チラシの裏の読書感想文@ネット小説紹介

自分が読んだWEB小説とやる夫スレと艦これの感想とレビューを書いてる場所

淡海乃海 水面が揺れる時

淡海乃海 水面が揺れる時

戦国時代、近江の国人領主家に男子が生まれた。名前は竹若丸。
そして二歳で父を失う。その時から竹若丸の戦国サバイバルが始まった。
竹若丸は生き残れるのか? 家を大きく出来るのか?

琵琶湖の北に領地を持つ木っ端の国人衆の跡取り。
富国強兵や殖産興業などで国を豊かにするも、周囲は三好に六角と巨大勢力ばかり。
逃げ出してくる将軍様や都の公家連中に頭を抱えたりしながら、領地を拡大していく。

戦国の殺伐とした感じと利害関係のシビアさがこっちにまで伝わってくる。
必要とあれば皇室まで利用し、将軍であっても切り捨てる選択肢を用意。
うまくいかない時の煮詰まり具合とかは読んでて新鮮だった。
関連記事
[ 2016/05/29 21:00 ] 歴史 | TB(0) | CM(1)
ココアの人の作品やね
[ 2016/05/29 22:31 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

縛種桃源郷

Author:縛種桃源郷
不定期更新中(゚∀。)y─┛~~
作品紹介と艦これ感想がメイン
相互リンクはお気軽にどうぞ

検索フォーム
記事のランダム表示
(たまに404になるのはご愛嬌)
カテゴリ
リンク