬌)
カテゴリ
リンク