チラシの裏の読書感想文@ネット小説紹介

自分が読んだWEB小説とやる夫スレと艦これの感想とレビューを書いてる場所

神咒神威神楽 終わり

たった今終わりました。
最後の最後が凄いと思います。余韻で今夜はイイ夢見そうだ。

このテンションで暁を経て曙光は昇るをサラっと読んで、明日2週目に行きます。

今度はゆっくりと伏線や言葉の意味、場面の転換など1週目ではわからなかった事を理解しながらやっていきたいと思います。
たった1回で設定などを理解できるとは思ってないので。


夜行ルートでおそらく発売されたこのシリーズの神座について説明。
そして覇吐ルートにて夜行では語られなかった最初と2代目の座の説明。
彼らが流れださせた理は序文に出てくると……

天狗道以外の歴代座の融合。
唯我の理の中、唯一他者との関わりの大切さを知り持ち得た彼女たちらしい理だと思う。

波旬の言ったことはある程度なら理解できてしまう自分がいる。
もちろんあそこまで利己的でもないし、他者の存在を憎悪してもいないけど。
やっぱり一人になりたい時に限って他人からの干渉があるようにも思えるから。
それは幸せなことなんだけどね。

あのあり方はある意味究極。
相対でなく絶対。他者と比べないから自分を何処までも望むところまで強くできる。
誰も正面から倒せず、その渇望の質量純度密度から覇吐以外に例外はない。

先輩ルートは一体どうやって引き分けに持ち込んだのよ。
座の交代する刹那に水銀が流出したのは本編で語られたかけど、その過程がさっぱりわからん。

2週目の音声解禁が楽しみ。
夜都賀波岐の会話や祝詞、竜胆の詠唱などがどんなのになっているのか。
ニコニコなどで見れるけど味気ないし。
やっぱり本編で見たいですね。
関連記事
[ 2012/03/30 01:37 ] 雑記 | TB(0) | CM(6)
>先輩ルートは一体どうやって引き分けに持ち込んだのよ。
神咒のVFBに書いてありますよー。
『生』と『死』に敏感な黄金が畸形を発見、刹那が時間を稼ぎつつ黄昏が転生させる。そして波旬を弱体化させて水銀が永劫回帰。
キレた水銀が次の世界で波旬の生まれる可能性を潰してたら蓮がマリィよりも先輩といい感じになってる。それが先輩ルートに入るきっかけらしいです。
[ 2012/03/30 11:04 ] [ 編集 ]
あ、先に書かれたでやんす
お疲れ様でした、恒例のMADなどの話はまたいつか。

次回作構想(正田卿が執筆する次の話は神様関連と絡めないらしいですが)は次の代の第八天に恋した第九天候補が座をぶっ壊さないと一緒になれないことにぶち切れて座システム破壊を目指す話になるとかならないとか。
この場合、ラスボスはルネ山キャラになるそうですぜ、実に楽しみであります。

引き分けについてですが、概ね上記コメントの通りです。
付け加えると、まずマリィの覇道共存機能があることが大前提。
その上で、覇吐の存在に気がつけるかどうかがポイント。
作中にあるように水銀が最後まで残っていても波旬が無傷なら永劫回帰で押し流すことはほぼ不可能だそうです。
(そもそも黄金が害された場合、水銀は暴走することが予想されるため、最後に残る可能性自体ありえないとか)

つまるところ、波旬はまず覇吐の存在に気がついた上でそれを利用して弱体化させないと絶対に打倒できない存在なわけですね。
上記通りいったとしても、タイミング的には相打ちになるようです。
波旬は座の権能について無関心なので、マリィ死後開いた座の権能の隙をつけたという形になるではないでしょうか。
水銀は座の使い方については非常に熟知した人物ですし。

夜刀は諏訪原の司狼経由でその構造を把握し、覇吐がどうしようもないやつだった場合、彼を武器に盾に使うことで勝利への道を切り開こうとしていたとか。
(一応これなら勝ち目はあるらしい)
つまり覇吐がどのような奴であっても、彼には勝利への道は見えていたのですね。
誇らしい男です。
[ 2012/03/30 14:38 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
やっぱり永劫回帰って完成度高いんですね。
生まれる可能性ってあの宗教団体ですよね。あれがいらんことさえしなければ…
[ 2012/03/30 19:56 ] [ 編集 ]
Re: あ、先に書かれたでやんす
次代の第8天ですか。
第7天の完成度がかなり高いと思われるので、どんな理なんでしょうね。

覇道神共存機能が大前提なら、本編は早速積んでいたんですね。
あの流れが正史なのは少し残念ではあります。
マリィにも練炭にも幸せになってほしいですし。
[ 2012/03/30 20:04 ] [ 編集 ]
今更だけどクリア乙。
狂信者集団は、卵が先かニワトリが先かって問題らしいですよ。
波旬を見出したのはその狂信者集団だけど、座について詳しかったのは波旬の覇道の念を受けたせいらしい。
なので、あの歴代の座に対する悪態染みた解説は波旬の考えで、その情報を得た手段は座にアクセスして無意識に波旬が感じ取った情報らしいです。
なので、水銀すら知らない筈の座についての核心ともいえる観測者に対する情報が地味に描写されてる訳ですね。
波旬ほど深く潜らなければ判らなかった事らしいです。
わき道に逸れましたが、水銀が潰したのはむしろ波旬の血筋だと思います。
狂信者が居なくても遅かれ早かれ波旬が生まれてたら覚醒してたでしょうしね。
[ 2012/03/31 01:24 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
水銀は数分間、おそらくマリィも同じようなもの。でも波旬は数千年単位。
一体どれほどの質量だったのか、文字道理のケタ違い。

やっぱり永劫回帰は完成度高いわ。
[ 2012/03/31 06:27 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

縛種桃源郷

Author:縛種桃源郷
不定期更新中(゚∀。)y─┛~~
作品紹介と艦これ感想がメイン
相互リンクはお気軽にどうぞ

検索フォーム
記事のランダム表示
(たまに404になるのはご愛嬌)
カテゴリ
リンク