FC2ブログ

チラシの裏の読書感想文@ネット小説紹介

自分が読んだWEB小説とやる夫スレと艦これの感想とレビューを書いてる場所

勇者の剣の〈贋作〉をつかまされた男の話

勇者の剣の〈贋作〉をつかまされた男の話

はじまりは、嘘だった。青年は馬鹿正直な馬鹿であり、嘘を信じて戦った。
その嘘が誰かを傷つけることもあった。けれど、彼は戦い続けた。そのくだらない嘘が、真実に変わるように。


「人が心に絶望を抱いた時、その者は人に仇なす怪物に変貌する」
異形の怪物に母を殺された青年・ジュールは、詐欺師に騙されて購入した「贋作の勇者の剣」で怪物を打倒する。
怪物が元はただの人であることを知った彼は、その元凶を探るため旅に出ることに。

剣は偽りであっても、その胸には紛うことない勇者の心を持つジュール。
邪神の奸計により、仲間には裏切られ、無二の友を亡くすもしかし、彼は決して絶望に屈しなかった。なぜならば――
「人よ希望を抱け。俺は勇者のジュール。絶望を晴らす勇者なのだから!」

贋作の剣から始まる、本物の勇者の物語。それを今、語ろう。



全3話の中編。なのに書籍化までされてる。
短いけど、しっかりと物語を読んだって感じがしてすごく良かった。
関連記事
[ 2020/10/04 21:00 ] 異世界 | TB(0) | CM(3)
これはいいものだ・・・
[ 2020/10/05 19:28 ] [ 編集 ]
美しい話だった、連載版は読まないでいい
何度も使われる「俺は勇者の〈ジュール〉だ!」というセリフがどんどん意味を変えていくのが素晴らしい
[ 2020/10/05 23:06 ] [ 編集 ]
連載版もある。エタってるけど
[ 2020/10/06 19:19 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

縛種桃源郷

Author:縛種桃源郷
不定期更新中(゚∀。)y─┛~~
作品紹介と艦これ感想がメイン
相互リンクはお気軽にどうぞ

検索フォーム
記事のランダム表示
(たまに404になるのはご愛嬌)
カテゴリ
リンク