FC2ブログ

チラシの裏の読書感想文@ネット小説紹介

自分が読んだWEB小説とやる夫スレと艦これの感想とレビューを書いてる場所

提督たちの憂鬱

提督たちの憂鬱

目が覚めたら巡洋艦の医務室だった。しかも憑依した体は無能、有害の代名詞と謳われる悪役である嶋田繁太郎。
しかし、嶋田繁太郎の記憶にある日本の現場はどうも史実と違う。
自分と同じ境遇の人間が幕末あたりからせっせと歴史改変してきたらしい。史実と違いそこそこに豊かな日本、これは日米開戦回避できるかなとおもうが、そう簡単には行かないわけで……

バタフライ効果で先が全く読めない。
史実の知識で最善の回答をしていけば、各国が警戒して次第に歴史はずれ始め、絶対回避しなければならない最悪の状況の更に悪い方へ進んでしまう。

それに対する対策はヒットラーやスターリンなど足元にも及ばない、数千万人の犠牲を強いる非道な作戦だった。


作戦決行と同時に歴史は新たな展開に入る。
その中で日本はどのような道を行くのか……
関連記事
[ 2011/08/05 12:23 ] 歴史 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

縛種桃源郷

Author:縛種桃源郷
不定期更新中(゚∀。)y─┛~~
作品紹介と艦これ感想がメイン
相互リンクはお気軽にどうぞ

検索フォーム
記事のランダム表示
(たまに404になるのはご愛嬌)
カテゴリ
リンク