チラシの裏の読書感想文@ネット小説紹介

自分が読んだWEB小説とやる夫スレと艦これの感想とレビューを書いてる場所

今日の艦これ ヨーロッパ旅行中

E4まではなんとか攻略。あとはトリプルゲージというE5を残すのみ。
おそらくあと10日ほどの猶予はあると思うので、難易度乙あたりで挑戦してみようかなと。

甲でも出撃できるだけの備蓄と戦力はあるものの、多分時間が足りない。
ゴトランドも攻略中に出ることを祈って、出なかったらなんとしても出す。
[ 2018/09/24 19:59 ] 今日の艦これ | TB(0) | CM(0)

双頭の骸、虚圏に立つ

双頭の骸、虚圏に立つ

生まれ変わったら、イカでした。

魔改造されたオストガロアが殺伐とした虚圏に放り込まれる話。

身体はイカ、頭脳は残念系女子。
好き勝手していたら骸骨に目をつけられ、ムチムチボディの褐色お姉さんとマヴダチになり、
マッドなサイエンティストが悪友で、知らない死神とホイホイ契約して破面になる。

え?死神と戦えって?ヤダ、めんどくさい。



圧倒的な力を持つけどコミカルな性格を持つ主人公にイケメンメガネが振り回される話。
蹂躙する場面もあるけど大体はコメディチック。
[ 2018/09/23 21:00 ] 二次作品 BLEACH | TB(0) | CM(0)

ギフテッド 〜 一条の光 〜

ギフテッド 〜 一条の光 〜

戦国時代に嫡子として生まれた万千代。細川家が畿内を制していて、長曾我部の領地は少ない。
家名は一条となると、もしかして兼定?……背筋が寒くなる。
こっちは不安で仕方ないのに周囲からの眼差しが熱い気がする。
なんとか周辺大名に滅ぼされないよう奮闘します。



四国の公家大名という珍しい土佐一条家に生まれた主人公。
裏切られないために一族の信奉者を作ろうとアレヤコレヤと動き出す。

たまに部下とか陰陽氏とかの視点になって主人公の評価とかが入る。
風水とかの視点で主人公がいかにとんでもないかとかを語ってくれる。
[ 2018/09/22 21:00 ] 歴史 | TB(0) | CM(0)

異世界転生ダンジョンマスターとはぐれモノ探索者たちの憂鬱~この世界、脳筋な奴が多すぎる~

異世界転生ダンジョンマスターとはぐれモノ探索者たちの憂鬱~この世界、脳筋な奴が多すぎる~

 【講談社レジェンドノベルスさんより書籍化が決定しました】

 これは――『シンカ』と『シンイ』を巡る幻想譚(ものがたり)。

 俺こと、荒谷 逢由武(あらたに あゆむ)は死んだ直後に、異世界の使者からダンジョンマスターにスカウトされる。
 元々RPGの仕掛けダンジョンや謎解きダンジョンが好きな俺は、面白そうだからと引き受けてみたものの、この世界の住人――謎解きの「な」の字も理解できてないっぽい。

 なんで、ヒントの文章をらくがき扱いしてるの?
 なんであからさまに怪しいスイッチを無警戒に踏むの!?

 頭を抱える俺の元に現れた一組の探索者たち。
 他の探索者からは臆病者と馬鹿にされてきた彼らこそが、俺の求める基準を満たした連中だった!

 これはノリノリで仕掛けを作る俺と、それに応えるだけの実力ある探索者チームの戦いの記録――である………………と同時に、認めたくはないけれど、脳筋ばかりのこの世界の連中の調教記録でもあったりする。

 ※基本的に不定期連載となります。更新は23時を予定しています。
 ※R-15や残酷描写タグは、念の為です。
 ※タイトルのなんか良いカンジの略称を募集中でしたが「ダンはぐ」でいいやとなりました



脳筋な怠惰な異世界の人間を次のステップに導くべくダンジョンマスターになった主人公。
ローグライクシリーズやRPGの謎解き要素たっぷりなダンジョンで頭を使って攻略を促す。
楽しそうにダンジョンを作る主人公とそれを解いていく冒険者とで交互に物語は展開。

ダンジョンマスターと冒険者との距離感がなかなかにいい感じ。
書籍化した作品だけあって面白かった。
[ 2018/09/21 00:00 ] 異世界 | TB(0) | CM(1)

提督落ちたから自力で鎮守府作る。

提督落ちたから自力で鎮守府作る。

艦これのアカウント登録数=提督適正者数。
でも鎮守府の数は20くらい。
当然、提督になれるのは超優秀な極一部だけ。

提督になれなかった青年が、おっぱいの大きい艦娘といちゃこらすべく自力で鎮守府を作っちゃう系のお話。

勘違い要素もあるよ。



忘れ去られて廃墟になった基地を妖精さんの力を借りて復興していく話。
どこまで突き抜けた設備になるのかとても楽しみ。
[ 2018/09/20 21:00 ] 二次作品 艦これ | TB(0) | CM(1)

岩な神様

岩な神様

ご注意※作者アマラが、気の向いたときに気の向いたように投降する息抜き作品の一つです。 更新頻度は凄く低いと思います。

ヒトがすむようになった土地に、大きな岩が有った。
守り神として祭られた岩は、何時しか土地神となっていく。
その岩の、記憶の一部。



歴史だけど結構ファンタジーな感じが漂うのが特徴的。
神様と人間たちとの暖かなほのぼのとした日常を描く作品。
[ 2018/09/19 21:00 ] 歴史 | TB(0) | CM(0)

ベル・ザ・グレート・バーバリアン

ベル・ザ・グレート・バーバリアン

文明社会から隔絶された辺境の地キンメリアで、その野生児は生まれたと言われている。
もっとも、実際の所、彼の詳細な出身や両親については、未だに謎が多い。
だが、一つだけ言えることがある。
それはこの蛮族の若者ほど優れた戦士は、古今東西、どこを探しても見当たらないということだ。
幾多もの苦難と闘争を、その野蛮なる勇気と鬼神の如き膂力で乗り越え、ついには強大な帝国を築き上げた偉大なる皇帝よ。
その剣の前では、いかなる者も立ちはだかること適わぬ大いなる戦士よ。
その者の名は英雄ベル、またの名を蛮人ベルという。
さあ、今こそ語ろうではないか。
この蛮勇を誇りし若き戦士ベルと、女神ヘスティアの勇壮なる物語を。
原作ダンまち、Tribute to Conan the Barbarian

OPテーマ Black Sabbath I



誇り高い蛮族の戦士のベルがダンジョンを舞台に大暴れ。
その猛あり方が他の多くの戦士たちを魅了していく。
アッズワースとか狂えるオークが好きな人は気にいると思う。
プロフィール

縛種桃源郷

Author:縛種桃源郷
不定期更新中(゚∀。)y─┛~~
作品紹介と艦これ感想がメイン
相互リンクはお気軽にどうぞ

検索フォーム
記事のランダム表示
(たまに404になるのはご愛嬌)
カテゴリ
リンク