チラシの裏の読書感想文@ネット小説紹介

自分が読んだWEB小説とやる夫スレと艦これの感想とレビューを書いてる場所

俺の余生は時間が短い

俺の余生は時間が短い

死んだと思ったら何時の間にか桐ヶ谷和人の兄になっていた俺。
つまりはソードアート・オンラインの世界に来てしまった。
別にゲームをしなければ死亡フラグは立たない。
そう思っていたらあの事故にあって痛覚と味覚と嗅覚を殆どオシャカにして、
頭に傷を負ったからかアドレナリンが時折ドバドバ出る某狼を司る者みたいな体質へ。

寿命も縮まったので、結局プレイする事にしました。もう投げやりでいいや。
どうせ早死するし。

常時脳みそがフル回転状態。
早死確定で人生投げっぱなしジャーマン。
好きに生きるぜとデスゲームに参加した。

主人公がdiesの遊佐司狼リスペクト。
展開は結構駆け足気味。寿命も当然マッハ。
インポだと世界が終わるが、どうやら違う模様。
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

縛種桃源郷

Author:縛種桃源郷
不定期更新中(゚∀。)y─┛~~
作品紹介と艦これ感想がメイン
相互リンクはお気軽にどうぞ

検索フォーム
記事のランダム表示
(たまに404になるのはご愛嬌)
カテゴリ
リンク