チラシの裏の読書感想文@ネット小説紹介

自分が読んだWEB小説とやる夫スレと艦これの感想とレビューを書いてる場所

異世界経済革命~ジャンク・ブティコの経営改革~

異世界経済革命~ジャンク・ブティコの経営改革~

経済学とは無縁の芸術系の学生――黒羽夜一は自室の扉を開ける。するとそこは異世界で!?
廃業間近の《ジャンク・ブティコ》を女店主のセルシアと共に立て直す。
現代経済学の知識(教科書)片手に改革を断行する!!

※この物語はチート物語ではありません。ただの知識(本)を持った青年の奮闘記(?)――小説仕立ての実用書(?)です。
 筆者の勉強(趣味)ついでの執筆なので、理解できた理論しか書きません(書けませんw)。


【参考文献】
青木幸弘『消費者行動の知識』(日経文庫、2010年)
トキオ・ナレッジ『盛り合わせを選んだらお店のカモ!――大人の経済学常識』(宝島SUGOI文庫、2017年)
米田清紀『エリア・マーケティングの実際〈第3版〉』(日経文庫、2008年)
小林隆一『ビジュアル流通の基本[第4版]』(日経文庫、2008年)



元王女様が道楽で始めたので資金だけはガッツリとある雑貨屋さん。
赤字経営だったところを主人公が持ち込んだ経営学の本をお手本にして立て直していく。

コンビニ経営のTV特集レベルのどこかで聞いたことあるような内容が続く。
特に問題もなくトントン拍子で解決するのはもはや様式美。
唐突に現代に帰還したりするのが脈略なくて少し戸惑った。
関連記事
[ 2019/09/11 21:00 ] 異世界 | TB(0) | CM(4)
安っぽい知識を振りかざしてなんでもうまくいくなろう商売物のテンプレ
そんな、肉を両面とも焼くなんて!なんてすばらしい発想なんだ!
畑に砂糖を撒くなんて!収穫量が跳ね上がったぞ!とかと一緒
書いてて恥ずかしくないのかなと思う
[ 2019/09/11 22:20 ] [ 編集 ]
芸人にバカなことやってるけど恥ずかしくないの、と聞いてみるのと一緒でしょ
[ 2019/09/12 10:52 ] [ 編集 ]
読み物としては、ともかく勉強するのに、理解した内容を小説を書くのは悪くない手法だと思うけど。
すさまじく恥晒すから、なかなかできないが。
どうせ、ストーリー仕立てにするなら、エリヤフ博士の「ゴール」くらいまで、実用的なビジネス書にすれば、ま、他人への需要もあると思うけど。

[ 2019/09/12 12:19 ] [ 編集 ]
バカやって笑いを取れる芸人なら芸として認められるけど、バカなことやって滑ってたらただの恥ずかしい奴なんだよなぁ
[ 2019/09/12 21:43 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

縛種桃源郷

Author:縛種桃源郷
不定期更新中(゚∀。)y─┛~~
作品紹介と艦これ感想がメイン
相互リンクはお気軽にどうぞ

検索フォーム
記事のランダム表示
(たまに404になるのはご愛嬌)
カテゴリ
リンク