チラシの裏の読書感想文@ネット小説紹介

自分が読んだWEB小説とやる夫スレと艦これの感想とレビューを書いてる場所

『平均、36℃』

『平均、36℃』

 空っぽになった家を出て、今日で一週間が経った。
 今日も今日とて、世界の景色は変り映えの無い廃墟ばかりだ。
 
 出会うのは競い合う様に伸びる植物と、それを餌にするシカの群れ。
 さらに鹿を狙う猛獣たちと、おこぼれを狙う鳥が空を飛び交いながら、偶にどこかの誰かに撃たれて墜ちていく。

 そんな時はフウタと一緒に大慌てで身を隠すけど、俺が狩りをする時も、銃声を聞いた誰かが大慌てで隠れているのだろうか?
 いずれにせよ、インフラの壊滅した地上で自分と同じ人間に会うのは慎重になった方が長生き出来る筈だ。空から定期便が墜ちて来たら、嫌でも遭遇するだろうし。

 こんな世界となった今では、巨大な塔とそこからもたらされる定期便の物資と技術がここに生きてる俺たちにとっての蜘蛛の糸だ。

 あの塔へ行けばこの世界をちょっとでもマシに出来るんじゃないかと、何時も思う。



文明崩壊後の世界を舞台に少年と少女が出会うボーイミーツガール。
ポスト・アポカリプス系が好きならきっと気にいるはず。
退廃的な雰囲気とか廃墟で食う飯とか盗んだ戦闘機で走り出したり、見どころたくさん。
関連記事
[ 2018/06/08 20:19 ] SF | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

縛種桃源郷

Author:縛種桃源郷
不定期更新中(゚∀。)y─┛~~
作品紹介と艦これ感想がメイン
相互リンクはお気軽にどうぞ

検索フォーム
記事のランダム表示
(たまに404になるのはご愛嬌)
カテゴリ
リンク