チラシの裏の読書感想文@ネット小説紹介

自分が読んだWEB小説とやる夫スレと艦これの感想とレビューを書いてる場所

腕白関白

腕白関白

朝、起きたら戦国時代にいた。
憑依した人物は豊臣秀次、殺生関白っていわれて切腹させられた人。
こいつはお先真っ暗だ、フラグつぶしに頑張るぜ。

勘違い系と内政系のハイブリット作品。
成り上がり者秀吉の数少ない近縁者として重宝される秀次。
そして秀吉と家康の唯一の直接対決、小牧・長久手の戦いで歴史はその道筋を変える。

前半は軽い感じで登場人物達に親しみが持て、終盤の怒涛の展開にハラハラする。
特に最後の最後の大合戦は書き方がうまく、すごく感情移入してしまう。


初めて戦国系の作品を見る人におすすめする。
大友の姫巫女や彼の名はドラキュラ ~ルーマニア戦記~などの大作が生まれるきっかけにもなった作品。
関連記事
[ 2011/08/08 03:17 ] 歴史 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

縛種桃源郷

Author:縛種桃源郷
不定期更新中(゚∀。)y─┛~~
作品紹介と艦これ感想がメイン
相互リンクはお気軽にどうぞ

検索フォーム
記事のランダム表示
(たまに404になるのはご愛嬌)
カテゴリ
リンク