FC2ブログ

チラシの裏の読書感想文@ネット小説紹介

自分が読んだWEB小説とやる夫スレと艦これの感想とレビューを書いてる場所

転生令嬢ヴィルミーナの場合

転生令嬢ヴィルミーナの場合

 我々が平和と繁栄を享受できるなら、我々以外の全ての人間が苦しんでいても構わない。
 魔導文明世界の近代初期とはそういう時代だった。
 この時代、大陸西方や大陸北方の各強国は周辺国との領土の削り合い、言うなれば、自分の家の庭先で延々と殺し合い、奪い合うことに疲弊し辟易し嫌厭していた。苦労してモンスターを駆除して切り拓いた土地を台無しにし、汗水流して稼いだ国富を小便のように垂れ流し、限りある人口を使い潰すことに疲れ果てていた。
 そこで、彼らの一部はもっと建設的かつ生産的な希望を求め、外洋へ踏み出した。
 現代日本の教科書なら「大航海時代の到来」などとロマンティックに記しただろうが、その実態は悪辣極まりない。軍事力を背景にした強国による大侵略時代が到来したのだから。
 列強の外洋進出は幾多の苦難と困難を乗り越えて成功し、彼らに大きな富と繁栄をもたらした(侵略される側には決して忘れぬ恨みと怒りをもたらした)。

 そして、時が流れて大陸共通暦18世紀。
 戦乱と革新の気配が強くなったこの時代に、ベルネシア王国の大公令嬢ヴィルミーナが前世覚醒を遂げた。
 前世同様の野心と強欲と上昇志向が目覚めたヴィルミーナは、激動の時代をどう生きるのか。



悪役令嬢物+幼女戦記みたいな感じの作品。
はじめは内政や学園モノみたいな感じだけど、中盤辺りから戦記物に。
襲撃を命からがら退けたり、戦争の裏でマネーゲームを仕掛けたり。

紹介してもらった作品の一つ。おもしろかった。
関連記事
[ 2020/01/16 21:00 ] 異世界 | TB(0) | CM(3)
内容自体は面白かったが、所々でネット小説では~とか言い出すのがとにかく鬱陶しくてギブアップ。
つーか、序盤でプリンで俺TUEEEとかやっていながら、自分は他と違うと考えてるっぽいのが理解出来ないわ。
お前はそれがご都合主義じゃないとでも思ってんの?
感想とかで周囲に馬鹿がいないとか言ってる人がいたが、他を馬鹿にして自分を持ち上げてるって点では結局同じなんだよなぁ。
むしろ自作品内で完結してないで他者の作品を引き合いに出してるあたり下劣ですらあるわ。
まあ周囲を馬鹿にしながら実際には自分はそれ以上の馬鹿だったってあたり、ある意味ではなろう作品らしくはあると思うがな。
[ 2020/02/01 04:29 ] [ 編集 ]
貴族間の駆け引きを通して、主人公が政財界へ浸透していこうとする序盤がぶっちぎって一番面白い。
自国が隣国と戦争おっぱじめたあたりから話の筋が透けて見えてしまって、正直退屈感がある。
戦争を通して当該の隣国を半身不随にすることによって、主人公が巨利を得て以降のボーナスゲーム感はかなり収まりが悪い。

いずれにせよ、幼女戦記と並べて評価するのはかなり無理がある気がする。
[ 2020/02/06 21:16 ] [ 編集 ]
主人公は蚊帳の外な章で既存キャラをヤク中で馬鹿にさせてサスペンスもどきしてるのは致命傷だった
地の文が度々なろうテンプレに対するメタ的な皮肉かましてるが
今章で今まで皮肉ってたテンプレ作品群と同じような失敗して、数字が減ってると作者が認めるほどやらかしてるのが滑稽

序盤は面白かったが主人公が足場固めてから失速という典型的な失敗例にもなってる
結局一番面白いのはテンプレな成り上がり展開だったっていう……
[ 2020/02/15 21:38 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

縛種桃源郷

Author:縛種桃源郷
不定期更新中(゚∀。)y─┛~~
作品紹介と艦これ感想がメイン
相互リンクはお気軽にどうぞ

検索フォーム
記事のランダム表示
(たまに404になるのはご愛嬌)
カテゴリ
リンク