チラシの裏の読書感想文@ネット小説紹介

自分が読んだWEB小説とやる夫スレと艦これの感想とレビューを書いてる場所

黒髪の狂戦士さん曰く

黒髪の狂戦士さん曰く

冒険者クルス・ソーヤーは冒険者歴5年の肉体年齢16歳。
本当は栗栖宗谷なんだけど、そんなの誰も気にしないし自分もこの名前に慣れちゃった。
冒険者としてのキャリアも積み重ね、一端を名乗れるようにはなった。
そんな彼には数年前からとある不満があった。

なんで私、周りから狂戦士的な扱い受けてるの……?

明らかに呪われている装備と共に頑張る見かけのみ女騎士さんの冒険の日々を徒然と書くだけの話。

肉体スペックはいいものの倫理観のせいで生き物を殺せない。
初めて覚えた魔法は狂化。これで理性を麻痺させ、装備品の力で圧倒する。
戦闘方法は肉を切らせて骨を断つ。どうあがいてもグロい。

迷宮攻略を主とする冒険者物。
呪いの装備のせいで危機に陥るたびにすこ~しずつ女体化していくぞ。
[ 2016/04/30 21:00 ] 異世界 | TB(0) | CM(0)

やる夫は世界一のキャッチャーを目指すようです 他

やる夫は世界一のキャッチャーを目指すようです
闇薙短編集の一作。ダイスの出目で試合運びを決めるタイプの安価スレ。
小学生にしてすでに風格すら漂うキャッチャーのやる夫が主人公。
4番を打つために生まれてきたような男の野球人生。

【あんこ・安価】ちょっとおかしい宇宙世紀で生存戦略【R18】
http://yaruoshelter.com/test/read.cgi/yaruo001/1460856260/
表面上は宇宙世紀だけど、ところどころにアナザー要素が潜んでいるのが特徴。
流派東方不敗継承者なやる夫が主人公な時点でどうあがいてもギャグ。
あんこスレ故にダイスの出目しだいでとんでもない方向に物語は向かう。
[ 2016/04/29 21:00 ] やる夫作品 紹介 最新 | TB(0) | CM(0)

「あなたの人生、ロードしますか?」「はい/いいえ」

「あなたの人生、ロードしますか?」「はい/いいえ」

ゲームをやったことある人間なら誰しも一度は考える事。
「人生も、セーブ&ロード出来たらいいのにな」
これはそんな夢を叶えた少年の物語。ただし異世界で、ですが。

セーブは毎朝強制で、ロード回数も制限ありな半端能力。
これを生かせる場所を考えて、少年が辿り着いたのがダンジョンだった。
滅多に出ない宝箱が出るまでひたすらやり直しを続けた結果、少年は人の数十倍の体験をこなすことになってしまう。
尋常じゃない弓の腕を身につけた少年のハーレム冒険譚です。

第一章で仲間を、第二小前半でハーレムPTを、後半で妬まれ疎まれの査問会へ。
その困難を能力を利用したトライ・アンド・エラーで乗り越えていく。
かなり際どいシーンがあるのも特徴。ついにはノクターンに番外までできた。
[ 2016/04/28 21:00 ] 異世界 | TB(0) | CM(0)

迷い人

迷い人

―――ありきたりな普通の人生を送っていたのに、目が覚めたらポケモンの世界でした―――
現実世界からポケモン世界へと迷い込んだ男のお話。
色々と現実問題を入れたせいなのか最初っから主人公、性格悪いですのでご注意を。

赤・緑時代のカントー地方を舞台にロケット団所属の主人公が暗躍。
バトル関連はポケスペ。つまりは人間へのダイレクトアタックあり。
サカキやレッドなど腕のたつトレーナーとバトルしたりする話。

少年に若返って異世界トリップ。戸籍もお金もないないづくし。
そんな中で自分を受け入れてくれたのはロケット団だった。
カントー・ジョウト地方のポケモンのみで構成されたPTは珍しい。
[ 2016/04/27 21:00 ] 二次作品 ポケモン | TB(0) | CM(0)

この歴史・架空戦記系小説がおすすめ 

提督たちの憂鬱
転生者達の利害調整組織”夢幻会”の影響により変わる歴史。
史実を参考に最悪を避けるべく行動していたが、自体は最悪よりもなお悪い状況へ。
支援wikiにて多数の短編や二次作品が掲載されているのも特徴。
戦後夢幻会日本大陸銀河憂鬱伝説など非常に面白い作品も揃っている。

平行世界の住人たち
架空戦記の大御所サイト「太陽帝国」で隔週連載されている架空戦記作品群。
信長が生き延び日本が外に打って出た ジパング大航海時代
太平洋にそこそこ大きな島があって、その文明を中心とした世界史、竜宮年代記
幕末のドサクサで暗殺された人々がもし生きのこっていたら、遙かなる坂の上
なしえてしまった88艦隊。空母その他にしわ寄せが行った世界の◆IJN88◆ 八八艦隊の栄光
その他にも様々な作品があるので、読んでいると時間が足りない。

