チラシの裏の読書感想文@ネット小説紹介

自分が読んだWEB小説とやる夫スレと艦これの感想とレビューを書いてる場所

クレイジー・トータル・イクリプス

クレイジー・トータル・イクリプス

大学生の橋本ユウヤはアメリカ人と日本人のハーフで大のロボット好きである。
そんな彼が階段から落ちた拍子に、
時を同じくして階段から転げ落ちた名前が良く似ているマブラヴオルタネイティヴの外伝主人公
『ユウヤ・ブリッジス』に憑依してしまった。
最初のうちは真面目に原作をより良い方向へ導こうと取り組む彼であったが、
何処で間違ったのかおかしな方向へ物語は突き進むことになる。
まあ、こまけえことはいいんだよ!

本編ちょっと前に憑依してしまったユウヤ。
原作のような態度だと計画から排除され最前線に送らるかもしれない。
そんなのはまっぴらごめんだ。

トータル・イクリプスのギャグ物。
ユウヤのハイテンションが好き嫌いを分ける。
これがクリアできれば、おもしろく読めると思う。
更新も安定しているので、安心できる。
[ 2012/11/25 21:00 ] 二次作品 Muv-Luv | TB(0) | CM(0)

大空に啼く

大空に啼く

――もっと高く、もっと遠くへ翔びたい――
一00式司令部偵察脚。それを駆るウィッチは恵まれた資質など無かった。
全てに劣る魔女が、己が全てを以て大空(ソラ)へ舞う。
異形の者との戰場で、敵司令部(ネウロイの巣)を偵察する為に。
そして――なにより、「己が為」に――

ストライクウィッチーズ二次創作。
魔法力も少なく、固有魔法すら無い女オリ主が、ネウロイの巣の威力偵察に向かう為、501に招集されるお話。
無双とも最強とも無縁な、彼女は501で何を見て、何を感じるのか? 
そして――どんな選択をするのか。

一00式司令部偵察脚。これが私のストライカー。
敵司令部への威力偵察。これが私たちの任務。
生き残るために逃げ延びる。たとえ臆病といわれようとも。

主人公とエイラの二人の視点で物語が進む。
結構堅物な主人公とサーニャ第一主義になりかけているエイラ。
他の個性的な魔女たち。彼女たちの物語は始まったばかり。

戦闘では無く偵察。しかもネウロイの巣を目的とした。
高い魔力のウィッチを失うくらいなら、はじめから低いものを当てればいい。
そんなんで主人公は501の中では非常に低い。固有魔法もない。

そんな彼女はこれからどの様にするのだろうか。
始まったばかり。先が読めなくて、すごく楽しみにしている作品。

彷徨えるオトラント公爵伝 ~ある政治的怪物の肖像~

彷徨えるオトラント公爵伝 ~ある政治的怪物の肖像~

『民主的』とは何か?党は知っています。それは、人民による独裁だと。
『平和』とは何か?真理省は知っています。戦争は平和である、と。
『人道的』とは何か?オトラント公爵は知っています。それは、恐怖への配慮だと。
『幸福』とは何か?コンピュータは知っています。市民、あなたは幸福ですか?

以上を踏まえたうえで、本作は完全に人民へ忠実な民主的プロセスに基づき、
平和かつ人道的にインペリウムの人々を幸福にするファンタジーであることをご理解ください。

そういう次第で、オトラント公爵に頑張ってもらいます。
なお、本作は ある意味で、非正統派な異世界召喚もの。 ある意味で、正統派な政治もの。
ある意味で、非正統派な異世界内政もの。

カルロ・ゼンさんの政略謀略もの。
フランス革命時代に常に勝ち組にいたオトラント公爵が主人公。
年老いてもその野心は変わらない。
政略を心躍る謀略を。その願いは悪魔によって聞き入れられた。
重なりあう2つの願い。彼らの出会いは世界にどんな影響を与えるのだろうか。
[ 2012/11/23 21:00 ] 歴史 | TB(0) | CM(0)

魔導変移リリカルプラネット

魔導変移リリカルプラネット

次元世界は滅んだ。
危険視し、回収し封印していたロストロギアが反応しあった結果という自業自得で。
ほんの僅かな時間、ギリギリ生き残った高町なのはは目の前に転がってきた自らの運命を変えたジュエルシードとレリックを利用して願いを込めた。

