チラシの裏の読書感想文@ネット小説紹介

自分が読んだWEB小説とやる夫スレと艦これの感想とレビューを書いてる場所

我らが帝国に栄光を!

我らが帝国に栄光を!

身も蓋もないあらすじ

帝政ドイツを強大化させ、黄金時代を築き上げた実績がある2人が、転生して帝国にやってきた。
領土も人口もドイツより凄いけれど、外交的に詰んでいる。

やるしかない――

なろうで完結させた貴族になったが、未来がヤバかったとのクロスです。



ドイツを一回救った主人公が外交的に積んでる帝国をなんとかすべく走り回る。
2回めの経験をもとに3回めをしてるのでびっくりするくらいにうまくいく。

たまにターニャ視点でどれくらいイかれてるかが語られる。

貧乏貴族ノードの冒険譚

貧乏貴族ノードの冒険譚

とある騎士家に生まれたノードは、子沢山過ぎる家族を養うために貴族としての人生を捨てて冒険者への道を選ぶ。

稼いでも、稼いでも、稼いでも足りない。

際限なく必要になるお金をノードは稼ぎ続ける(予定)。



姉と妹の結婚持参金と幼い兄弟たちの食費に自分の生活費。
様々な要因で必要になるお金を冒険者家業でなんとかして稼げ。
たまに転がり込んでくる実家絡みのクエストがなんとも世知辛い。
文章がすこし説明くさいのが少し残念。
[ 2019/11/22 21:00 ] 異世界 | TB(0) | CM(0)

今日から俺が対魔忍! 他

今日から俺が対魔忍!
KUMOさんの対魔忍あんこ作品。
続くかどうかは不明だけど、内容は王道の二次作品。
ダイスさばきが上手なので読んでて楽しい。

やるオークのハーレム物語
オークに転生したけど人間の美的感覚が続いたので結婚できないやる夫。
オーク繁栄のために異種族との政略結婚をすることになり、嫁さんゲット。
完結してる作品だけど最後のオチが予想外。
[ 2019/11/20 21:00 ] やる夫作品 紹介 最新 | TB(0) | CM(0)

鬼は嘲笑う、鬼が嘲笑う

鬼は嘲笑う、鬼が嘲笑う

鬼は嘲笑う、この世界に生まれた事を。
鬼は嘲笑う、人から鬼へとなろうとした愚か者達を。
鬼は嘲笑う、人の身で鬼へと立ち向かう者達を。

※転生TS鬼痴女とか業深くない?



鬼滅の刃にFGOの酒呑童子の姿でログインしました。
だいたいそのままで無残様とは消極的敵対関係。
隊員にちょっかいかけたり、下弦の鬼をもらったり好き放題。

鎮守府が、異世界に召喚されました。これより、部隊を展開させます。

鎮守府が、異世界に召喚されました。これより、部隊を展開させます。

滅亡の危機にある世界を救うべく、神々は召喚術を施行する。
しかし、神々の力不足のため、国1つを召喚することはできなかった。結果、術によって召喚されたのは、国1つ…ではなく、その一部分でしかない「鎮守府」…いや、「泊地」に過ぎなかった!

とある世界線の地球。人類の対深海棲艦反攻の拠点の1つ、「タウイタウイ泊地」は、ある日突然、異世界に転移してしまう。
魔法や竜があったり、国家間での技術格差がすさまじかったり、これまでの世界常識が通用しないこの世界で、若き司令官とその配下の艦娘たち、そして妖精たちはどう生き抜くのか…


〈注意〉
本作は、「日本国召喚」をベースとして、それに「艦隊これくしょん」をクロスさせた上に、他の作品のネタが多数絡められています。もっというと、「日本国召喚」と拙作「とある提督の追憶」のクロスオーバーです。そのため、作中で唐突にあるアニメでの発言が出たり、とある映画の1シーンのオマージュが出てきたりします。
そんなごった煮でも大丈夫、って方は、ゆっくり読んでいってください。
また作者は軍事や外交にはあまり明るくないので、間違いが多々あるかもしれませんが、気付いた時は感想欄にでもご指摘くださいませ。直せる限り、直させていただきます。
また、拙作は「旭日旗」や「天皇陛下万歳」、「日本万歳」といった要素がガンガン出てきます。お読みいただく前にあらかじめご了承願います。



日本国召喚と艦これ二次のとある提督の追憶のクロスオーバー。
元ネタ読んでなくても読める。というか元ネタが一年以上更新が止まってる。

鬼滅の金庫番

鬼滅の金庫番

 「鬼滅の刃」と似た世界に生まれた裏金銀治郎。
 鬼殺……改め、鬼滅隊の金庫番とし、組織運営を密かに支える仕事人であった。襲いかかる資金難に立ち向かう。

 知っているか……鬼は、人間をたべるというが――人間だって、鬼を食い物にする。

 人類が何千年も栄えている力をみせてやる!!



人が鬼を食ったときの効果。それは人が夢見た若返り。
政府非公認で世に知られていないことを利用して後ろ暗い連中相手に商売開始。
とにかく鬼に対して悪辣なのが笑えてくる。そのうち狩り尽くすんじゃ。

久しぶりにポケモン新作で遊んでる

サンムーンとウルトラをすっ飛ばしてたので、かなり久しぶりになる本編をプレイ中。
いろいろと変更になってるけど快適に遊べてる。

今までのシリーズで一番ジム戦が楽しい。
ここまでストーリーの主になったジムバトルって無いんじゃないかな。
ポケモンバトルそのものがエンターテイメントになってるだけはある。

ワイルドエリアは思ったより狭い。
同じ種類のポケモンがアホみたいに群がってくるのはどうかと思う。
ランダムエンカウントが分かりづらいから、ほしいポケモン探すのに一苦労。

細かいUIとかシステムに改修が入ってすごく遊びやすくなってる。
GOから戻った自分でも楽しく遊べてるのはすごい。
[ 2019/11/16 20:44 ] ゲームの感想 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

縛種桃源郷

Author:縛種桃源郷
不定期更新中(゚∀。)y─┛~~
作品紹介と艦これ感想がメイン
相互リンクはお気軽にどうぞ

検索フォーム
記事のランダム表示
(たまに404になるのはご愛嬌)
カテゴリ
リンク