戦国リーゼント
お馬鹿な暴走族達が愛車と一緒に戦国時代にタイムトリップ。
持ってきた地図などが諸大名に影響を与えつつも、本人たちはあまりよくわかっていなかった。
信長と意気投合しマブダチに。気のいいバカが繰り広げるドタバタ戦国コメディ。
凄まじい勢いで完結した作品。外伝でとうとう海外に打って出た。完結済み。

陶都物語~赤き炎の中に~
取引先からムチャぶりされてばかりの零細企業の社長が過労で倒れた。
覚醒すれば時代は幕末、自分は地元の子供に。
将来は衰退必死にな地元の焼き物を最高級品にするべく行動を開始する。
幕末という一種の乱世を駆け上がる立身出世物。

天地燃ゆ
オリジナル主人公の太閤立志伝。柴田勝家に仕官し戦国動乱をどう駆け抜けるのか。
戦国時代の立身出世物のお手本のような作品。
主人公の決断までに膨大なテキスト量があり、決断次第で完結編と史実編に別れる。
戦国時代らしく主人公や主要人物の名前が変わったりするのが難点か。完結済み。

腕白関白
もはや説明不要のこのジャンルの金字塔。
軽い文体と毎日更新という更新速で多くのファンを獲得し、歴史作品ブームを創りだした。
書籍化までされ、Arcadiaと小説家になろうの2パターンがある。
個人的にはArcadiaに投稿されている原点の方が好きかな。

修羅の国のブラック戦国大名一門にチート転生したけど、周りが詰み過ぎてて史実どおりに討ち死にすらできないかもしれない
ヒロインの経歴が遊女だったり歩き巫女だったりとなろうではかなり異色。
九州はもちろん、畿内の摩訶不思議すぎる政情を膨大な資料から教えてくれる。
謀神毛利元就の存在感や覇王織田信長のラスボス感はすさまじい。
大友の姫巫女の北部九州在住さんの作品。姫巫女の続きも楽しみにしています。

作州浪人
軽く読めてくすっと笑える勢い有り余る歴史物。
関ヶ原直後という時代特有の雰囲気を上手に活かしたのが特徴。
序盤は個人武勇の無双、中盤は浪人まとめてヒャッハー、終盤は部隊指揮に内政。
剣豪武蔵の活躍はあくまで序盤のみ。戦が大きくなっていくに連れて武将として活躍する。

草太の立志伝
育児放棄の末で坊さんの世話になっていたが流されて戦国時代へ。
流されながらも己の信念を自覚し立志を叶えようとする少年の戦国絵巻。
大河ドラマのようなどっしりとした感じで進むのが特徴。
合戦よりは政治や外交と言った方面が話の主。

杜人記-ゆるゆる土着神-
遥か過去に転移し大往生した主人公は祖霊崇拝を経て土着神に。
大和王朝との関係や神々との交流を主に描いた作品。
それが後世にどのように伝わっているのかという外伝も魅力の一つ。
本編は完結しているが後日談が更新停止中。

聖将記 ~戦極姫~
クソゲオブザイヤー3冠を達成した戦極姫の二次創作。
だけど、もうオリジナル扱いでいいよね。
凄まじい文章力とテキスト量による圧倒的な完成度が最大の魅力。
第三部連載中だがもう半年近く更新がないのが残念極まりない。

[ 2016/04/27 20:17 ] この作品がおすすめ | TB(0) | CM(4)

このすば*ELONA

このすば*ELONA

あなたはノースティリスの冒険者だ

elonaのプレイヤーキャラクターである”あなた”がアクセルの街に降り立った。
手段を尽くしても帰れそうにないので、ここで冒険者としてやっていくことに。
極貧リッチーの手を借りながら時に常識はずれのことをしでかしながら生活していく。

想像以上に両者の親和性が高いことに驚いた。
二人称で淡々と語られる物語はこれ以上ないくらいに作風と合ってる。
このすばのキャラも濃ゆいけど、”あなた”も負けず劣らずに濃い。

生産を嗜む私は今日もお店へポーションを売りに行く

生産を嗜む私は今日もお店へポーションを売りに行く

生産職である主人公は今日も作成したポーションをプレイヤーに販売するのではなく、
NPCのお店にうりにいくのであった。良くあるVRMMOのお話です。
すさまじく見切り発車なので今後どうなるか…激しく思いつきで書いておりますので不定期になる予定です。
生産系で主人公すごい!的な流れになる予定。

もふもふ好きな女子高生は遊んでいたゲームが終わって落ち込んでいた。
しかしそのゲームの運営から新しいゲームの招待状が。
選んだ種族は狐の獣人。生産職向けのステとセルフもふもふができることが決め手に。

始まったばかりだが日刊で上位に入っている期待の新作。
主人公のキャラが可愛いのと各サポートAIが魅力的。
一日一話の投稿ペースなので、もう少ししたら読み頃な話数に。
[ 2016/04/25 21:00 ] VRMMO | TB(0) | CM(0)
プロフィール

縛種桃源郷

Author:縛種桃源郷
不定期更新中(゚∀。)y─┛~~
作品紹介と艦これ感想がメイン
相互リンクはお気軽にどうぞ

検索フォーム
記事のランダム表示
(たまに404になるのはご愛嬌)
カテゴリ
リンク