チラシの裏の読書感想文@ネット小説紹介

自分が読んだWEB小説とやる夫スレと艦これの感想とレビューを書いてる場所

天界の僕、冥界の犬

天界の僕、冥界の犬

その男は、一介の兵士に過ぎなかった。
ただ偶々王の目に留まり、女神に気に入られただけの凡人であった。

とある戦いで男は女神を庇い死亡する。
男の死を嘆き悲しむ女神は、とある呪いを施す。

冥界にて目を覚ました男は―――人間ではなかった。
不思議な赤い模様のある真白い体、強靭な四肢、口から出るのは犬のような声だけ。


男は知らなかったが、これが冥界に太陽が降りた瞬間であった。


*イシュタルのうっかりにより、大神のアマ公に成り代わってしまった男の物語。
ヘタレ従者系主人公が、人間から神様となるまでの成長物語です。
主人公無双要素が入るのはFGO編ぐらいからかも。

*3-5日に1回更新予定となります、どうぞよろしく!



アマ公になってしまった主人公がギル様や女神二人に執着されるお話。
特に第一章後半のそれぞれの内面を暴露しての感情最優先で主人公を求めるさまが好き。
このまま各神話や時代を経てFGO本編まで進めるのかが楽しみ。
関連記事
[ 2020/03/30 21:00 ] 二次作品 型月 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

縛種桃源郷

Author:縛種桃源郷
不定期更新中(゚∀。)y─┛~~
作品紹介と艦これ感想がメイン
相互リンクはお気軽にどうぞ

検索フォーム
記事のランダム表示
(たまに404になるのはご愛嬌)
カテゴリ
リンク