チラシの裏の読書感想文@ネット小説紹介

自分が読んだWEB小説とやる夫スレと艦これの感想とレビューを書いてる場所

私による近代日本改革記

私による近代日本改革記

202X年8月10日…朝から30度を超える猛烈な暑さの日に全てが変わった。
この日、食品会社の新商品開発部の主任として長年勤務していた阿南豊一郎(46歳)は、出勤して間もなく激しい頭痛に襲われてそのまま還らぬ人となった。
だが、何者かの気まぐれにより阿南が意識を取り戻して再び目が覚めると、時代劇に登場しそうな古い家の中で彼は目を覚ました。
そこで阿南は母親を名乗る人物から色々と聞かされて愕然とする。
なんと日清戦争が終結し、日本と清国の講和会議が行われた1895年4月17日に同姓同名の少年に転移していたことが判ったのだ。
阿南は食品会社にいた前世の知識と社会史で習った歴史の記憶を生かして凄惨な戦争を回避するべく、知っている限りの未来知識を使って日本の歴史を大きく変えることを決断するのである。

毎日正午に更新しております。



食料や栄養学の方面から歴史に影響を与えようという作品。
脚気対策や補給用品を軍に納入して影響力を高めていく。

日清戦争後から第二次大戦まで一体どういうふうに進むのかが楽しみ。
関連記事
[ 2018/11/03 21:00 ] 歴史 | TB(0) | CM(6)
歴史逆光もので神なりなんなりを出してくるってなんだよ
そこらへんもう誰も突っ込まんから適当に流して改革だけやってくれや
[ 2018/11/03 22:59 ] [ 編集 ]
歴史と言うにはファンタジー色が強すぎる…
途中でギブアップ
[ 2018/11/04 21:38 ] [ 編集 ]
脚気対策の時点でご都合主義ばりばりだしなぁ
雑穀とか貧乏と思われたくない当時の人は進んで食べるとは思えないし、そもそもおやつでたまに少量食べる程度じゃ効果はないだろ
[ 2018/11/06 00:46 ] [ 編集 ]
ローファンタジーだろこれ
現実と世界観から違うし
歴史って言われてもなぁって感じ
ファンタジー要素も別に面白くしてるとは思えんし
[ 2018/11/10 17:18 ] [ 編集 ]
歴史云々言うならドラゴンとかクソどうでもいいし、ファンタジーで行くなら舞台選択がおかしい
人気取りのためにアレもコレもで突っ込んだ結果中途半端にまとまった感。完結したら見るかもしれない
[ 2018/11/10 19:53 ] [ 編集 ]
もったいないね
食品の質の向上や補給改善という着眼点で押していけばよかったのに
「やれと言われたら何でも実現させちゃう部下」が現れて
チート化が止まらない展開になってしまった
主人公自身が元一般人なだけに、こういうのって違和感が大きい
なろうらしいといえば、なろうらしいから人気は続くかもしれんけど・・・
[ 2018/11/18 02:02 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

縛種桃源郷

Author:縛種桃源郷
不定期更新中(゚∀。)y─┛~~
作品紹介と艦これ感想がメイン
相互リンクはお気軽にどうぞ

検索フォーム
記事のランダム表示
(たまに404になるのはご愛嬌)
カテゴリ
リンク