願いは歪な形で叶い、しかしそれによって生まれた少年は自身の能力で義務を果たす。
高町なのはによって生まれた彼は、彼女の記憶に縛られ促されるまま、しかし反抗しながらも行動する。
彼は時間をさかのぼり、パラドックスは世界の流れを微妙に変えることとなった。
目指すは無上のハッピーエンド。

破滅の回避を願いながら、これまでの出来事を無駄にしたくない。
相反する願いは矛盾を生じさた。そこで彼の自意識が生まれる。
自分の存在意義を果たしながら、でもちょこっとだけ反抗する。
前提を覆す形で、未来を変えた。

主人公が暗躍するタイプの作品。
基本的に舞台装置。表に出ることはあんまりない。
主人公が起こした差異がどの様になっているのかを楽しむ作品。

舞台裏の出演者達

舞台裏の出演者達 

舞台の主役が華々しく活躍する裏側で
歴史を動かしたり動かさなかったりする奴等
そんな奴等を眺めて暇を潰す助けになれば幸いだったり

境界線上のホライゾンの短編集です。続きそうな終わり方でも基本1話完結です。
基本的に原作のネタバレを含むのでアニメのみの方はご注意ください。
「書き手の部屋」というブログとハーメルンでも掲載

本編補完の短編作品群。
最新刊のネタを容赦なく含みながら、原作の過去や脇役たちを掘り下げている。
たまに出てくる原作キャラが良いアクセントになってる。

ホライゾンの作品を探しているのなら、間違い無くおすすめできる作品。

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q 感想

正直に言います。わけがわかりませんでした。
急展開とかQuickとか或いは旧作とか、そんな感じの作品です。
起承転結の転にしては転ばせすぎだろうと…

なんかネタバレかいちゃいそうなんで、少し空白入れて書きます。
一切の事前情報無しがいいという方はそのままパスしてください。
手遅れのような気もしますが…













[ 2012/11/20 18:42 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)

Steins;Madoka (Steins;Gate × まどか☆マギカ)

Steins;Madoka (Steins;Gate × まどか☆マギカ)

投稿SSはsteins;gateと魔法少女まどか☆マギカの二次クロスオーバーです。

SSを書くのは初めてなので、至らぬところも度々出てくるとおもわれますが、皆さまに楽しんで読んでもらえるようがんばります。

当方の作品に目をとおしてくれた方、感想を提示してくれた方々、本当にありがとうございます。

思考 考察 検証 ―――あとがき

当方の作品に目を通してくれた皆さま方に、まずは心からの感謝を




早速本題へ。みなさんは「STEINS;GATE」はご存じとは思われますが、「うみねこの鳴くころに」はご存じでしょうか。

私かっこうはこの二作品に心奪われました。

文章による絶対の真実。にもかかわらず発生する矛盾的状況。これらをただ否定するのではなく。己の中で状況を確認。登場人物の台詞。状況。考え方。でも決して全てをそれに頼ってはいけない。その人物の先入観や、それによる台詞に引っ張られないようにする。なにが絶対の真実で、なにがひっかけなのか。真実の中の向け道等、私はこの二作をとおして読み手の思考、考察、検証することの楽しみ方をしりました。


わかりずらい説明かもしれませんが当方の作品も読み手に自ら作品の矛盾点をみつけてもらいたいです。



皆さんが物語上感じた違和感、矛盾点を、『こう考えたら、あれ、理屈はとおるな』と

皆さまの考えを思考し、考察、検証していきながら当方の作品に目を通してくだされば、うれしいです。


このSSでシュタゲキャラとまどマギキャラをくっつけるつもりはありません!
しかし適度にイチャイチャします!『妄想トリガー』に関しては全力で!
あと微妙にまどかがヤンデレ化しています。
それでもイケルという人はどうぞ!無理という人も読んでくれたら幸いです

このSSは厨二全開です!




そして、いつかこの作品が完結したとき『こういう結果になったか』『自分の考えはこうなったな』『結局矛盾したまま終わりやがった』等の、感想をいただけたらと、日々思いながら投稿していきたいです。
作品冒頭より

昨日から読み始めたばかりの作品。
ループもののクロスだけどこれから一体どうなるのか。
プロフィール

縛種桃源郷

Author:縛種桃源郷
不定期更新中(゚∀。)y─┛~~
作品紹介と艦これ感想がメイン
相互リンクはお気軽にどうぞ

検索フォーム
記事のランダム表示
(たまに404になるのはご愛嬌)
カテゴリ
リンク