チラシの裏の読書感想文@ネット小説紹介

自分が読んだWEB小説とやる夫スレと艦これの感想とレビューを書いてる場所

俺のメガネはたぶん世界征服できると思う。

俺のメガネはたぶん世界征服できると思う。

人の視線が気になる狩人見習い、アルバト村のエイル。
15歳となり、成人と数えられる選定の儀式で、エイルは「メガネの素養」を言い渡される。
メガネ?

意味がわからない。
しかしエイルは、少しずつ、この「メガネ」が持つ数多の可能性を見出していく。

「これ、もしかしたら『メガネ』で世界征服できるかもなぁ。やんないけど」

メガネ少年エイルの奇妙なメガネ生活が始まる。

※アース・スターノベルさんから出版されます。
9月15日に発売になります。よろしくお願いします。



儀式で判明したスキルを主人公が解析していくというのが本筋。
目がすこし悪いというハンデ持ちでも凄腕だったが、それメガネが補正。
結果、最初っから百発百中の凄腕弓使いが生まれた。

最初はあくまで地味な補正だったけど、話が進むに連れてどんどんと盛られていく。
視ることだけならまだしも、他人のスキルまで拝借できるようになるのは流石に…
関連記事
[ 2018/10/29 21:00 ] 異世界 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

縛種桃源郷

Author:縛種桃源郷
不定期更新中(゚∀。)y─┛~~
作品紹介と艦これ感想がメイン
相互リンクはお気軽にどうぞ

検索フォーム
記事のランダム表示
(たまに404になるのはご愛嬌)
カテゴリ
リンク