チラシの裏の読書感想文@ネット小説紹介

自分が読んだWEB小説とやる夫スレと艦これの感想とレビューを書いてる場所

大自然の魔法師アシュト、廃れた領地でスローライフ

大自然の魔法師アシュト、廃れた領地でスローライフ

将軍一家であり大貴族エストレヤ家の次男アシュトは、魔法適正『植物』というハズレ魔法師として実家から腫れ物扱いを受けていた。
兄のリュドガは『雷帝』、妹のシェリーは『氷姫』という魔法師として将来を期待され、肩身の狭い思いをするアシュト。そして将来を約束した幼馴染のミュディは、兄のリュドガの婚約者となってしまう。
疎まれ、蔑まれもしなかったアシュト。たが、アシュトはもう実家にいることはできなかった。
父に家を出たいと言うアシュト。アシュトは父から廃れた領地『オーベルシュタイン』を餞別代わりと貰い受ける。
そこは、領地とは名ばかりの森。
アシュトは疲れたように笑って言った。

「はは······まぁ、のんびり過ごそう」
 
これは、フラレて傷心のアシュトが、森の中で生きる生活。
植物魔法を駆使し、森の中で出会ったワケありエルフやドワーフたちと共に過ごすのんびりスローライフ。



危険な魔獣や多数の異種族が蹂躙跋扈する魔境で開拓してスローライフ。
魔法やエルフドワーフの技術で著しい初期ブースト。
さらにがんがん追加が来るから苦境とかそういうのはない。

追放系の要素はほとんど無く、辺境開拓のスローライフが強い。
内政とか技術改良とかも超すごい魔法とエルフワーフ驚異のびっくり技術が主なのでなんか違う。
薬師として活動してる主人公をもうちょっとプッシュしてほしいかな。
関連記事
[ 2019/07/10 21:00 ] 異世界 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

縛種桃源郷

Author:縛種桃源郷
不定期更新中(゚∀。)y─┛~~
作品紹介と艦これ感想がメイン
相互リンクはお気軽にどうぞ

検索フォーム
記事のランダム表示
(たまに404になるのはご愛嬌)
カテゴリ
リンク