チラシの裏の読書感想文@ネット小説紹介

自分が読んだWEB小説とやる夫スレと艦これの感想とレビューを書いてる場所

提督をみつけたら

提督をみつけたら

毎日毎日、深海棲艦は海で暴れて嫌になっちゃってたのは遥か昔。

かつて海と国の平和を守るために戦った美しき護国の乙女、
艦むす達は今では深海棲艦の居ない世界で平穏な毎日を送っていた。

だが、人と人との間に時々生まれてくる彼女達は、自己の存在理由に思い悩む。

「戦わない私達に意味があるのか」
「人を遥かに超えるこの力はなんだ」
「そもそも私達は兵器なのか、人なのか」
「こんな私達に生きる価値はあるのか」
「なぜ私達は生きるのだ」
「意思とは」
「そして、生命とは」

だけどある程度の年齢を重ねるとそんな事はど―――でもよくなって、
誰もが己の内にある、たった一つの大切な想いに気が付く。

『私の提督を見つけなければ』

この話は運命の提督を見つけるべく奔走する彼女達と、
ロックオンされちゃった提督適正者達の恋の日常である。

恐らく、メイビー

戦後の日常を描いた短編作品郡。
それぞれの艦むすたちと提督候補たちが出会って関係を深めていく。
種族として確立された艦むすという生き物って結構難儀だね。
関連記事
[ 2017/12/05 21:00 ] 二次作品 艦これ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

縛種桃源郷

Author:縛種桃源郷
不定期更新中(゚∀。)y─┛~~
作品紹介と艦これ感想がメイン
相互リンクはお気軽にどうぞ

検索フォーム
記事のランダム表示
(たまに404になるのはご愛嬌)
カテゴリ
リンク