チラシの裏の読書感想文@ネット小説紹介

自分が読んだWEB小説とやる夫スレと艦これの感想とレビューを書いてる場所

とある木原の肉体変化

とある木原の肉体変化

東京西部の未開拓地を切り開いて作られた『学園都市』。
外周は高い壁で覆われており、面積は東京都の三分の一ほどである。
人口二三〇万人の八割は学生で、いわば学生のためにあるような都市である。
さらに、ありとあらゆる科学技術を研究し、学問の最高峰とされるこの街、
高い科学力を利用して学生を対象に『開発』する超能力者養成機関でもあった。

その学園都市の研究者でも一部では有名な一族がある。
名は『木原』、そのほとんどが研究者であり、実験に対して一切のブレーキを掛けず、
実験体の限界を無視して壊すことを信条としている。

木原の本質は「科学の悪用」という概念が具現化したようなものであり、
幼少から教育を受けていなくても、
どれだけ善良な意思を持っていたとしても本人の意思とは無関係に科学に愛され、
科学を悪用し、周囲に破滅をばら撒いてしまう。

そんな木原一族の中に、類稀なる超能力を持った少年がいた。

少年には少しだけ、自らが責任者だったとある計画が破綻した時から心残りがあった。
他の『木原』が聞けば笑い飛ばすような小さな心残りだが、
当の本人はその心残りを払拭するために動き出す。

科学と木原が交差する時、物語は劣悪していく…

オリ主投入型の二次創作。
魔術と科学の両方と関わりになりながらも、己の道を進んでいく話。
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

縛種桃源郷

Author:縛種桃源郷
不定期更新中(゚∀。)y─┛~~
作品紹介と艦これ感想がメイン
相互リンクはお気軽にどうぞ

検索フォーム
記事のランダム表示
(たまに404になるのはご愛嬌)
カテゴリ
リンク