チラシの裏の読書感想文@ネット小説紹介

自分が読んだWEB小説とやる夫スレと艦これの感想とレビューを書いてる場所

その至高、正体不明

その至高、正体不明

ギルド『アインズ・ウール・ゴウン』には、ある作品のキャラクターが在籍していた。
100年以上前の娯楽文化よりサルベージして惚れ込んだという男性がアバター再現に執念を燃やした結果である。
作品名は『東方project』、キャラクター名は『封獣ぬえ』。

いくつもの達成感と、多忙が重なり、彼は他のメンバーに追従するように引退を選択し、
『ユグドラシル』サービス終了後のある日、致命傷を負う。

ナザリックを離れた事に強い後悔を抱いて死亡したはずだったが、目覚めた先はナザリックだった。


第二の生を「彼が思う封獣ぬえ」として生きようとしてるのに、
至高の41人としての立場が簡単に許してくれない。なんとかしてぬえRPをやりたがる、そんなお話。

オーバーロードの二次作品の一つ。
妖怪故の残虐さが表に出るときも有れば、元人間の同族意識が表に出ることもある。
デミウルゴスにいらん入れ知恵して、「牧場」が凄まじく偉いことになっている元凶。
書籍3巻からのスタートで、そこからどう派生するかが楽しみ。
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

縛種桃源郷

Author:縛種桃源郷
不定期更新中(゚∀。)y─┛~~
作品紹介と艦これ感想がメイン
相互リンクはお気軽にどうぞ

検索フォーム
記事のランダム表示
(たまに404になるのはご愛嬌)
カテゴリ
リンク