FC2ブログ

チラシの裏の読書感想文@ネット小説紹介

自分が読んだWEB小説とやる夫スレと艦これの感想とレビューを書いてる場所

大日本ビスマルク

大日本ビスマルク

箸を手に取り「いただきます」。麺類をずるずると音を立てて食べ、
何故か日本の文化に妙に詳しいビスマルク。それが、この鎮守府のビスマルクである。
日本に馴染みすぎてしまったドイツ戦艦ビスマルクのお話。

週一回の更新ペースらしい。
艦これメシテロ系の作品な気がしてならない。
[ 2014/12/05 21:00 ] 二次作品 艦これ | TB(0) | CM(0)

どうしてこうなっちゃったのかな

どうしてこうなっちゃったのかな

pixivで掲載されているコードギアスの二次作品。
賢帝ルルーシュ物で悪逆皇帝を目指すが、真逆に突っ走るルルーシュが笑える。
脇を固めるジェレミアやスザクも自分はまともだと思いながらもやっぱりずれてる。

扇に対して若干のアンチが入っているが、6になるまで出てこない。
とにかく、天然な皇帝様が面白い作品。
[ 2014/12/05 21:00 ] 二次作品 コードギアス | TB(0) | CM(0)

不老不死の日記帳

不老不死の日記帳

不老不死になった主人公は、自身を殺すための方法を求めて、
錬金術士の住まうアーランドへ向かう。
件の錬金術士に出会ったその夜、
ちょっとした思い付きでこれまでとこれからの出来事を記録した日記帳を書こうと思い立った。

錬金術の無限の可能性が負の方向に発揮されてしまった結果、不老不死に。
自分では自分を殺すだけの手段を用意できない。
それを出来るのは錬金術士だけ。だから、アーランドにやってきた。

ロロナのアトリエ二次作品。
望みのものをロロナが作れるようになるのを助けながら、のんびりアーランドを観光。
アトリエシリーズの作品はなかなか無いので、頑張って欲しい。

今日の艦これ 久しぶりの大型建造

イベントが終わっても資材が余ってたので、久しぶりに大型建造をしてみました。

3500/3500/4000/2000/20 の伊401とあきつ丸が期待できるレシピで25回。

その結果はまるゆ7隻、あきつ丸2隻、阿賀野2隻、三隈1隻。
あとは戦艦とか重巡とかです。なんだろう、この圧倒的なまるゆ率。
イベントのドロップ含めると11隻のまるゆが母港に。育てるのが面倒くさい…

本命の伊401は出なかったですが、大発2つとカ号と連絡機が手に入った事が嬉しいですね。
[ 2014/12/03 23:01 ] 今日の艦これ | TB(0) | CM(0)

ドヴァキンさんが尸魂界に

ドヴァキンさんが尸魂界に

時間が空いた時にチマチマと打ち込んでいたものが
それなりの量になったのでお試しの意味で投稿してみようと思います。


※ 注意と説明 ※
TES5の主人公がBLEACHの世界に行きます。
出血描写、ゴア表現がある作品を元にしておりますのでご注意ください。
「作者の中でのドヴァーキン像」を元に書いておりますので、
「うちのドヴァキンはこんなんじゃない!」という場合もあると思いますがご理解ください。
上記の理由でタグを「オリ主」「半オリ主」と致しました。ご了承ください。

スカイリムとブリーチのクロス物。
スカイリムの主人公は主体性を持たないプレイヤーの分身なので、人によって千差万別。
ドラゴンボーンの力を持った彼女は死神となって、世界にどういう影響をあたえるのか。

無自覚に色々やらかして、周りの評価がすごいことになっている勘違いあり。

私、ワイバーンです。

私、ワイバーンです。

自分自身の事は全て無く、何故か魔獣らしからぬ、思考出来る頭と前世があったらしい知識の記憶だけを持ってワイバーンとして生まれた主人公。
そんなワイバーンがワイバーンとして生きつつも、自分の事を知る為に頑張る話。

基本的に5で割って1余る日、1,6,11,16,21,26,31に投稿します。

野生の獣なので、厳しい自然や種族の掟との戦いの日々。
初めて巣の外にでる時や冬が始まる前に行われる間引き。
それらを乗り越えても試練は終わらない。

転生系の作品には珍しく、主人公の前世や転生した原因などが密接に物語に絡む。
世界の厳しさと闘いながら、自らの過去を探して話は進んでいく。
[ 2014/12/02 21:00 ] 異世界 | TB(0) | CM(0)

響が可愛いと思ったから勢いだけで思わず書いちゃったような艦これ二次

響が可愛いと思ったから勢いだけで思わず書いちゃったような艦これ二次

響は可愛いと思う。
あらすじは最低十文字らしいのでもうちょっと追記。
とある鎮守府に左遷された提督と艦娘の話。

以前に紹介した新人提督が弥生とケッコンカッコカリしたりするまでの話の作者さんの作品。
第六駆逐隊メインで各章に一人づつスポットライトを当てている。
少しだけシリアスよりの作風だが、どことなくふんわり読める。
[ 2014/12/01 21:00 ] 二次作品 艦これ | TB(0) | CM(0)
プロフィール

縛種桃源郷

Author:縛種桃源郷
不定期更新中(゚∀。)y─┛~~
作品紹介と艦これ感想がメイン
相互リンクはお気軽にどうぞ

検索フォーム
記事のランダム表示
(たまに404になるのはご愛嬌)
カテゴリ
リンク