FC2ブログ

チラシの裏の読書感想文@ネット小説紹介

自分が読んだWEB小説とやる夫スレと艦これの感想とレビューを書いてる場所

一色左京大夫の弟

一色左京大夫の弟

日本史うろ覚えのただのリーマンが、目覚めたらなぜか美濃一色家の次男になっていた。
親父の死で兄とふたり、
リーマン時代に培った空気読みと筋読みだけで必死に生きようともがくが、
歴史はうろ覚えの史実とはだいぶかけ離れていて…?

一番の決定的な違いは桶狭間の戦いの結果。
織田信長の戦死、未来を知るという位は完全に消え去った。
混迷する状況、迫り来る戦の音。彼は戦うことを強いられる。

歴史のIF物。
第六天魔王の死亡という大きな分岐点。
大きすぎる波はすべてを翻弄し、大きなうねりになる。

空気を読み組織の潤滑油であろうとした主人公。
その結果が評価され、着実に出生していく。
若干の読みづらさがあるものの、面白い作品。
関連記事
[ 2013/06/21 21:00 ] 歴史 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

縛種桃源郷

Author:縛種桃源郷
不定期更新中(゚∀。)y─┛~~
作品紹介と艦これ感想がメイン
相互リンクはお気軽にどうぞ

検索フォーム
記事のランダム表示
(たまに404になるのはご愛嬌)
カテゴリ
リンク