チラシの裏の読書感想文@ネット小説紹介

自分が読んだWEB小説とやる夫スレと艦これの感想とレビューを書いてる場所

難攻不落の魔王城へようこそ~デバフの価値も分からない勇者パーティーを追い出された黒魔導士、魔王軍の最高幹部に迎えられる~

難攻不落の魔王城へようこそ~デバフの価値も分からない勇者パーティーを追い出された黒魔導士、魔王軍の最高幹部に迎えられる~

【人と魔族が争って勇者が魔王を討伐……】なんてのは遠い昔の話。
現代では冒険者も魔族も勇者も魔王も命を懸けない職業に過ぎない。
世界が平和になり、ダンジョン攻略がエンターテイメント化した時代。
冒険者も魔物も魔力で作られた分身を用いて戦う、誰も死なないダンジョン攻略が大人気に。
大陸中で攻略映像が配信されている中、僕の所属する勇者パーティは世界第四位の人気パーティだった……のだが。
パーティーメンバーは五人までという規程があり、黒魔導士という不人気ジョブは三位以上に登りつめるには邪魔だと言われてしまう。
そうして無職になった僕は次のパーティーを探すがまったく見つからない。
ある日、そんな僕の前に金髪紅目の美女が現れて仕事があると言った。
かつての仲間よりも能力を高く評価してくれた美女に感激した僕は、詳しい内容を聞く前に面接を受け入れてしまう。
足を運ぶとそこは最深部到達パーティーゼロを誇る最高難度ダンジョン・魔王城で、四天王と魔王が僕を待っていた。
これは勇者パーティーを追い出された黒魔導士が、魔王軍に入り勇者たちを撃退する側に回る話。



ダンジョン攻略が人気商売のエンターテイメントになった時代。
地味な黒魔道士人気も相まって足手まとい扱いされれて追い出されることに。
デバフを受けてきた防衛側にスカウトされて、魔王軍として立ちはだかる。


追放物亜種だけど勇者と主人公との友情物でもある。
主人公の再評価もあり、いい感じで物語もまとまってるのでおすすめ。
親友同士がライバルとなって熱い戦いを繰り広げるのが好きな人にはいい感じ。
関連記事
[ 2019/06/11 21:00 ] 異世界 | TB(0) | CM(1)
どんなに優秀でも見栄えが悪いとダメという勇Tuber設定好き
追放側の理由や知能が酷いというわけではないのも嬉しい

主人公強いし無双あるけどライバルも強くて真っ当に成長するから
タイトルのイメージだけで期待すると肩透かし食らうかもしれない

あとヒロインの徹底したガン攻め誘い受けに笑う
[ 2019/06/22 03:17 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

縛種桃源郷

Author:縛種桃源郷
不定期更新中(゚∀。)y─┛~~
作品紹介と艦これ感想がメイン
相互リンクはお気軽にどうぞ

検索フォーム
記事のランダム表示
(たまに404になるのはご愛嬌)
カテゴリ
リンク