チラシの裏の読書感想文@ネット小説紹介

自分が読んだWEB小説とやる夫スレと艦これの感想とレビューを書いてる場所

ゴーレムビルダー・ジュンヤの異世界商業記

ゴーレムビルダー・ジュンヤの異世界商業記

現代日本から異世界に転移した嶋乃ジュンヤは、街道で行き倒れていた所をゴーレム職人のユーヴェンス老人に救われた。
彼の元で一流の機械人形(マシンゴーレム)職人の修行を受けたジュンヤは、ユーヴェンス老人の後継者として生きていく事となった。
冒険者不足と言われる迷宮都市ノースクローネでゴーレム屋として一旗揚げようと店を開くジュンヤ。少し生意気な美少女社員リティッタと共に一癖も二癖もある冒険者たちのオーダーを受けながら次々と画期的なゴーレムを作る生産系異世界ファンタジー。



一気に5つのダンジョンが見つかって冒険者不足になった街に出来たゴーレム屋さん。
画期的な新技術を武器に冒険者たちの需要に答えます。

いかにもなゴーレムではなくて機械人形と言った感じなのが好み。
だいたい前後編の2話完結。前篇で仕事を受けて後編で商品を渡す。
ゴーレムの絵も掲載されてるのでどんな形状なのかもよく分かる。

主人公がほとんどダンジョンに潜らずにゴーレム制作してるのがいい感じ。
[ 2018/02/21 21:00 ] 異世界 | TB(0) | CM(0)

鎮守府島の喫茶店

鎮守府島の喫茶店

艦これ×料理物ですが、主人公(店主)は一般人です。鳳翔さんやその他艦娘、提督ではありません

基本ほのぼの日常系。艦娘轟沈・鬱展開はありません

独自解釈・設定有

艦娘の性格はゲーム中のセリフなどから素直に感じたままですが、アンソロ本やその他二次創作から影響を受けている場合もございます『俺の嫁艦はこんなんじゃねぇ!』等あるかもしれませんがご了承ください

主人公は一般人のため、軍事、艦娘に関する勘違い・無知等あります
本筋は主人公(店主)の一人称なので、料理シーンが多めです。目指せ飯テロ小説
こんな感じですが、皆さまの暇つぶしにでもなれれば幸いです

ストックがあるうちは、毎日23時に予約投稿します。無くなったら活動報告にてお知らせ後、お休みをもらうかもしれません



艦むすと民間人との交流のテストケース。
その舞台として選ばれた離島が舞台でその住人だった主人公。
和洋中の店で修行し、故郷で喫茶店をすることに。

艦むすたちと交流しながらちょいちょい料理系の小ネタを出してくる。
[ 2018/02/20 21:00 ] 二次作品 艦これ | TB(0) | CM(0)

今日の艦これ 翼なき空母の囮艦隊にあらず

大淀の作戦要項が地味にかっこいい。
マップそのものはギミック開放も含めてさほど難しくはなかったけど。

とにかく瑞鶴を始めとした決戦ボイスが素敵すぎる。
決戦グラも気合入ってるし、残る前段作戦はE4のみ。難所らしいけど。

本当に気合入ってると思う。
これ、最終マップが坊ノ岬で終わりっていうのもありそう。
[ 2018/02/20 18:27 ] 今日の艦これ | TB(0) | CM(0)

聖槍の照らす地平に、闇は無く

聖槍の照らす地平に、闇は無く

一誠「ま だ だ ッ ! !」



幼い時に空の彼方に封印されている邪悪の息吹を感じた一誠。
人類を虐げる異形たち、弱者を虐殺する同胞、何より終焉の獣の封印は緩み現界は確実。
すでに聖書の神格はなく、他神話の神は対応しないだろう。
俺がやらねば誰がやる。決めたからには貫き通せ。

light作品のシルヴァリオシリーズとか正田卿の成分マシマシな作品。
総統閣下とかアマッカスとかそういう要素がごった煮でキャラにインストール。
好き嫌いが別れると思うのが、好きな人にはおすすめ。

ベガ大王ですが、何か?

ベガ大王ですが、何か?

転生したら、若い頃のベガ大王だった。
おいっ、このままじゃ、俺はデューク・フリードに星ごと潰され、ベガ星の人民もスカルムーンで全滅だ。
何とか、何とかこの事態を回避せにゃならん。

これはベガ星連合軍を立ち上げ、宇宙を平和へと導く稀代の帝王、ベガ大王の一代記である。

まだ、ベガ大王にはなってないベガ王子時代から話はスタートです。
ベガ自体は見た目は男の娘です。容姿は『ギア戦士…』はて、何の話かな(笑)。
あと、更新は恐らく不定期になります(でも、今の所は二日に一度のペースです)。



珍しすぎるグレンダイザーの二次作品。
原作の過去編として原案からも設定を持ってきているのも特徴。
内容は内政系のお約束だが、原作が珍しすぎていっそ目新しい。

グレンダイザーとかスパロボ64くらいでしか見たことねえや。

ゴブリンスレイヤーがアニメ化決定!!おめでとうございます!!!




制作会社がホワイトフォックスだから、うたわれ、ごちうさ、リゼロ、ヨルムンガルドの作品の会社。
読んでた作品が書籍化したりアニメ化したりは多いけど、ここまで身近な作品がそうなるのは初めて。

とにかく、おめでとうございます
[ 2018/02/18 17:10 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)

クルーシュチャの肉屋

クルーシュチャの肉屋

「いらっしゃいませ。ようこそクルーシュチャの肉屋へ!」

――アダマンタイト級冒険者“漆黒”のモモンとナーベは、ある日寂れた田舎町でそう掲げられた看板の肉屋を見つけた。
カウンターにはぽつねんと、エプロンを着けた少女が一人佇んでいる。漆黒の英雄は彼女に訊ねた。
「看板にある、あの小さな文字を書いた人はどなたかな?」
肉屋の看板には、異世界の文字と日本語の二つの言語が書かれていたのだった……。

肉屋の少女クルーシュチャから渡された、ナイアルラトホテプを名乗るプレイヤーの不気味な遺言とは――?

※この作品は書籍十二巻までの情報をもとに作成しております。
※この作品は2018/1末で感想返しを終了します。



オーバーロードとCthulhu神話のクロスオーバーの短編。
神話側の名前とかが出てくるのでむしろ知識がない方が楽しめるかもしれない。
ほんのりホラーチックな雰囲気漂うのがいい感じ。
プロフィール

縛種桃源郷

Author:縛種桃源郷
不定期更新中(゚∀。)y─┛~~
作品紹介と艦これ感想がメイン
相互リンクはお気軽にどうぞ

検索フォーム
記事のランダム表示
(たまに404になるのはご愛嬌)
カテゴリ
リンク