FC2ブログ

チラシの裏の読書感想文@ネット小説紹介

自分が読んだWEB小説とやる夫スレと艦これの感想とレビューを書いてる場所

タタール過ぎし後 〜大西洋を見た蒙古軍〜

タタール過ぎし後 〜大西洋を見た蒙古軍〜

 13世紀、チンギス・ハーンを始まりとする「モンゴル帝国」がヨーロッパ中原まで支配した世界。中世ヨーロッパ世界を根本から破壊されたヨーロッパの明日はどっちだ?!
 そして世界の流れは、他の地域はそのまま進むも、ヨーロッパだけが歩みを数百年遅れさせる事になる。
(なお、私どもが主宰するホームページに掲載している作品の転載になります。)



タタールのくびきが西欧までを覆い尽くして世界史が大きく変わっていく。
歴史ロマン溢れる作品。モンゴルが世界を征服して、歴史の針は300年程度遅く進む。
関連記事
[ 2020/04/21 21:00 ] 歴史 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

縛種桃源郷

Author:縛種桃源郷
不定期更新中(゚∀。)y─┛~~
作品紹介と艦これ感想がメイン
相互リンクはお気軽にどうぞ

検索フォーム
記事のランダム表示
(たまに404になるのはご愛嬌)
カテゴリ
リンク