チラシの裏の読書感想文@ネット小説紹介

自分が読んだWEB小説とやる夫スレと艦これの感想とレビューを書いてる場所

亡霊、彼の地にて斯く祟れり

亡霊、彼の地にて斯く祟れり

死後の解釈にはいろいろなものがある。
守護霊になるという解釈。
自然の巡りにより、輪廻転生の輪に還るという解釈。
天国や地獄などの死後の世界へいくという解釈。
そもそもそんなものは存在せず消滅のみという解釈。
ならば、ある世界の人が別の世界で死んだらどうなるのだろうか。
その世界の死後の世界に行くことができるのだろうか。
これはそういうお話。

死んで何故か平行世界の日本に来ていた主人公。
暇なので幽霊仲間の未練解消ツアーとかしてたら、頭扱いに。
そんな生活を送っていたらGATEが開き大虐殺。報復に向こう側に行けば、異世界だった。

割りとガチの悪霊な主人公が珍しい。
次第に信仰が増えて霊格が上がり、祟り神一歩寸前に。
神様の存在が明確な異世界で別世界の幽霊はどういう扱いになるのか。
関連記事
[ 2016/04/01 21:00 ] 二次作品 GATE | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

縛種桃源郷

Author:縛種桃源郷
不定期更新中(゚∀。)y─┛~~
作品紹介と艦これ感想がメイン
相互リンクはお気軽にどうぞ

検索フォーム
記事のランダム表示
(たまに404になるのはご愛嬌)
カテゴリ
リンク