チラシの裏の読書感想文@ネット小説紹介

自分が読んだWEB小説とやる夫スレと艦これの感想とレビューを書いてる場所

家の納屋にダンジョンがある ―God in the abyss of despair―

家の納屋にダンジョンがある ―God in the abyss of despair―

行商人の息子として生まれ、事故で両親が死に、
預けられた先の老爺に育てられたキースは老爺の遺品を整理していたとき、納屋の下にダンジョンを発見する。

そこは夢幻迷宮と称され、邪神が封印されている幻のダンジョン。
だが無学の農民であるキースには関係のないこと。
生活苦から手に持つ鍬を剣に変え、キースはダンジョンの奥を目指すのであった。

あらすじがあらすじになっていない。ダークソウル的世界観で書かれているらしい。
書籍化実績や様々ま活動実績をもつ止流うず先生の作品。
なろうの流行には乗らず、自分の書きたい作品をマイペースに書いてるあたりは流石。
関連記事
[ 2016/01/24 21:00 ] 異世界 | TB(0) | CM(1)
これ、おもしろかった。
どれだけ傷ついてもデーモンと戦うことを止めないストイックな主人公を書いてるのに、決して作者の独りよがりな文体が見えず、上手いなーと思ってたら書籍化作者だったのか。
[ 2016/02/09 13:09 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

縛種桃源郷

Author:縛種桃源郷
不定期更新中(゚∀。)y─┛~~
作品紹介と艦これ感想がメイン
相互リンクはお気軽にどうぞ

検索フォーム
記事のランダム表示
(たまに404になるのはご愛嬌)
カテゴリ
リンク