チラシの裏の読書感想文@ネット小説紹介

自分が読んだWEB小説とやる夫スレと艦これの感想とレビューを書いてる場所

大理石の胎児は加速世界で眠る

大理石の胎児は加速世界で眠る

 一学期の中ば、ハルユキは限界を迎えていた。
荒谷はいつも通りのいじめの一環のつもりだったのかもしれない。
しかし、入学初日からこの日までかけて組み上げた黒騎士アバターは、
ハルユキの最後の牙城だったのだ。

追い詰められた人間の選択肢は二つ。
畏縮して泣き寝入りか、逆上して暴走するかだ。
そしてハルユキは限界まで譲歩した後で爆発するタイプだった。

「おぬし死にそうな顔しとるぞ。あるいは殺しそうな顔、かの」
 しかしその一言が、袋小路に向かいつつあった少年の運命を変える。

中学内格差最底辺と過負荷が交わるとき、物語は加速する。

アクセル・ワールドとめだかボックスのクロスオーバー。
マイナス十三組所属のモブが転生。生まれ変わってもマイナスはマイナスだった。
地味ーに艦これともクロスしている。更新停止中なのが残念。
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

縛種桃源郷

Author:縛種桃源郷
不定期更新中(゚∀。)y─┛~~
作品紹介と艦これ感想がメイン
相互リンクはお気軽にどうぞ

検索フォーム
記事のランダム表示
(たまに404になるのはご愛嬌)
カテゴリ
リンク