チラシの裏の読書感想文@ネット小説紹介

自分が読んだWEB小説とやる夫スレと艦これの感想とレビューを書いてる場所

転生エルフ無双! ~筋肉さえあれば魔法など不要という暴論~

転生エルフ無双! ~筋肉さえあれば魔法など不要という暴論~

無敵の肉弾エルフ、爆誕!

 会社からの帰宅途中、筋力が足りないばかりに線路から女子高生を引き上げられなかった誠一郎は、無惨にも電車に轢かれて死んでしまう。
 筋トレをしておけばよかった、という強き後悔の念を抱きながら。

 命が燃え尽きようとするまさにその刹那、彼は筋肉神を名乗る男の声を聴いた。

 “貴様が真に筋肉を探求せし者であるならば、その身朽ち果つるまで鍛え続けるがいい。遙かなる筋肉の頂に、おまえの深指屈筋腱(手)が届くその日まで――……”

 しかし誠一郎が転生したその姿は、意外にも筋肉とは縁遠い、魔法を武器として生きる優美で優雅な細身の種族ハイエルフだった。
 だが、彼は気づく。筋肉神が言葉に秘めた、恐るべき真の意図に。

 「この永遠にも等しきエルフの寿命すべてを、筋トレだけに費やしたなら……?」

 そして二百年後。
 誠一郎は見違えるほどの性能を持った肉体を手にし、同じくエルフへの転生を果たしていた女子高生メイラを伴って、二人で筋肉の頂を目指す長き旅に出るのだった。

 これはエルフの貧弱なる種族特性という壁をぶち破るため、筋肉だけをひたすら鍛え続けた真性脳筋たちの、熱き勝利の物語である。



ほとんど題名とあらすじで説明がつく作品。
まずは第一章を読んで合うか合わないかを判断するが吉。
人間がしっぽを使わないから退化させたように、エルフが魔法を使わなくなったら一体どうなる。
関連記事
[ 2018/09/28 21:00 ] 異世界 | TB(0) | CM(1)
こういう筋肉系はなんで人の話を聞かないキャラになるのか
理不尽暴力系ヒロインと同じような不快感がある
[ 2018/10/01 23:34 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

縛種桃源郷

Author:縛種桃源郷
不定期更新中(゚∀。)y─┛~~
作品紹介と艦これ感想がメイン
相互リンクはお気軽にどうぞ

検索フォーム
記事のランダム表示
(たまに404になるのはご愛嬌)
カテゴリ
リンク